2019年6月17日 (月)

『致知は海内無双の月刊誌 サンリ会長西田文郎氏』

『致知は海内無双の月刊誌 サンリ会長西田文郎氏』
 先ず、表題にある「海大無双(かいだいむそう)とは、
どの様な意味か調べてみました。
 海内無双とは、この世に並ぶものがないほど優れている
こと。「海内」は四海の内・この世・天下。「無双」は
並ぶものがない、二つとないこと、だそうです。
 
 
 人間学を学ぶ月刊誌致知6月号に、特別編「致知と私」と
題して、サンリ会長の西田文郎氏が、表題に掲げたタイトル
で「致知」を読みことは脳科学の視点からも大きな意味があ
ると述べられています。
 西田氏は、「致知」の長年の愛読だそうですが、どの様な
方なのか簡単に紹介させて頂きます。
 西野氏はイメージトレーニングの第一人者として知られ、
能力開発に関する数多くの著書をものされておられます。
 また、日本女子ソフトボールをオリンピックで世界一に
導いた指導者としても有名です。
 今、大谷選手との対決で注目された、ライオンズから
大リーグへ移籍し活躍する菊池選手の成長にも大きく関わ
ったという話を聞いたことがあります。
 今日は、私がこのブログで度々、「致知」を取り上げる
理由を皆様に理解して頂きたいという目的もあり、西田氏
が、どのような思いで毎月の「致知」を読まれているかと
いうことを紙面から抜粋して、紹介して参ります。
 西田氏は、長年にわたり人間の脳の働きについて科学的
な研究を重ねてきました。そこで明らかになったのは、脳
の機能を知り、それを活用することで、人間の能力を驚異
的に向上するという事実です。
 その西田氏が長く「致知」を読み続ける中で強く感じる
ことがあるそうです。それは、日本人の心を救うのに、
「致知」ほど貢献できる月刊誌はない、ということです。
 これからの時代、「致知」はもっともっと多くの人たち
に読まれてしかるべき月刊誌だというのが西田氏の正直な
思いであると言われています。
 例えば、スポーツやビジネスで成功を成して得られるの
は、社会的成功であり、そこには厳しい競争原理が働いて
います。厳しい競争原理に打ち勝って、社会的成功を収め
ることは、充実した人生を生きる上でとても意義深いこと
です。
 しかし、人間の成功は社会的成功だけではありません。
人間には社会的成功とは一見相反するように思える人間的
成功というものがあります。
 「致知」を開くと、社会的には無名でも、深い思いやり
の心で人々を導くような、素晴らしい人間的成功者と多く
出会うことができます。
 社会的成功と人間的成功.その二つが備わっていてこそ
本当の意味での人生の成功者と言えるのではないでしょう
か。
 まだまだ西田氏の話は続きますが、西田氏のお話の紹介
はここまでとさせて頂きます。
 
 「致知」という人間学を学ぶ月刊誌が如何に素晴らしい
かというこををもう十分にご理解頂けたと思います。
「致知」の定期購読は次のサイトから申し込みができます。
毎月一冊、年間12冊で 10,300円です。一ヶ月僅か、
860円も掛かりません。
 まだお読み頂いていない方は、どうぞ一度手にとって頂
きたいというのが私の切なる願いです。
https://www.chichi.co.jp/koudoku/subscription/
 
本日も最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

『笑いから始まる新たな挑戦 月刊誌致知6月号から』

『笑いから始まる新たな挑戦 月刊誌致知6月号から』
 今日は人間学を学ぶ月刊誌致知6月号の連載「生命科学
研究者からのメッセージ」の第12回目である『笑いから
始まる新たな挑戦』という「笑い研究の大家」とも言える
筑波大学名誉教授 村上和雄氏のお話を紹介します。
 村上教授は2003年3月に世界に先駆けて約三万二千種類
に及ぶイネの全遺伝子暗号解読に成功されていますが、
それは、筑波大学を六十三歳で退官後すぐに始まった国家
的プロジェクトで、村上教授は、使命感に突き動かされ、
海外の研究所からどうしようもない位に立ち遅れた研究を
見事奇跡のように成就されました。
 しかし、大学在任中から「心と遺伝子の研究」に取り組
みたいという強い思いがあり、イネの解読のプロジェクト
が終わるか終わらないかうちに「心と遺伝子の研究」の
第一歩を踏み出されたそうです。
 村上教授が「心と遺伝子の研究」に着手するにあたり
日本がストレス社会に直面し、日本人がストレスに苦しめ
られているという現実をテーマに研究の切り口として始め
られました。
 ストレスと聞くと、一般的には悪い方向にのみ考えられ
がちですが、村上教授は悪いストレスがあれば、よいスト
レスもあるのではないかと考えました。ただ、その当時、
悪いストレスの実験は山ほどありますが、よいストレスの
実験はほとんどなかったそうです。何故ならよいストレス
の実験データを取ることが困難だったからです。
 そんな時に村上教授が出会ったのが、漫才ブームの火付
け役である当時吉本興業の専務取締役だった横澤氏との
出会いです。
 結局この出会いが縁となり、村上教授と吉本興業が組ん
で新たな研究を始めることになったということです。
 その一つの実験として、重篤の糖尿病患者の方々に、
吉本興業の人気漫才師 阪神巨人 の漫才を聞かせて食事を
した時の血糖値と、また、偉いお医者様に糖尿病の病理学
的な難しい話を聞いてもらい食事をした時の血糖値の値を
比べるというものです。そう結果は、驚異的な数字の差が
出たということはあまりにも有名な話です。
 笑いには、病気をも直してしまう強い力があるのです。
 赤ちゃんの微笑みについて村上教授は熱意を込めて話を
されています。
 人間の胎児は八ヶ月頃から母親のお腹の中で笑ってるそう
で、この現象は遺伝子の働きと関係があるとみられていま
す。
 また、生後しばらくすると、赤ちゃんは誰に教えられる
わけでもなく、ひとりで微笑みを浮かべます。
 「天使の微笑み」と呼ばれるこの現象は、母親と赤ちゃん
との大切なコミュニケーションなんです。
 母親が「天使の微笑み」に触れることで可愛いと感じ、
笑顔でスキンシップすると、赤ちゃんはますます微笑む
ようになり、次第に笑いを覚えていく。反対に、母親が
冷たい態度をとり続けると、赤ちゃんは笑わなくなるどこ
ろか、言葉の発達も遅れる。笑いとは、赤ちゃんにとって
言葉のレッスンでもあるのです。
 また、赤ちゃんの授乳によって分泌されるオキシトシン
というホルモンは、母親の分泌を促して母子の絆を深める
といわれてきました。ところが、微笑みながら見つめ合う
といったスキンシップでも、脳内にオキシトシンが分泌
されていることが最近の研究で分かってきました。
 
 こうしたスキンシップが母親や父親の養育行動を高める
とともに、子供の両親に対する愛着行動を強化するなど、
親子の絆を深めることに繋がっていたのです。
 その他、笑いに関する村上教授のお話は、致知6月号を
お読み頂き、『笑いの持つ威力』について学んで頂き、
この世のみんなが、日々、笑顔と喜びと活気に溢れた人生
を歩むことで、健康で平和な世界が実現されることを衷心
より祈念いたします。
 最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

『仕事と人生に生かすドラッカーの教え(第4回)致知5月号』

『仕事と人生に生かすドラッカーの教え(第4回)致知5月号』
 人間学を学ぶ月刊誌「致知」の2月号から新連載として
始まった「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」は、
 ドラッカー協会の佐藤等氏が、ドラッカーの生き様や哲学
などとともに、膨大なる著書の中から、心に響き、自分の
生き方、考え方を深く反省させられる珠玉の言葉を紹介し
ながら、楽しく解説をされておられます。
 今回はこのドラッカー連載の5月号第4回目を取り上げて
見ます。そして、佐藤氏が紹介されているドラッカーの言葉
と佐藤氏の解説から、今回は『学ぶことは如何なることか』
がテーマとなっており、心を打たれた言葉を少しだけ紹介
させて頂きます。
 今回私が一番考えさせられた言葉が、中盤に登場する次の
言葉です。
「知識は、本の中にはない。本の中にあるのは情報である。
 知識とはそれらの情報を仕事や成果に結びつける能力で
 ある。」
         著書【創造する経営者】より
 
 読書をして、情報を知り勉強したつもりになっていては
ダメであり、実践してころ意味があると言うことを改めて
認識させて頂きました。佐藤氏はこの言葉に対して、次の
様に解説されています。
 ちなみに私はこの言葉を諳(そら)んじることができます。
憶えてない言葉は実戦で使えないからです。マネジメント
において言葉は重要な道具なのです。しかし情報の取得だ
けでは不十分です。万巻の書を読んでも自分に変化がなけ
ればせっかくの努力も無駄になります。
 続けてドラッカーの言葉を紹介していきます。
「人生から何を得るかを問い、得られるものは自らが投じ
 たものによることを知ったとき、人はは人として成熟
 する。組織から何を得るかを問い、得られるものは自ら
 が投じたものによることを知ったとき、人は人として
 自由となる」
         著書【断絶の時代】より
「本書は教科書ではない。その理由の一つは、成果をあげ
 ることは学ぶことはできるが教わることができないから
 である。つまるところ成果をあげることは教科ではなく
 修練である。」    
         著書【経営者の条件】より
「ピアニストは、何か月も飽くことなく音階を練習する。
 技能はごくわずか向上するだけである。だがこのわず
 かな向上が、すでに内なる耳によって聴いている音楽
 を実現させる。(中略)成果をあげる能力とは、積み重ね
 によるものである。」  
         著書【ポスト新主義社会】より
 この成果をあげる能力とは、積み重ねによるものである
と言う言葉に続いて、佐藤氏は次の言葉を上げられていま
す。
「われわれは情報を、頭を使わずに答えられるようになる
 まで反復することによって習得する。記憶する。言葉を
 学ぶのはこの方法によってである。九九を覚えるのも
 この用法によってである。」
         著書【断絶の時代】より
 私は、英語の勉強をしても、三日坊主に終わり上達しな
いことをこの言葉によって大いに反省させられました。
 一冊の英語の本を丸暗記で覚えることぐらいしないと
英語の上達はないと実感しています。以前から決めている
一冊の簡単な英語の本から取り掛かりたいと思います。
「“自らの強みが何か”を知ること、“それらの強みを
 いかにしてさらに強化するか”を知ること、そして
 “自分には何ができないか”を知ることこそ、継続学習
 の要である。」
        著書【プロフェッショナルの条件】より
 人生100年時代となり、自分の成長を実現しつつ、
ドラッカーの説く様に、自分の環境に影響を及ぼして続け、
更に学び続けてこそ、この世のため人のために自分を生か
し、役立てる人となれるのだと上田氏はこの文章で締め括
らられています。
 最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

『笑う門には福来たる』致知4月号斎藤一郎鶴見大学教授

『笑う門には福来たる』致知4月号斎藤一郎鶴見大学教授
 
 人間学を学ぶ月刊誌致知4月号に鶴見大学教授の斎藤氏が
『笑う門にに福来たる 幸運を呼ぶ笑顔の法則』と題して
文章を寄稿されています。
 
 この寄稿文の冒頭にある紹介の文章をそのままここに掲載
させて頂きます。
 
『笑う門には福来たる---近年、その諺を裏づける「笑顔」
 の優れた効能に関する医学的・科学的研究成果が次々と
 発表されている。笑顔によって「運と徳」を高め、人生
 仕事を幸福に導いていくにはどうすればよいのか。
 “ストレス社会”といわれる日本社会の問題点とともに、
 鶴見大学教授の斎藤一郎氏にお話しいただいた。』
 
 斎藤氏のこの寄稿文に書かれている言葉を抜粋してみます。
 
・近年、笑顔が人間の心身に与える効能が、医学的・科学的
 にも世界レベルで次々と実証されている。
 
・fMRI(磁気共鳴機能画像法)という検査機器で、嬉しい、
 楽しい気持ちを感じて笑っている人の脳を調べたところ、
 記憶や感情をコントロールする「前頭前野」の血流が増し
 活性化していることが分かりました。
 
・嬉しい、楽しい気持ちを感じていない人に「笑顔の表情」
 をしてもらうだけでも、前頭前野に同じ反応が見られる。
 
・表情を笑顔にするだけで幸せを感じたのと同じ反応が脳に
 起こる、つまり、表情筋と幸福感は密接な関係がある。
 
・アメリカのカンザス大学では笑顔がストレスの軽減に
 つながることが立証されている。
 
・修道院の修道女たちの日記を調べた結果、辛い、不安、
 困難というネガティブな言葉の多い人は八十歳になった
 時に約三割しか生存しておらず、楽しい、嬉しい、感謝
 といったポジィティブな言葉が多い人の九割の人が、
 八十歳を超えて生存していたのです。
・笑顔は周囲の人たちに「近づきやすい人・感じの良い人」
 という印象を与える効果がる。
 
・日頃から笑顔を絶やさない人こそが人生を仕事も充実で
 きる。
 
・幸福だから笑うのではなく、笑うから幸福なのだ。
 (フランス哲学者アランの言葉として)
 
・笑顔になることで、自分自身が幸せになる。
 自らが笑顔と幸せを生み出すことで、そこからお客様の
 笑顔と幸せを生み出していく。
 
 
 これらの言葉は、私に心に染み入るように感謝、感動の
気持ちで受け止めることができます。
 
 皆様は如何でしょうか? 
 
この言葉を読んで、笑顔になるだけで幸せになれるんだと
思いませんか?
 
 我社の経営理念の冒頭の言葉は、『笑顔と喜びと活気に
溢れ・・・』とある通り、私は、我社の社員さんのみならず
この社会、世界が、笑顔と喜びと活気に溢れる幸せな世界に
なって欲しいと切に願っています。そして、この世に生きる
みんなが笑顔になり、そのみんなの笑顔の明るい光で、お互
いを照らすし合う“人”と“会社”となりたいと願っていま
す。
 
 もう一度、ここで冒頭にご紹介した斎藤氏の言葉はを読み
返すと、ただただ笑うだけで幸せになれるということが、
医学的にも、科学的にも証明された真実の言葉ということ
ですので、その笑顔の素晴らしさを改めて認識し直なしたい
と思います。
 
 本当に簡単なことなのですが、ただ、斎藤氏が言われている
通り、アスリートが体を鍛えるように、幸せになる笑顔にも
トレー二ングにより笑顔の力を強くすることができるように
なるということです。
 
 まずは、我社の皆さんが、最強の“笑顔メーカー”になっ
て、笑顔でこの世の中を照らす人となり、一灯照隅から万灯
照国の世界を作っていきたいと念願します。
 
 最後に『笑顔の法則』を確認し、みんなで笑顔で溢れま
しょう
 
 
『他人の笑顔を見て、思わず自分も笑顔になってしまった
 経験はないでしょうか。それは笑顔には笑顔で返したく
 なる性質があるからです。
 
 あなたが笑顔になると、まずあなた自身が幸福感を感じ、
 それを見た周りの人が笑顔になり幸福感を感じる。
 さらにその周りの人を見たあなたがまた笑顔になる・・』
この『笑顔の法則』で世界に笑顔を広げていきましょう。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

『天竜川リバーサイドウルトラ・マラニック225km』

『天竜川リバーサイドウルトラ・マラニック225km』
 今月のゴールデンウィーク中の5月3日から5日の三日
間に渡って開催された「天竜川リバーサイドウルトラ・
マラニック225km」という大会に参加してきました。
もう既に大会から二週間も経ってしまいましたが、改めて
この大会を振り返ってみたいと思います。
 概ね天候に恵まれ快適な44時間24分の旅となりました。
完走と認められるのは48時間以内にゴールに到達すること
です。
 コースの簡単な紹介をさせて頂きます。長野県の諏訪湖
の釜口水門を5月3日の正午にスタートします。天竜川沿い
の道を約85km地点のJR飯田線天竜峡駅まで緩やかな下りの
コースを美しい景色と5月というのに美しく咲いている桜
の花を楽しみながら気持ちよくゆっくりと走っていました。
 しかし、緩やかな川下りのコースはここまででした。
ここからがひたすら山登りが続きます。少し下ってまた
山登り、どれくらい登り続けたかもう覚えていませんが、
気楽な川下りのコースと信じていた為に「だまされた」と
いう嬉しい気持ちになりながら、登りで足を鍛えさせて頂き
ました。
 
 コースは天竜川の秘境を走ります。100km地点のコン
ビニを最後に、そこから192km地点までコンビニは一件
もありません。あとは、自分のリュックに水や食料を入れ
込んで走り続けます。
 また、参加申込者が113名で、実際の参加人数が102
名とう小さな大会ですので、心温まる私設エイドとコンビ
ニが我らの救いです。
 104km地点で山岳コースから天竜川に戻りますが、
先ほどまで水面がすぐそこに見えていると思っていたら
何故かひたすら登りが続き、気づいたら天竜川の水面は、
はるかに下方に見えて来たということを何度も繰り返し、
天竜川の景観を楽しみにながらアップダウンをひたすら
耐えて走ります。
 とても寂しい平岡ダム、佐久間ダム、秋葉ダム、船明
ダムを通過しながら、いつしか浜松市に入っていました。
 約200km地点から天竜川の河川敷に入ります。この
河川敷が砂利道でとても走りづらい道のりです。ゴール
の遠州灘の海岸線まで残り25kmは、その砂利道と変化の
乏しい景色に耐えながら我慢、我慢のラストランです。
 私は友人と一緒に3人で走り、この河川敷に出たのは
夜明け前でしたの、少しずつ空が明るくなり、気温も上
がりだし、気落ちも高揚しながら最後まで楽しむ言葉
できました。
 冒頭に天候には概ね恵まれたと書きましたが、実は、
昼間は太陽が厳しく照りつける暑さで日焼けをし、また
途中には、大雨や大きな雹(ひょう)が降る降るなど気象
の変化が大きく、また、深夜から夜明けまでの急激な
温度の低下など、雨と寒さ対策は不可欠な大会である
ことが今回わかりました。
 この大会を企画運営されたおられるのが萩田さんという
方で、偉大なランナーであると共に、非常に人気のある
人徳者であられ、耐えずコースを回られ、私設エイドを
もうけながらランナーをサポートしておられます。
 
 ゴールしてからも、いろいろなアドバイスを頂き貴重な
勉強もさせて頂きました。こういうウルトラの長距離の
大会では、まずランニングを楽しむこと、そして、ゴール
をしてからみんなで盛り上がる。そして、お風呂に入って
疲れを癒し汚れを洗い流し、みんなで大宴会をするのが
大切なことであるということも萩田さんからとくとお話を
伺い、納得!!納得!!です。
 主催者の萩田さんをはじめ、優しく親切に、耐えず笑顔
でサポートしてくださったスタッフの方々のお力があって
こその完走であると、改めた感謝の気持ちが湧いて来ます。
萩田さん、スタッフの皆様へ ありがとうございました。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

『完全を求めていきたドラッカー 致知3月号より』

『完全を求めていきたドラッカー 致知3月号より』
 人間学を学ぶ月刊誌致知の2月号から始まった連載である
「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」の第2回の3月号
の内容を振り返ってみます。
 今回は、ドラッカーが18歳で親元を離れ商社で見習いを始
めた頃に、「完全とは何か」といことを掴み、完全を目指し
て生き続けた人であるということが紹介されています。
『プロフェッショナルの条件』という著書の中でドラッカー
は次のように表現しています。
「いつまでも諦めずに、目標とビジョンをもって自分の道を
 歩き続けよう、失敗し続けるに違いなくとも完全を求めて
 いこうと決心した。」
「完全を求める」姿勢を、著書『非営利組織の経営』の中で
次の言葉で表現されています。
「基準は高く設定する必要がある。(中略)基準を低くして
 スタートすれば、やがて高くなるということは決してない。
 『ゆっくり』と『低い』は意味が違う」
 また、個人でも組織であっても「完全」には手が届かない
ことは誰でも知っているとう前提のもと、ドラッカーは、
だからこそ常に前進するのであり、何十年も一つ処に専心
することで見えてくる境地があると言われています。
 それは偉くなることや大きくなることではなく、人として
組織として世のなかの役に立つということです。それはこの
道を行くと決めることでもあります。神々が見ていると信じ
て進む信念です。結果として一事を通して万事を考える
力量を手にすることになるでしょう。
 完全を求め、仕事に高い基準を設定することは、一人ひと
りの意識に関わることです。「絶えざる努力と能力によって
のみ実現される最高水準の仕事に焦点を合わせるとき、動機
づけがなされる。(『現代の経営』)
 動機づけの源泉は仕事そのものにあります。
仕事の報酬は、次の仕事です。
今回より次回、次回よりその次、より速く、より高いクオリ
ティーを目指す姿勢が求められます。困難を克服した先に
仕事の真の報酬である組織の成果と自己成長があります。
 モチベーションを上げる特効薬はありません。動機づけを
図るのは、組織や上司ではなく自分自身です。
 日々の仕事のなかで自ら高い基準を設け、それに取り組む
ことです。
 ドラッカーは、「あなたの本のなかで最高のものはどれか」
とよく聞かれ、「次の本です」と本気で答えていました。
 
 九十五歳の生涯で40冊に迫る著書を世に出しましたが、
その三分の二は六十歳を超えてからのものでした。
 言葉によって自らの運命を拓いた人生でした。
人生100年時代、あなたはどんな言葉とともに人生を歩ん
でいるでしょうか>
 ということで、致知3月号の「仕事と人生に生かす
ドラッカーの教え」からドラッカーの言葉を抜粋し紹介
してきました。
 さて、私はどんな言葉とともに人生を歩んでいるのかを
考えた時に、今直ぐに出てきた言葉は次の言葉でした。
「人間の心で行う思考は人生の一切を創る」
という天風先生の言葉であり、
ツキを呼ぶ魔法の言葉
「ありがとう❗️感謝します❗️ツイてる❗️」
そして新約聖書の言葉
・いつも喜んでいます。
・絶えず祈ります。
・どんなことにも感謝します。
 最後に新約聖書のヨハネによる福音書の冒頭の言葉を
掲げて締めくくります。
初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は初めに神と共にあった。
万物は言によって成った。成ったもので、言葉によらずに
成ったものは何一つなかった。
 言葉を大切にして生きていこうと改めて気付かせて
頂きました。
最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

『初めに言があった。すべてのものはこれによってできた』

『初めに言があった。すべてのものはこれによってできた』


 これまでの人生で聖書というものに触れることは殆どあ
ありませんでした。しかし、赤塚高仁さんや多くの素晴ら
しい方々に導かれイスラエルという聖地を旅行し、赤塚さ
んからヤマト人として聖書を学ぶ機会を得て、聖書という
ものに対して持っていた「違和感」、いわゆる宗教の書物
という考え方が払拭され、聖書は、人生、人間、天理を
学ぶ世界でもっとも貴重な書物の一つであるという認識が
持てるようになりました。
 最近特に好きな言葉が、ヨハネの福音書の冒頭の言葉で
す。色々なところで取り上げられているのでこれまでにも
何度か読んだことのある文章ですが、聖書が人生の尊い
啓蒙書というものと認識してから、感じ方が全く変わって
きまた。聖書からその文章をそのまま引用します。

初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。
 言は神であった。この言は初めに神と共にあった。
 すべてのものは、これによってできた。
 できたもののうち、一つとしてこれによらないものは
 なかった。この言に命があった。そしてこの命は人の
 光であった。光はやみの中に輝いている。
 そして、やみはこれに勝たなかった。ここにひとりの
 人があって、神からつかわされていた。その名をヨハネ
 と言った。この人はあかしのためにきた。光について
 あかしをし、彼によってすべての人が信じるためである。
 彼は光ではなく、ただ、光についてあかしをするために
 きたのである。」

 すべてのものは言(ことば)によってできたとあるのです。
日本にも言霊(ことだま)という言葉があります。手元の
辞書で「言霊」を調べると次の様にあります。

「言語に内在すると信じられた不思議な力。
 古代人は、ことばの使い方によって人間の
 禍福を左右すると信じた」

 すべては「言葉」から作られると認識できれば、言葉を
大切にせずにはおられません。言葉その物が人生を作って
いく。美しい言葉、積極的な言葉によって良き人生が創造
されていく。

 今日は、人間学を学ぶ月刊誌「致知」2月号から私の心
残った言葉をいくつか引用し、そのすべてをつくる言葉
を豊かな人生への道しるべしたいと思います。
 致知2月号の「禅語に学ぶ」という連載の第53回目で、
臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺氏は「時節因縁」について
の話をされておられます。
 そのお話から二つの文章を紹介致します。
「時節因縁」とは、良き時に良き出会いがあることだが、
分かりやすく表現すれば、「めぐりあい」であろう。真民
先生の「めぐりあい」の詩を思う。
「人生は深い縁)(えにし)の 不思議な出会いだ・・・
大いなる一人のひととのめぐりあいが わたしをすっかり
変えてしまった 暗いものが明るくなり 信じられなかっ
たものあが 信じられるようになり 何もかもがわたしに
呼びかけ わたしとつながりを持つ 親しい存在となった」
という詩であり、「子を抱いていると ゆく末のことが案
じられる よい人にめぐりあってくれと おのずから涙が
にじんでくる」と続いている。
 仏陀は、縁起の法を説かれた。「すべてのものは縁によ
って生まれ、縁によって滅ぶ」と述べられ、更に「雨が降
るのも、風が吹くのも、花の咲くのも、葉の散るのも、す
べて縁によって生じ、縁によって滅びるのである」と仏典
に説かれている。
 更に仏陀は、「だからこの身も、この心も、縁によって
成り立ち、縁によって変わるといわなければならない」と
仰せになっている。
 ヨハネの福音書にあるイエスの預言は「すべてのものは
言(ことば)によってできた」とあり、仏陀は「全てのもの
は縁によって生まれる」と説かれています。
 面白いですね。言葉によってできたすべてのものが、
縁によって結ばれて、また新たなものを創造していくと
いうことでしょうか。
 同じ致知2月号に、俳優で画家でもある片岡鶴太郎氏と
新規開拓社長の朝倉千恵子氏の対談があります。
その対談の中での、片岡鶴太郎氏の、苦難・苦境に陥った
時に、人間はどうすべきかという言葉を紹介します。
「どんな困難に直面しても、絶対にここに宝があるんだ、
 これはチャンスだと自分に言い聞かせて逃げないこと
 ですよね。
 
  そこを回避して突破経験をつまないと、また同じとこ
 ろで躓いてグルグル回るばかりでね。
  明治の文芸評論家高山高山樗牛(ちょぎゅう)は、
「己の立てるところを深く掘れ。そこには必ず泉あらん」
 って言っていますけど、常にもうここしかない、
 今しかないんだと覚悟を決めて、一つひとつやりきって
 いくしかないんじゃないかと思いますね。
 最後に、日本人ならこの方の名前を聞いたことがないと
いう方はおられない画家の東山魁夷氏の言葉を紹介します。
「私自身、絵を描くのが特にうまいほうではありませんし、
 上手に描こうとも思わないです。
  私にとって絵を描くことが祈りであるとすれば、
 上手に祈るとか下手に祈るとかは問題ではないと思います。
 心が籠るか籠らないか、それが問題だと思うんです」
 東山魁夷氏のこの言葉の「絵」を自分ごととして捉える
ならば、「絵」という言葉を「仕事」に入れ替えてみると
仕事とは如何なるものかが観えてくるのかもしれません。
 すべてのものは言(ことば)によってできたということを
真摯に受け止め日々の人生に臨んで参ります。

最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

『致知2月号より「不可能を可能に変える経営哲学」』

『致知2月号より「不可能を可能に変える経営哲学」』

 致知2月号にセブンイレブンの鈴木敏文名誉顧問と大創
産業の創業者 矢野博丈(ひろたけ)会長の対談があり、その
題名が「不可能を可能に変える経営哲学」です。

 その文章を読んだのが2月の上旬でしたが、このお二人
対談を読んだ後数週間経っても大創産業の矢野会長さん
のお人柄ともいう温もりの様なものがほのぼのと心に残り、
おもろい人やな、こんなほのぼのとした人になりたいなと
ずっと思い続けていました。

 本日は、このお二人の対談から、おもろい矢野会長さん
話を紹介しながら自分もこの様に笑顔あふれる人生を送っ
ていける様に学び直してみたいと思います。

 先ずはそもそもダイソーという100円ショップが出来た
のは、もともと80円から200円位までの沢山の小物を、固定
店舗もなく、トラックに積み込んで移動販売をしてところ、
いちいち値段を確認する間も無くなり、途中から「なんでも
100円」って言ってしまったのが始まりだそうです。

 それでは、矢野会長さんが、何故にそのほのぼのとした
温もりを人に与え続けるお人であられるかというと、医者を
されていたお父様がとてもひょうきんで、矢野さんの言葉を
抜粋すると、

「診察室でよく冗談を言って人を笑わせる。僕はああいう
 ひょうきんな男になりたいと思っていたら、めちゃく
 ちゃ 似てしもうてね。」

 とある通り、お父様の様にひょうきんな男になると、人生
ずっと念じ念じて生きて来られたことで、ほんまにそんな
人間になられたのだそうです。まさに人間の心で行う思考と
人間が発する言葉がその人を作り上げるということを分かり
やすく実現されたよい例であると心底納得しました。

 そして、あるお坊さんが矢野さんに「あなたは和顔施をし
て、笑いを施して、徳積みをしているから出世する」と言わ
れる通り、この致知2月号にほんの数枚の写真からも優しい
暖かい笑顔で、そのお人柄が滲み出ていると感じます。
そして、本当に大きな出世をされています。
 我社藤橋家の経営理念の初めに「笑顔と喜びと活気に溢れ
という言葉がありますが、全社員が心豊かに優しい心になり
和顔施を極々自然にみんながしている会社にしたいと思いま
す。

 ここで矢野さんの話されている言葉を振り返ってみます。
矢野さんが毎年新入社員さん達に話をされる「人生は運だ」
ということ。

「運の半分は自分でつくるもの。だから学校の勉強は今から
 せんでもいいけど、人に好かれるにはどうしたらいいかと
 か、人を喜ばせるにはどうしたらいいか、そういう勉強は
 しないといけないという事。」

 この言葉も軽く流すことが出来ないとてもとても大切な教
えだと思います

 矢野さんが、お金を大切にするから銀行から信頼をされて
いるということに、これ迄致知に登場された、無から大企業
を創り上げた方々に共通する「お金を大切にする」という
企業家としての当たり前かもしれないけれども、最も基本的
な事の重要さを教えてくれています。

 二十世紀の経営は効率と利益が中心でありそれが正義で
あったが、二十一世紀からは自分さえ儲かればいいという
考え方には共鳴できない。

 一所懸命とか優しさとか思いやりとか徳を主題に考える
経営者じゃないと生きのこれんようになっている!と、矢野
さんが言われる通りだと私も思います。

 矢野さんの生き方は、自分がうまくいくより、お客さんや
社員が喜んでくれることのほうが好きで、面白い商品をでき
たら、自分がそれを使って社内を回って歩き、さっきの和顔
施じゃないけど、人が笑ってくれることが楽しいというもの
なのです。。そんな生き方を今現在も、暖かい笑顔でされて
いる矢野会長さん見習い、私も少しは、優しくほのぼのとし
て、まわりの方々に温もりと安心を感じてもれる様な人にな
りたいと念じ、念じて参ります。

 鈴木名誉顧問の話には全く触れていませんので少しだけ
触れておきます。みんながいいな、これは成功するという
ことは誰でも考えることだからしない。

 逆にみんなが反対しても、自分が正しいと信じることは
実行してきた方だからこそ、誰もムリと言われたコンビニ
セブンをここまで成長させて来られたのだと思います。

 また、セブンが銀行を始める時に何故銀行を出すかとい
う理由に、「お客様が便利だから」という当たり前のこと
を真理として捉えられて実行されておられるからこそ成功
をされているんですね。
今日も致知を読んで勉強させて頂きました。
最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

『仕事と人生に生かすドラッカーの教え』

『仕事と人生に生かすドラッカーの教え』
 人間学を学ぶ月刊誌致知2月号から新しい連載がはじま
りました。それが表題に掲げたタイトル『仕事と人生に生
かすドラッカーの教え』です。筆者は、公認会計士であり、
ドラッカー学会理事の佐藤等氏です。
 佐藤等氏とは、十年前位になると思いますが、マンダラ
手帳の大きな勉強会でグループワークの進行役を一緒にさ
せて頂いた事もあり、また彼のドラッカーに関する著書も
3冊読んだこともある大変尊敬し、興味を抱き続けて来た
方です。
 今日は致知2月号から始まった連載である、佐藤氏が
凝縮したピーター・ドラッカー氏の教えを読み直し、私達
が何の為に生まれて来て、何の為に仕事をしているのか、
また、どのような人生を創造していけば良いのかという
示唆に富んだ言葉に触れてみたいと思います。
 
 この佐藤氏の言葉を私としても自分なりに受け止め直し、
経営者として何をなし、どの様にこれからの人生を創造し
ていくのかということを考えたいと思います。
 ドラッカーの思想の原点にあるののは、「世のために人
のため」という一言です。と佐藤氏は、いきなりドラッカ
ーの思想の真髄から文章が始まります。
 そして、これから佐藤氏の文章を抜粋して参りますので、
どうぞ、ドラッカーの言葉をよくよく噛み締めてください。
 ドラッカーは、「組織は社会的な道具」だといいます。
道具には、必ず目的があります。世の中に目的のない道具
はありません。しかし、組織という道具の目的は以外に知
られていません。
 組織という道具の効果的な使い方をマネジメントといい
ます。その原点に目的の確認があります。
 組織の目的の第一は、世の中の人に喜ばれること、具体
的には、魅力的な製品やサービスを提供することでお客様
に満足してもらうことです。
 目的の第二は、組織で働く人を成長させることです。
その実現のための基本的な心構えが人の成長のために働く
ことです。
「組織の働く者が成長するとき、組織はさらに多くをなし
 とげる。(略)しかも、組織が真剣さ、真摯さ、意識、
 能力において成長するほど、そこに働く者が人として
 成長する」
                             (『変貌する産業社会』) 
 真に人の成長を目的に仕事をしている組織には、人が
集まり、定着し明日。人材不足はこれから本番を迎えま
す。
 少し時間はかかりますが、人がいないと嘆く前にやる
べきことはまだまだあるのではないでしょうか。
「おのれよりも優れた者に働いてもらう方法を知る男、
 ここに眠る」。アメリカの鉄鋼王といわれたアンドリ
 ュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉です。自社の
 繁栄と自己の成長は、部下の成長とともにあることを
 示しています。
 組織は社会的な役割を果たす道具ですから、責任は社会
を基準として決まります。
 組織で人と働くということは、成長する環境に自らを置
くことです。組織は、人類が考案した社会的な道具です。
組織に使われるのではなく、道具として自らの成長のため
に使いこなしていきたいものです。
 マネジメントとは、組織の使い方であり、そこに属する
者すべてがみにつけておくべきものなのです。
 今日ここでご紹介した言葉はたった2ページの文章の
中からもほんの一部です。是非、本文を読んでドラッカー
の教えの真髄に触れてください。「致知」とインターネッ
トで検索すれば年間購読の申し込みが簡単にできます。
 我社では、社員さんに全員本を自宅に届け、パートの
方も希望の方全員に本を配達させて頂き、毎月致知の
読書会『木鶏クラブ』を開催し、今月で通算141回目
を迎えます。
 致知を読み、偉大な人たちの教えに触れることが、
人の成長になると信じこれからも「致知」を通して
社員相互の成長を図って参ります。
 本日も最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

『ランニングで京見山を登る』

『ランニングで京見山を登る』
 地元姫路のローカルな話ですが、以前より友人に勧めら
れていたランニングのトレーニング((山登り)コースに、
勝原小学校近くの登山口から入る京見山登山道があります。
この日曜日に初めて走って(かなり歩き)きました。
 勝原の登山口は家から約4kmの所にあり、日頃から車や
ランニングで横を通っており馴染みのあるところでしたが、
登るのは初めてです。(勝原小学校の東側から)
 軽く走って降りて来ようと気楽に考えていましたが、
登山道を数百メートル進むと、突如急勾配な崖の様な長い
階段が目の前に現れました。その崖をロープを握りながら
登り、暫く走ると先ずたどり着くのが、海抜98メートル
の荒戸山?山頂です。
 そこから、京見山までの距離980mという標識を確認
し息を切らして登りきった京見山の山頂とは・・・・
 標高216mとあまり高いとは言えないものの、想像
以上に展望がよく、南側を望み右を向くと、西方から遥か
に四国や小豆島、そして、家島や坊勢島が手に取る様に
見えます。
 東に目を向けると夢前川がすぐ足元に見え、播磨平野
から大阪湾が一望できる素晴らしい眺めです。
 北側の斜面に行くと、太子町から西方には視界が広が
っていますが、東方は青山に抜ける国道2号線が少し見
える位でした。
 では、何故京見山と言うのでしょうか?
その京見山山頂にあった立て看板の紹介文章をそのまま
借用してご紹介致します。
・京見山の由来
 :山頂から京都が見えるからというと山の高さから無理。
  それではなぜ京見山と言うのか?
  それは戦国時代のこと、京の町がたびたび戦乱で大火
  となり、その立ちのぼる煙が山頂より見えたことによ
  るとか。
・大きさ
 :東西3,250m、南北は2,500m、最高峰は京見山216m,
    100m以上の峰は10。
・地質
 :京見山の岩石は凝灰岩でできており、硬く風化しに
  くい。土質は貧弱で、特に南面は乾燥気味で植生が
  悪い。今の様な山形になったのは新生代の造山活動が
  終了した1〜2万年前と考えられている。
 この京見山山頂から東西南北にルートがあり、今回は
そのまま東に進み、三度程小さな山頂を登り、最後は、
携帯電話のアンテナ基地がある白毛山に進み、そこからは、
舗装された道をひたすら降って、新幹線の線路横の昭和
瀝青工業さんの工場の横に降りて来ました。
この日の辿った道のりは、iphoneのソフトの計測で18.6km
となりましたが、結構良いトレーニングになると実感する
とともに、日頃眺めている小さな山々を巡るのも大いなる
魅力があることを再認しました。
 登山道では、幾つもの古代?の古墳や遺跡跡、横穴式
住居などの標識があり、興味をそそられました。
 以前にこの京見山の隣にある、太子町の檀特山を登った
時も、山頂には巨岩があり、その巨岩には沢山の穴があり
ました。その穴は、応神天皇がこの山頂に登り、四方を
望覧された時に、杖や沓(くつ)で突き刺してあいた穴の
跡だとという説明書きがありました。
 播磨のこの地域の小さな山を巡るだけで、楽しい歴史や
伝承話を知れることに、こりゃ面白しい!!と感じました
が、また今回もその思いが強くなり、トレーニングがてら
色々な山巡りをしてみたいと思いました。
檀特山:太子町のHPから
kannkou/inrekisisiseki/1427181758363.html


 本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

«『運が良くなる為に!!運のいい人と悪い人の違い』