« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

平成21年8月30日 第45回衆議院選挙速報を聞きながら

今、平成21年8月30日(日)23時を過ぎました。
今日は第45回衆議院選挙の投票・開票の日であります。
先程までテレビで選挙速報を確認し、今もラジオで速報を聞きながらこのブログを書いています。

日頃、政治の話などあまりしませんが、今回の衆議院選挙の流れを見ながら、
日本国民の一人として、政治や国のあり方についてもっと自らの責任を認識し、
もっともっと関心を持ち、何らかの形で役目をはたしていかねばならないと思い、
本日の“おたまはん日和”で、私なりに感じた選挙についての浅はかな感想を
書かせて頂きます。

今回は、民主党の圧勝が確実となりました。
前回の選挙では、小泉旋風が吹きまくり、マスコミも面白おかしく捲し立て、
全く政治や経済の事も解らない様な新人候補たちも当選し自民党が圧勝しました。
今回の選挙結果は、前回とまったく対照的なものとなりました。

私は、選挙結果が前回も今回もあまりにも偏り過ぎている事に、少なからず不安を
覚えます。国民の多くは前回の選挙結果とその後の政治に反省や疑問を感じたから、
反動で今回のような結果になったのだと思いますが、
やはり、“過ぎたるは なお及ばざるがごとし”ではないでしょうか。

今、私たちの国、日本の政治がおかしいとか、国も地方自治体も財政が破たん状態に
有り、国民意識も低下し、この国は本当に大丈夫なの?という不安の声を聞きます。
では、自分はどうすれば良いのかと考えるとき、一番に反省すべきはおのれ自身だと
言う事に気づきます。私は、政治についてどれほど関心を持っているでしょうか。
国のみならず地方行政、今の法律や立法にどれだけ注意を払っているでしょうか。
全ての責任はわたし自身にあると考え、生き方を改めていかねばならないと反省して
います。

今回の選挙で民主党は、参議院のみならず、衆議院においても両院で過半数を取ること
になります。大きな権限を持つことになります。言い換えれば大きな責任を持つことになります。特に、今世界的な経済危機の中で、民主党の政治運営について、私は強い関心と責任感を持って見つめて行かねばならないとおもっています。
日本の国を楽しい、明るい、住み良い国にしたい。そして、生まれてきてよかったと
言えるような国造りをしていく為に、国民の一人としての責任を考え果たして行きたい
と思っています。

今回の選挙の特徴を、私として次の3点にまとめて本日の“おたまはん日和”を
締め括ります。

1.国民がこの世に大きな不安を持ち、政治にかなり強い関心を持つようになった。
2.世代交代、若返り。今までは考えられないような大物年寄り候補が落選している。
3.候補者自身の、政治能力や人物や人格そのものを評価し重視する傾向が強まった。

以上です。最後まで御読み頂きありがとうございます。
              藤橋家homepage    http://www.fujihashiya.com/

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

がんばれ社長!の名言集より、“習慣が人を創る”をテーマに・・・

私は、㈲がんばれ社長の武沢信行社長が毎日発信される、がんばれ社長のメルマガを創刊以来読みつづけ多大なる影響を受けています。

ビジネス力を上げるには読書力を上げねばならない。その為にはこの速読術が良いと聞けば、東京で3日間の速読合宿に参加したり。

マンダラ経営計画の3日間の合宿に参加したりと・・・

経営計画は、このマンダラの松村先生の指導が最高であると聞けば、これまた東京にて

例を上げ出すときりがありません。

課題に応えて、色々なご指導を受けています。

よいし、全体をまとめて書かれても構いません。

『習慣が人をつくる』という事をテーマに 関連する明言を選び抜きました。

私は、がんばれ社長名言集1043の名言の中から

私の好きな言葉に

『心は行動となり、行動は習慣を創り、習慣は品格を創り、品格は運命を決す。』

 今野華都子さん があります。

習慣が人を創るという事をテーマに、偉人・先人がどのように表現しているのかを

改めて時間をかけて学んだお陰で、習慣と云うものが如何に大切で、毎日の一つ一つの積み重ねなくして何も為し得ないという事を改めて強く認識させて頂きました。

そして、もう一つ“早朝の大切さ”を肝に銘じております。

そして、良き習慣を作り豊な人生をつくっていくということは、この言葉

『自分自身を除いて最大の敵は一人もいない。』が表現する通り、

まさに“克己”に尽きると思います。

今回1043の名言から選び抜いた次の言葉達が、これからの日々の暮らしのなかで、自分を支え、力になってくれるものと確信いたしております。

There is only morning in all things・・・朝こそすべてだ!イギリスの格言P7

・躾の目的は、自分で自分を支配する人間をつくることであって、人に支配させる人間をつくることではない。H.スペンサー(イギリスの哲学者)

・一日怠れば我にわかり、二日怠れば人にわかる 宮本武蔵 

・よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ。ソクラテス

・私の音楽の基本はいつも変わらない。常に新たな気持ちで挑戦しているだけだ。

スティービー・ワンダー

5年間、必死で働く意志と体力さえあったら、年齢に関係なく必ず成功できる。

 日清食品操業者:安藤百福

・常に一歩前進することを心がけよ。停止は退歩を意味する。

 野村証券創業者:野村徳七

・どんな仕事でも徹すれば、その仕事を中心に無限といっていいほど広がっていくものだ。もう進歩発展の余地がない、もう終わりだということは決してない。

 松下幸之助

・自分自身を除いて最大の敵は一人もいない。米詩人:ロングフェローP14

・今日の一は、明日の二にまさる。ビクトル・フランクル

・人の人生というのは、たかが五十年そこそこである。いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。生死は自然現象だからこれを計算に入れてはいけない。

 司馬遼太郎『竜馬がゆく三』より

・だれでもある時期、情熱的になる事がある。ある人は30分間熱中し、在る人は30日間続く。しかし人生の成功者は30年間情熱が続く人である。

 エドワード・バトラー

・朝寝すべからず、はなしの長座すべからず。徳川光圀

・宜しく先ず一事より一日より始むべし。吉田松陰

・終始一貫とは、明日の朝ひと朝のこと。丸山敏雄

・成果を上げる人と上げない人の差は、才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と基本的な方法を身につけているかどうかの問題である。ドラッカー

・澹泊明志 寧静致遠(たんぱくめいし、ねいせいちえん)  諸葛公明

・人間の再建は朝起きにある。丸山敏雄

・鉄は使わないと錆びる。よどんだ水は鮮度を失う。寒い中にいると凍りつく。 

 怠惰もまた、心の活力を奪ってしまう。レオナルド・ダ・ビンチ

・女性:「私は女優、私は毎日きれいになっていく。」・・男性:「Everything goes very well」とつぶやきながら歩こう。ウォーキングドクター・デューク更家

・習慣はやがて人格へと変わる。オービッド

・私は以前、才能は一瞬のひらめきだと思っていました。けれども今は、10年、20年、30年とか同じ姿勢で同じ情熱を傾け続けられることが才能なんだとおもっています。羽生善治

・功を奏するとどめの一撃などない。小さなステップの積み重ねだ。ピーター・コーエン

・大事をなさんと欲せば、小なることをおこたらず勤むべし。二宮尊徳

・人生で一番大切なことは、己の義務を果たすことである。ロマン・ロラン

・平凡も継続すれば非凡になる。 詠み人知らず

・本当に稽古をつめば恐怖心はなくなってしまう。武術家:佐川幸義

・今日一日、今一回をおろそかにしない。その功徳は計り知れない。

浜松医科大学名誉教授:高田明和

・同じ事をくり返す事が一番大切な修業です。高野山専修学院:大僧正添田隆俊

・創作活動の秘訣?毎日決まった時間にとにかく机に向かうこと。ヘミングウェイ

・一流の人は明るい。元京都大学総長:平澤興

・はじめに習慣を作るのは私たちだが、その後は習慣が私たちを作る。

  ジョン・トライデン

・止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。孔子

・習慣は性質の10倍の力を備えている。英軍人・政治家:ウェリントン

・大切なのは、かつてでもなく、これからでもない。ひと呼吸ひと呼吸の今である。

仏教詩人:坂村真民

・志は、生活習慣とリンクしていなければならない。がんがれ社長:武沢信行

・もし道徳論を書くようなことがあったら、私は『上機嫌』を義務の第一位におくだろう。仏哲学者:アラン

・規律を身につけた人だけが自由を手にする。J.C.ペニー創業者 J.C.ペニー

習慣が人格を作るという事を長い目で見るのではなく、

坂村真民先生の『大切なのは、かつてでもなく、これからでもない。ひと呼吸ひと呼吸の今である。』という言葉から、一瞬一瞬への思いの強さの連続ではないかとも感じます。宮本武蔵の言う『我、ことにおいて後悔せず。』このような強い覚悟をもって自らの人生を楽しく明るく『笑顔と喜びと活気に溢れ』、きり拓いていきたいと思いをあらたにしております。

最後に、私の大好きな言葉を紹介させて頂き締め括ります。

『生きてるだけで丸儲け。』村上和雄先生。

『生きることは燃ゆることなり。』『いざやいざすすまん この道わが燃ゆる道』

 平澤興先生

P.S.

今回のがんがれ社長名言集の中からふと心に残った明言を一つ紹介いたします。

この言葉が表現する通り、自分の人生を、マーク・トゥエインの小説の様に心に余裕と

冒険心をもって思いっきり楽しみたいものです。

41日。これからの一年間、自分はどうありたいかを考える日だ。』

 マーク・トゥエイン

選び抜いた名言を全て次に書き出しました。

しておられるか、決意を書いてください。一語一語に対して決意を書かれても

ここに「がんばれ!クラブ」会員特選の名言集1043語をピックアップしました。
この中からあなたのお好きなものを何個か選び、それをどのように活かそうと

この“通信顧問がんばれクラブ”の8月の特別課題は、次の通り。

http://www.e-comon.co.jp/club.php

今現在もまた、“通信顧問がんばれクラブ”に取り組み毎月武沢先生から送って頂く

広島に禅の名僧がいると聞けば、その禅寺に飛び込み一週間禅三昧の境地に耽ったり。

最後までお読み頂きありがとうございます。
        藤橋家homepage    http://www.fujihashiya.com/

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

平成21年8月9日(日) 兵庫県西・北部豪雨

平成21年8月9日の兵庫県西・北部大豪雨は、大きな爪痕を残しました。
佐用町では、8日から9日午後11時半迄の24時間の雨量が観測史上最高となる
326.5ミリを観測しました。
また、1時間の雨量も9日午後7時から8時に59.5ミリ、そして、午後8時18分から
9時17分には、これも観測史上最大の89ミリに達したと報道されています。
佐用町地区の被害もこの記録的な大雨の午後9時頃のほんの数十分間に、一気に水位を増した川が濁流となり街を飲み込んでしまいました。
6市4町において床上浸水が6百棟を越え、床下浸水も1千棟を超えました。
多くの方が亡くなられ、未だ行方不明の方がおられます。

佐用町では、避難や救助に当たるべき、警察署や役場の1階部分が水没し機能でき
なくなり、町全体が孤立化しました。
一宮町福知地区でも橋3本が流され、この地区も陸の孤島と化しました。

佐用川の水位観測機器も土砂や流木などで破損してしまいました。
新聞の報道によれば、洪水のあふれ出た高さは一部で2mにも及んでいたそうです。

当社は今回大きな被害を受けた佐用町からも近いたつの市新宮町にあり、
従業員やまたその家族、そして、お客様の牧場やお店も大きな被害に遭いました。

2004年9月の台風21号で被災し、漸く落ち着きかけた5年目の夏に、前回以上の被災を受けたのです。

大きな氾濫を起こした佐用川は兵庫県の委員会の2005年報告で、流化能力の問題の
指摘を受け、堤防をかさ上げしたり川床の掘削などの対応をしていたものの、改修が
長期計画である上に、1995年の阪神・淡路大震災等による財政難も重なり十分に
進んでいなかったと言われています。

この度の豪雨は、兵庫県だけでなく大分県、岡山県、徳島県でも猛威をふるいました。

家族皆で帰省からの帰途、車のまま濁流にのまれ一人だけ欄干にしがみついて助けられ
た男児。濁流を8kmにおよび流されながらも救助された中学女子生。
避難中に一家みんなが被害に会われたご家族。
避難途中に被害にあったと思われる女子中学生が避難前に残した、ブログの文章。
悲しい話はつきません。
でも、今回のおたまはん日和では、今回の兵庫県西・北西部豪雨の被害災害を出来る
限り感情が入らない様に事実を明瞭に記録し自分の記憶に強く残す為に書かせて頂きま
した。今こうしてこの度の豪雨の記憶を綴りながら、自ら多くの反省があり、この反省
を今日から生かさねばならないと感じております。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
行方不明の方々が早く見つかる事を祈ります。
被災されたすべての方々にお見舞いを申し上げます。
そして、早い街々の復興を祈ります。
           藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

今年の長崎平和記念式典で感じる新たな流れ

8月6日は広島で原爆が落とされ、8月9日は長崎で原爆が落とされ今年で
64年になります。それぞれの日に、広島と長崎で平和の為の記念式典が毎年執り
行われている事は皆様も御承知のとおりです。
8月9日は日曜日で、長崎の平和記念式典をテレビでじっくりメモを取りながら見る
事ができました。
本日はその長崎の平和式典を見て感じたことを簡単に述べさせて頂きます。

長崎で原爆が投下され炸裂した11時2分に1分間の黙祷を行い、続いて直に
田上長崎市長の平和宣言がありました。とても意義深い宣言であり感銘を受けました。

8月6日の広島の平和記念式典では秋葉市長も今年4月のオバマ大統領の核兵器廃絶への意志の表明と日本に対する原爆投下に対する道義的責任の表明について触れ、核兵器廃絶と平和な世界実現を求め、強く訴えておられました。

田上長崎市長の平和宣言は、世界平和への道筋を更に簡単に明確に宣言されたと思います。オバマ大統領だけでなく、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮の各国代表の名前を明確にしっかりと読み上げ、世界の代表者に対して、被爆地長崎へ来て下さいと呼びかけました。長崎市民は、オバマ大統領の長崎訪問の署名活動を行っている事も紹介されました。
世界人類が平和になる為には、この8月の6日と9日の平和式典に各国首脳の参加を実現させる事こそが、何よりも大きな意義と意味をもたらすと私も信じています。
そして、核兵器を戦争で使用した唯一の国の代表であるオバマ大統領が、被爆地広島と長崎を訪れ、原爆使用の謝罪と平和宣言を明確にすれば、どれほど世界の平和への機運が高まるか計り知れません。私は、このオバマ大統領の両市への来年の訪問を固く信じたいと思います。

田上市長の後には、被爆者代表で72歳になられた奥村アヤ子さんが平和への誓いをされました。奥村さんは、原爆で8人の家族を失い、8歳にして一人きりになられます。
それから46年間、54歳になるまで原爆の事には一切触れる事を拒んで生きて来られたそうです。しかし、自分の家族が生きていた事を書き残したくなり体験を文章にした事を切っ掛けに、今は修学旅行生達に自分の被爆体験を伝えておられるそうです。

その後、麻生首相が来賓として挨拶されました。
お客様としてでなく、本来は、日本国民の代表として話をされるべきだと思います。
挨拶の内容は、しっかりとしていたかもしれませんが、選挙の事を意識された挨拶
という印象が残りました。

この後の金子長崎県知事は、長崎県民の代表である事をまず明言され、哀悼の誠を捧げられた上で、平和への教育に力を入れて行くという点が特に印象に残った堂々とした挨拶でした。

そして、今回私がとても驚いたことは、国連総会のミゲル・デスコト議長が参加され挨拶をされた事です。広島の平和記念式典にも参加されたそうですが、秋葉市長の平和宣言しか聞いておらず知りませんでした。

デスコト議長は、ローマ・カトリック教会の神父という立場で、この原爆投下を犯罪と明確に断定し、この犯罪にカトリック教徒が関わった事を謝罪し、許しを請いに来たとも言われました。
更に、デスコト議長は、世界の不誠実や偽善的な詭弁も痛烈に非難をされ、断固たる平和への行動の大切さを説きました。
デスコト議長が、日本と広島、長崎の両市長は、核保有国に対して平和を求める道義的な権威をもっている事への認識の必要性と重要性についても触れられたことは、日本に対する世界平和への責任と役割の大きさを表明されたと私は受け止めました。

この長崎の平和式典を見て私が感じることは、地球規模の経済危機に世界の各国が苦しむ中で、世界の多くの人たちが今迄の文明を作り上げてきた『力の支配』の限界と不幸を知り、新たな『心で結び合う世界』への転換を図ろうと模索する強い“願い”が、一つの新しい流れとなり動き出したのではないかと云う事です。

私達日本人は、6月23日の沖縄終戦の日から、8月6日と9日にそれぞれ広島と長崎の原爆投下の日を迎え、そして、お盆と同時に、終戦の日を迎えます。
この日本の夏の強い日差しの中に、私たち日本人は、第2次大戦の悲しさと痛みをどこか心の片隅で感じながらお盆を迎えているのではないでしょうか。

世界の平和と人類の幸福を願う気持ちは万民の願いであると思います。
私は、仕事を通して、この“世界の平和と人類の幸福”に少しでも貢献できれば
この上ない幸せだと思っています。そして、そんな会社作りをして行きたいと
念じております。

当社の経営理念の最初にある『笑顔と喜びと活気に溢れる』世界を作るために、
感謝の心、素直な心を絶えず養い続けて参る所存です。
是非、ご指導を賜りたくお願い申し上げます。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

           藤橋家homepage   http://www.fujihashiya.com/

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

ディズニーランドから学ぶこと

先週の週末を利用して、子供達との家族旅行に1泊2日の旅程で
ディズニーリゾートへ行ってきました。初めての訪問です。
初日は、お昼過ぎにディズニーシーに到着し数時間滞在し、
そして、二日目にディズニーランドへオープンからたっぷり一日を過ごしました。

私は、遊園地と云うのをあまり好まず、怖い乗り物はまっぴら御免と云うタイプの人間ですが、せっかく行くなら楽しもう、そして何かを体験し学び取って来るぞと云う積極的な心持ちで2日間を楽しんできました。

先ず驚くのは、アニメか映画の世界の様な街並みを、現実に作り出していると言う事です。ディズニーランドが舞浜に昭和58年に建設されてから既に四半世紀以上たつので
こんな事を書くと笑われるかもしれませんが、まさに、“ファンタジー(幻想)の世界”
を実際に凄い規模で造り上げているのです。
広大な面積に色々な建物や機械や乗物に装置などなど。
ウォルト・ディズニーは鉄道好きだった為にすべてのテーマパークには、蒸気機関車が
走っています。東京でもアメリカ開拓時代の実際の蒸気機関車を4台再現し走らせています。
建設・建造、整備などが、どのようなシステムで運営・管理されているかとても興味が湧きます。
本来ならここで報告したいのですが、解らず仕舞いで帰って来ました。
後で紹介しますが、何事も神秘のベールで覆うことがディズニーの一つの理念にも
なっており、従業員に聞いても、わかりません!の答えしか返って来ませんでした。
たぶん遊園地の周りには、ディズニーランドの鉄工所や乗り物・機械の整備工場が
有る筈に違いない。もし詳しい事をご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてください。

今回一番興味があったのは、色々な伝説を生んでいる(と言われている)そのサービスを現実に体験したかったという事です。

その伝説の一つをうる覚えですが紹介します。
有るご夫婦がお二人で遊園地内のレストランで食事をする時に、二人の料理の他に
一つのお子様ランチを注文しました。お子様ランチは小さな子供しか注文ができません。
スタッフがその旨を伝えると、その御夫婦は面倒な事を言ったと詫びて直に了解します。
でもそのスタッフが何か心に引っかかる物を感じ何度かお子様ランチの注文について、
そのご夫婦にお尋ねします。
すると実は、この奥さんが流産で子供を最近亡くされており、生まれて来れなかった
子供の供養にと注文したことを知ります。
その時のスタッフの対応は、お子様ランチを出すだけでなく、お子様用の椅子とテーブルを用意し、「3名様でごゆっくりお楽しみください。」と云ったそうです。
その御夫婦は感動し、ディズニーの会社だけでなく、新聞にも投稿し有名になったとの事です。

現実のディズニーランドのサービスは如何に?

あまりに期待が大きかったために少し期待はずれだったかもしれませんが、
今迄の遊園地の中ではやはり群を抜いていたと思います。

なぜ、真心のこもったサービスが出来るのかを考えるてみると、

全従業員が、ディズニーランドの大ファンであり、ミッキーマウスの崇拝者であり、
言い換えれば、ディズニーランドを愛し喜びを感じる人たちが、理想とも言える職場で
働き自分と同じ様に皆を幸せにしたいという思いで働いているからでしょう。

アメリカディズニーの経営理念は次の通りです。

(1) 一貫性と細部にあくまでこだわる。
(2) 創造力、想像力、夢を活かして絶えず進歩する。
(3)「魔法」のイメージを徹底的に管理し守る。
(4)「何百万人という人々を幸せにし」、「健全なアメリカの価値観」を賛え、
   はぐくみ、広める。
東京ディズニーランドは、経営が異なるため経営理念は少し変わり、

『すべての瞬間を掛け替えのない思い出にする。』 です。

アメリカの4番については、国名を日本に変え、健全な価値感と云うものが如何なる
考えなのかは、これから少し調べてみようと思います。

理念を全社に浸透する。
そして、自分の働く会社を心から愛し、働く事を喜びであり、幸せであると感じる事が
出来るからこそ、素敵な素晴らしい笑顔が生まれ、係る人たちを幸せに出来るのだと
言う事を感じ取れた東京ディズニーランドでした。

今日も、最後までお読み頂きありがとうございます。

       藤橋家homepage    http://www.fujihashiya.com/

| | コメント (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »