« サンタクロース村と東郷平八郎の言葉 | トップページ | 新年の抱負 “運命を拓く” »

2009年12月28日 (月)

ひやりとするほどの奇跡 坂の上の雲

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』第一部最終の5回目「留学生」が
12月27日に放映されました。
今回は、秋山真之が米西戦争の緻密な報告を作り上げたアメリア留学から、今度は、
日英同盟を対等に取り交わす為に、一武官として英国へ赴任される明治33年1月で
幕をとじています。

近代国家として開花期の日本国は、欧米列強とは比較にならないぐらい脆弱でした。
その脆弱な軍備を増強する為に、明治28年には国家予算のなんと32%を、
そして、明治29年には国家予算の約半分の48%を軍事費につぎ込んでいたことを
今回の番組で知りました。
日本の国民が凄まじい貧しさの中で、国家存亡をかけて戦っていたと言う事を
如実にかたる数字ではないでしょうか。
しかも、貧しく脆弱と言われた国が、高橋是清等の奮闘で国家予算の1.5倍近い
資金を外債で調達しています。これも驚きです。

この時代を戦争だけで捉える訳にはいきませんが、簡単に言うと、
日本は、1895年に日清戦争に勝ち、そして、世界のどの国からも絶対に敵うはず
のないと言われたロシアを1902年から始まった日露戦争で1905年に打ち破り
列強入りを果たしたのです。

この近代の歴史を見る時、もし日本がロシアや欧米列強に破れていれば、日本のみな
らず、アフリカと同様にアジアの全てが植民地化されていたであろう事は容易に想像
できるのではないでしょうか。

語りの“渡辺謙”が、このNHKスペシャルドラマ第一部5回目の最後で語った
言葉は、日本のこの近代の歩みを
ひやりとするほどの奇跡を成し遂げた。』と言って締めくくっています。

現在の国家予算を見れば、半分を借金に頼っています。
これこそが信じられない状況なのではないでしょうか。
今、我々は明治期の日本人が成し遂げた“ひやりとするほどの奇跡”を起こさねば
ならない状況にあるということを明確に自覚し、日本近代国家の草創期に燃えた人達の
姿をこの『坂の上の雲』で垣間見て、今こそ奮い立たねばならないのだという何か使命
とも言うべきものを感じさせてくれるドラマでした。

次回第2部は、2010年12月放送予定です。これまた待ち遠しいです。
原作ももう一度読みたいですね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

平成21年も後数日を残すばかりとなりました。
本年大変お世話になりました事を心から御礼申し上げますと共に
来年平成22年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ありがとうございます。

              藤橋家homepage    http://www.fujihashiya.com/

|

« サンタクロース村と東郷平八郎の言葉 | トップページ | 新年の抱負 “運命を拓く” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。