« 仏陀大いなる旅路 修行の道を行く | トップページ | 青木功の素晴らしい生き方 仕事で己を磨き上げる人生 »

2010年2月22日 (月)

人の魂を震わすほどの強い情熱

NHK大河ドラマ龍馬伝 第8回「弥太郎の涙」を見ました。

今回のストリーは、
龍馬の友人弥太郎の父 弥次郎が、あくどい庄屋に半殺しにされる事をめぐって
話が展開されていきます。

弥次郎は、あくどい庄屋が、不正に田んぼの“水”を一人占めをした事に対して
文句をつけに行きますが、その手下どもに半殺しにされてしまいます。
江戸にいた弥太郎は、その知らを聞くなり急遽旅立ち、死に物狂いで土佐に帰って来るのです。

そのあくどい庄屋は、日頃から奉行に金品などの賄賂を贈っている為に、なんの咎めも受けずに、逆に、暴行を受けた本来であれば正義の弥次郎に非があるとの奉行の判断が下ります。

坂本龍馬は、弥次郎が暴行を受けているのを目撃した事もあり、友の父親が受けた
理不尽さに意義を唱えます。

更に龍馬は、
弥太郎の様な身分の低いものが江戸に行けた絶好の機会をかなぐり捨て、しかも、
通常であれば2カ月近く掛る旅路を血みどろになりながら僅か16日で江戸から
土佐に帰ってきた弥太郎の姿を見た時に、その弥太郎の情熱に大きく魂を震わせられて命を掛けて、この不正に立ち向かおうとするのです。

その龍馬に対して、「なぞそこまでするのだ?」と弥太郎が問いただします。

その答えは、弥太郎が江戸のチャンスをかなぐり捨て、血み泥になりながら土佐に
帰ってきた弥太郎の“情熱”魂を揺り動かされたからだ と答えます。
その答えに弥太郎も魂を震わせるのです。

人間如何に生きるかは、結局その人間自身が何をしたいのか、どう生きたいのか、
そして、どんな夢を持ち生きようとしているのと云う事なのでしょうが、
せっかく頂いたこの命、せっかく頂いた我が人生を、世の為人の為に役だつ意義ある人生としたいが為に、弥太郎や龍馬に負けない様に、
人の魂を震わす程の“強い強い情熱”をもって生きたいと強く思いました。

言いかえれば、如何に今を生きるか! この只今中を如何に情熱を持って生きるかという事だと思います。 
大きな反省とと共に、我が情熱に火をつけたい。否、火をつけよう。

本日は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の感動を綴らせて頂きました。
最後までお読み頂きありがとうございます。

              藤橋家homepage  http://www.fujihashiya.com/

|

« 仏陀大いなる旅路 修行の道を行く | トップページ | 青木功の素晴らしい生き方 仕事で己を磨き上げる人生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。