« 集中力を高める 天風先生の教え | トップページ | 人の魂を震わすほどの強い情熱 »

2010年2月15日 (月)

仏陀大いなる旅路 修行の道を行く

私は学生時代にバックパッカーをやっていた頃から必ず行きたい国、
一番行きたい国がインドでした。
何故か今までこの願いを実現させていませんでしたが、この度漸く思いを実現させる
事が出来ました。

私は、約3年前に素晴らしいインドの旅行の体験話を聞きました。
その旅行に参加され話をしてくださったのが、このブログでいつも紹介させて頂く
がんばれ社長の武沢先生です。平成19年10月に禅の修行をさせて頂いた少林窟道場の
高僧 井上希道老師も参加されています。

其の旅の企画をされ、旅の中で仏陀の教え(人の生きる道)を説き続けられるのが、
マンダラ手帳で有名な㈱クローバー経営研究所の松村寧雄社長です。

その旅の話を聞いてから、松村社長に数年にわたり何度も何度もその旅の企画を
もう一度して欲しいと嘆願し続けていたところ、今回漸く思いが叶ったという訳です。

その旅とは、ブッタが29歳で出家してから35歳で悟りを開き初転法輪をされた実際の
道を行く大いなる旅路です。簡単に経路を紹介します。

シャーキャ族の王子仏陀が29歳に出家をしてから、厳しい修行をされた前正覚山を
登り、後に布教をされたラジギール(王舎城)の霊鷲山や竹林精舎をめぐり、
そして、苦行の果てにスジャータから乳粥供養を受けるたセナニー村の通り、
そして、菩提樹の下に坐し悟りを開いたブッタガヤで祈りを捧げる。
そして、仏陀が悟りのあと初転法輪(初説法)をされたサルナートを巡って、
ヴァーラーナシーでガンジス河で沐浴をして心身を清めるという道程です。

私がこの旅の企画を松村先生に嘆願し続けた理由や今回の旅の雰囲気をお伝えしたく、
旅を終え帰国し直ぐに書き綴った“この旅への思い”の文章をここでそのまま掲載さ
せて頂き、本日の“おたまはん日和”を締め括ります。

今回も少し長い文章になりますが、ぜひ最後までお付き合いください。

**************** 仏陀大いなる旅路 修行の道を行く *****************

必ず訪れてみたい国だったインド。

しかも、以前より松村先生にこの企画をもう一度して欲しいと嘆願し続けていました。

の度その願いが実現し、松村先生に導かれブッダが悟りを開いたゴールデンロードを突き進む素晴らしい旅をする事が出来ました。

この仏陀ゴールデンロードセミナーは、松村先生の永年の研究と実践が創りだした

素晴らしい修行の旅セミナーです。

また、ガイドのパタックさん、そして、参加された全ての方々が素晴らしく、

旅の工程が進むにつれて、旅する全員の思いが高まり熱くなり最高の旅となりました。

貧しくても逞しく明るく生きるインドの人達の姿をみて、人間の強い生命力を感じ取ることが出来ました。

今回の旅は、天気にもとても恵まれていました。

晴天だけでなく、霊鷲山での神秘的な雷雨。ガンガー(ガンジス河)での大粒の天からの沐浴の雨。ブッダガヤ、サルナートでの美しいご来光と夕日等が、インドの印象をより神秘的なものにしてくれました。 

また、前正覚山でのチベットの僧侶との出会い。そして、ブッタガヤの大塔の下でその僧侶との再会などなど言い尽せない沢山の素晴らしい出逢い、体験、ご縁を頂いた旅です。

最終日、夜明け前からガンガー(ガンジス河)に船で繰り出しました。

この日は偶然、年に一度のシヴァ神のお祭りに重なりガンガー沿いのガートは祈りを捧げ沐浴する人達で埋め尽くされていました。

その祈りをする人達の歓喜の笑顔がとても強く印象に残っています。

そして、私自身もガンガーで沐浴し、己の罪を洗い流し心身を清めることが出来た事に、そしてその後、バラモン聖者にガネーシャと共に祈祷して頂き大いなる力を頂いた事はこの旅のクライマックスにおける無上の喜びです。

旅を終え帰国した今、大いなる学びとして感じることは、

人間として生かされている全てのご縁に感謝し、この旅で頂いた言葉、

『悟りとは、世の為、人の為に役に立つことだ』という事を具現化するために直向きに生きていきたいということです。

感謝と歓喜の念を持ち続け、明るく朗らかに強い勇気をもって生きていきます。

ありがとうございます。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

            藤橋家homepage    http://www.fujihashiya.com/

|

« 集中力を高める 天風先生の教え | トップページ | 人の魂を震わすほどの強い情熱 »

コメント

素晴らしい人生の旅をしてこられましたね。
人間として、さらに大きく成長されましたことを素晴らしいです。
また、直接お話を聞かせていただく機会をいただければ幸いです。
ありがとうございます。感謝。

投稿: あかまっちゃん | 2010年2月16日 (火) 16時09分

この記事へのコメントは終了しました。

« 集中力を高める 天風先生の教え | トップページ | 人の魂を震わすほどの強い情熱 »