« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月27日 (月)

“人生をシンプルにして時間を有効に使う” & 姫路城の歴史(103)

 先日、経営コンサルをしている友人から、一冊の本を薦められたので早速購入し読んでみました。その本の題名は、「ブライアン・トレーシー流 危機脱出法」です。
この本の中で、今日の標題に上げた“人生をシンプルにして時間を有効に使う”という話がとても良く、その教えを実践する為に、再度読み返しながら簡単に纏めてみようと思います。

 先ず、私の心を捉えたのが次の言葉です。
「物事を複雑にとらえるのは簡単だが、簡単にとらえるというのは複雑な作業だ。」

 私生活においても仕事においても、人生をシンプルにするためにはどうすれば良いのか。著者ブライアン氏は、先ず、自分の価値観を見直し、自分にとって本当に大切なものは何であるのか? 自分自身が心からやりたいと思っていることは何だろう?
と自問しなさいと言われています。

 以前、100歳を超えた人2,500人を対象にインタビューしたところ、殆どの人が述べたのは、「目先の判断で行動するのではなく、自分が本当は何をしたいかを、もっと時間をかけてじっくり考えればよかった。」という後悔の念だったそうです。
この教訓を活かして、今からでも人生についてじっくり考えてみたいと思います。
 人生をシンプルにして活きるためにブライアン氏の説かれている事を、次に簡単に箇条書きに上げてみようと思います。

・10の目標と締め切りを決める。
 本当に達成したい目標のリストを作り10の目標を上げ、24時間以内に実現するとしたら、自分の人生に一番プラスになるのはどれだろう?を考え、それを最大の目標に設定する。そして、その最大目標に必ず締め切りを設ける。

・一心不乱に目標をめざせ。
 目が覚めたら真っ先に、目標について考え、それが実現した時の様子を思い浮かべる。
 一日中考えてもやり過ぎでなく、一つの目標を一心不乱に考える内に、頭の中がすっき り整理され、高いレベルで目標成就に向かって走りだす事ができる。

・人生を変える4つの方法
 ①何かを増やす。
 ②よけいなものを減らす。
 ③新しいことを始める。
 ④無意味な習慣を根こそぎ捨てる。

・時間のムダ使いをなくせ。
 人生をシンプルにする為には、何かをやめるしかない。
 
・優先事項をおろそかにしてはいけない。
 優先事項を決め、どうでもいい作業は後回しにして、その分の時間を、未来に役立つ作業に割当てよう。「必須リスト」と併行して「不用リスト」の作成を忘れてはならない。

・前の日に「やることリスト」を作る。
 翌日やるべきことを全部リストアップして、優先順位を決める。そして、当日の朝が来たら、先ず第一の課題に「一点集中」一心不乱に取り組むと、人生がシンプルかつ、生産性も劇的にアップする。

後は、項目のみ上げてみます。
・たっぷり睡眠をとる。
・情緒のバッテリーを充電する。
・何もしない時間を過ごす。
・エネルギー源としての食事を見直す。
・体を動かしてエンドルフィン分泌。
・一日の始まりを大切にする。
・困難の中にこそ教訓が見つかる。
・瞑想で心をクリアにする。

以上、ブライアン氏の説かれる、人生をシンプルにして時間を有効に使うということについて、簡単に纏めてきましたが、最後にブライアン氏が紹介されている、成功哲学の大家ナポレオン・ヒル氏の言葉をここに掲げて締め括りたいと思います。

『最も大きく輝かしい成功には、心の平安と楽しさ、喜びがついてる。
 それを手にできるのは、心から仕事を愛する人間だけだ。』
                         ナポレオン・ヒル

最後までお読み頂きありがとうございます。

* * * * * 姫路城の歴史(103) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * * * 

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第103回目は、姫路城の歴史『お城の基礎知識「町屋」』をお届けします。

 江戸時代の「町屋」は、多くの場合「厨子(つし)二階」と呼ばれる二階があり、その中は頭をぶつけるほど低く作られています。それは「町屋」の前の街道を大名行列などが通るため、それを二階から見下ろすのは無礼ということで、二階に居室を作ることは禁止されていたからです。つまり「町屋」の中でも、低い二階を持つ「町屋」は江戸時代、高い二階を持つ「町屋」は明治以降に建てられてたものということになります。

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P64 から
             『お城の基礎知識「町屋」』を紹介させて頂きました。

藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

“iphone4sを使いこなす” & 姫路城の歴史(102)

 今日は、“iphone4sを使いこなす”というテーマで、iphone4sの活用方法に
ついて勉強してみようと思います。他の会社のスマートフォンをお使いの方も、
出来ればお読み頂き、ご意見・アドバイス等を頂ければ幸いです。
 
 当社では、今までDocomoの電話を使用していましたが、5月から一斉にソフトバンクのiphone4sに切り替えました。理由は、電話代が少しでも安くなるかもという事もありましたが、スティーブ・ジョブズ氏の発明した iphone を活用して、仕事や生活を楽しく豊かにしてみたいという気持ちがあったからです。

 先日、大阪で仕事関係のミーティングがあったので、ついでに心斎橋にある、アップルストアーに行ってきました。
アップルストアーでは、毎日色々なワークショップやイベントを無料で開催しているので、アップル製品の活用について楽しく学べます。
アップルストアーについては、App Store から Apple Store というソフトをダウンロードして調べてみてください。
 さて、その日私が受講したワークショップが、“iphone4sを使いこなす”でした。学んだ内容を振返って行きます。

①SIRIの機能
 先ず、iphone4sで一番驚きで便利な機能hが、SIRI ではないでしょうか。
siri とはご存知の方も多いと多いと思いますが、文字入力をiphone4sに向かって喋りかけるだけで、自動的にしてくれる機能です。
 メールやメモなど、文字入力画面が立ちあがって居る時、丸い大きなホームボタンを長押しするか、キーボードの中のマイクマークをタッチするとSIRIが立ちあがります。後は、ホームボタンの下のマイクに向かって、はっきりと話をすれば文字を音声から入力してくれます。初めの内はうまくいかないかもしれませんが、SIRIには人によって音声を捉える学習効果があり、利用すればするほど正確性が上がるそうです。
 文章の改行をしたい時には「かいぎょう」と発音すれば文章の改行をしてくれ、句読点の「、」は、「てん」と、「。」は「まる」と発音すればその音声に合わせて入力をしてくれます。

②マップ(地図)機能
 このマップを活用されている方は多いかと思いますが、このマップにも色々な機能があります。先ずは、ナビゲーション機能。行きたい所を検索し、画面上の車や公共交通機関、そして、歩くマークのどれかを選択し、経路とタッチすれば、カーナビ同様、幾つかの経路を示し、“出発”をタッチすれば案内が始まります。
また、現地点を検索する、画面左下の小さな矢印の様なドンガリマークをタッチすると、そのマークが懐中電灯の光がついたようになり、あなたがiphoneを持つ向き(方角)通りに画面が動いてくれます。

 また、マップで現地点を示して、近くで行きたいお店やレストランのを検索すると沢山のお店やレストランが赤いピンで案内されます。
 その赤いピンをタッチすると、右側に青い“>”のマークが出れば、それをタッチするとそのお店の住所や電話番号、そして、HPのurlが案内されます。
左にオレンジ色の人間のマークが出れば、それをタッチするとそのお店の周りの映像(ストリートビュー)が楽しめます。

あと大変便利なのが、リマインダー機能で、これは、To Do リストで、予定を入力しておくと、画面とアラーム音でその予定を知らせてくれます。
カメラやビデオの画質も大変クオリティーが高く、編集機能も高度でありながら簡単な操作で出来るようです。

 今回、ワークショップで学びここで復習したことなど、ほんの一部の機能でしかないと思います。keynoteというwindowsでいうとパワーポイントなどをもっと学び、楽しく活用しながら、iphone 、ipad 、そして、MACの3つを使いこなして、スティーブ・ジョブス氏の様に【驚異のプレゼン】ができる様になり、沢山の人を魅了し楽しませることができる様になりたいと熱望しております。
本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

* * * 姫路城の歴史(102) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * *

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第102回目は、姫路城の歴史 
     船場川をぶ~らぶら『町屋カフェ「しょうあん」』をお届けします。
「材木町」にはる町屋カフェ「しょうあん」は、明治時代に建築された「町屋」を
そのまま利用したカフェで、昔ながらの虫籠窓(むしこまど)から古い町並みを眺めながら、
珈琲やお茶、和菓子にケーキも楽しめ、昼時には15食限定のごはんセットも頂けます。

営業時間:10時~17時 定休日:月曜日・第1・3・5日曜日
問い合せ:町屋カフェ「しょうあん」電話079-297-0828
沢山の写真と案内が次のサイトにあります。どうぞご覧ください。
http://tenkomori588.blog88.fc2.com/blog-entry-9.html

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P65 から
     船場川をぶ~らぶら『町屋カフェ「しょうあん」』
を紹介させて頂きました。

藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

"Laughter Yoga(笑いのヨガ)" & 姫路城の歴史(101)

 二か月前の6月にベトナムのハノイに言ってきました。その時に利用した航空会社 ベトナム航空の機内紙に"Laughter Yoga(笑いのヨガ)" という取材記事が載っていました。
 これまでに中国に何度か旅行をしたことがありますが、朝早く街に繰り出すと、どこの公園でも、太極拳や色々な体操や、そしてバトミントやランニングなどを楽しむ本当に沢山の人達で溢れている事に驚きます。
 この早朝の公園の風景は、初めて訪れたベトナムでもまったく同じでした。
私の宿泊したホテルの近くには周囲2kmの湖を包み込む様な大きな公園があり、そこでも本当にたくさんの人達が気ままに走ったり、大きなグループをいくつも作り太極拳をしたり、エアロビクスなどに興じていました。

 機内紙の"Laughter Yoga(笑いのヨガ)"という記事は、ベトナムはハノイ市のLy Thai To Garden公園というところで行われている"笑いのヨガ"の取材記事でしたが、その数枚のページをやぶいて持ち帰ってきていますので、今日は私の拙い英語でその英文を翻訳しながら "Laughter Yoga(笑いのヨガ)"について学び直し、『笑い』の持つ大きな威力について皆さんにご紹介させて頂きたいと思います。

"Laughter Yoga(笑いのヨガ)" 

 私が初めてこのあたりを歩いていたら、気が狂った様に一群の人達を発見し、強い好奇心に駆られました。

『“笑いのヨガ”は最高の薬になる。』

 毎朝6時位になると、ハノイ市の中央にあるリタイトガーデン公園のかたわらで、一群の人達が腹を抱えて笑い転げ、通りゆく全ての人が強い関心を寄せています。
その一群の人達は、“笑いのヨガ”をしているのです。 伝統的なヨガの様に“笑いのヨガ”の起源は、インドであり、マダン・カタリア博士によって創設されました。ベトナムに“笑いのヨガ”が公式に紹介されたのは2007年のことです。
ベトナムでは、約2万人程の人達が、“笑いのヨガ”をしていると思われます。

 この“笑いのヨガ”という実践の概念は、科学的な実証に基づいています。
“笑いのヨガ”には、無理やり笑ったり、見せかけの笑いもありますが、しかし、私達の体は、嘘の笑いか、本物の笑いかの判別は、出来ないようです。どちらにしても笑い転げる事は、身体的にも精神的にもとても良いという事を経験出来ます。

 “笑いのヨガ”の実践者の殆どの人がこの“笑いのヨガ”の実践で、より幸せになりそして、健康になると感じています。“笑いのヨガ”のコーチのソンさんは、次の様に言われています。

「“笑いのヨガ”は何時でもどこでもできます。ただ唯一、3人から5人位の小さなグループになって実践する必要があります。実際やってみるとお互いに 湧き上がる喜びを感じます。特に早朝の“笑いのヨガ”は、一日の幸福と沢山の活力を得ることになるでしょう。」

 伝統的なヨガの呼吸法である腹式呼吸により体と脳に沢山の酸素を取り込むことができます。そして、見せかけの笑いだったのが実践を通して徐々に真の笑いに変わって行きます。

 ハノイのクイ女史は次の様に言っています。

「私はこの“笑いのヨガ”を、最初は友達に誘われてどちらかと言うといやいややっていましたが、もう1年以上たってなれてくると、本当に楽しくなってきてすごく気持ち良くやれるようになりました。私だけでなく他の人達も精神的に気持ち良く感じていると確信しています。私は、今50歳になりますが、この“笑いのヨガ”をやるだけで10歳は若返ったと感じています。」 

 “笑いのヨガ”はベトナムの大都市でどんどん流行り出しています。今日、43の大学において、大学生の情緒や精神を強くする為に“笑いのヨガ”がカリキュラムの一つとして行われています。

 ハノイ市のLy Thai To Garden公園で“笑いのヨガ”を実践する数少ない男性の一人であるクワン・ダン氏も次の様に言われています。
「私が初めてこのあたりを歩いていたら、気が狂った様に一群の人達を発見し、  強い好奇心に駆られ一緒に参加してしまいました。そして、この“笑いのヨガ”の虜になってしまったのです。“笑いのヨガ”を習慣的に行う様になって、私の血糖値は、以前と比べるとかなり下がりましたし、血圧も凄く良くなったのです。

 “笑いのヨガ”は、実際に特に年配の方々に本当にやってもらいたいですね。
 たった今、今日から直ぐに始められるだけではなく、“笑いのヨガ”は沢山の人達との出会いと会話の機会も与えてくれます。ただ雨の日は、ここに来られず、私はとても寂しくなります。」

 ベトナム地域の全ての“笑いのヨガ”は、自由であり、少なくとも一人の指導員がいれば、全ての人に“笑いの真価”を伝えることができるのです。
 全世界でこの“笑いのヨガ”が一つの現象となって来ています。色々な研究が、“笑いのヨガ”によりストレス性のホルモン障害を低減することが証明されています。この“笑いのヨガ”は、癌患者の治療にも応用されたり、囚人のケアにも取り入れられているのです。

以上、一生懸命英文を和訳してみました。

“笑い真価”が皆様に伝われたと願い締め括らせ頂きます。
本日も最後までお読み頂き有り難うございます。

* * * 姫路城の歴史(101) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * *

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第101回目は、姫路城の歴史
       船場川をぶ~らぶら 『 町屋の残る「小利木町」 』をお届けします。
 船場川沿いにある「小利木町(こりきまち)」は、太平洋戦争で罹災しなかったため、
今も城下町の風情が残っています。この町は船場川の改修工事の後に町場となり、
当初は「舟入新町」と呼ばれていました。その後、この町の南に材木商が集められ
「材木町」が生れます。「小利木町」の「こりき」とは、木の端切れのことで、
隣の「材木町」で出た「端切れ」を、薪など小切りする問屋があったために、この町名
となったと伝わります。

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P64 から
  船場川をぶ~らぶら『 町屋の残る「小利木町」 を紹介させて頂きました。

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

“自分たれ”の言葉が心に & 姫路城の歴史(100)

 今日の、このおたまはん日和は、人間学を学ぶ月刊誌 致知8月号 から、日本のフレンチレストランの最高峰「コート・ドール」のオーナーシェフ 斉須政雄氏の話をご紹介させて頂きます。

 何故、先週に引き続き致知なのか、そして、フレンチの斉須シェフなのかと申しますと、多分約10年前位に、斉須氏が初めて著書を出された時に、夜にNHKラジオでお話をされていたのを偶然聞き、とても大きな力と勇気と信念とも言える感動を頂き、その時、私の心に刻み込まれて、今もその話の中でたった一つ記憶に残る言葉「自分たれ」を座右の言葉とさせて頂いているからです。

 と言いましても、フレンチシェフということだけで名前も全く覚えておらず、ただ、出版された著書のタイトルをおぼろげながらに覚えていただけで、8月号致知の著者紹介のなかで斉須氏の著書のタイトル「調理場という戦場」を見て、あっこの人だ!!と、とても懐かしく嬉しく斉須氏の話が思い出されたからです。

 8月号の致知での、斉須氏のお話は、連載・第22回 二十代をどう生きるか「夢は全力の向こう側にしかない」とう題名となっています。

 斉須氏は、小中学校のころは、勉強も出来ず、周りに流されがちな優柔不断で、常に自己嫌悪や挫折に苛まれる少年だったそうです。だから、同窓会では、友人から「本当にあの時の斉須か?」と怪訝そうに尋ねられるそうです。

 私の心に刻み込まれたたった一つの言葉「自分たれ」、普通にいうと「自分らしく」という事について、斉須氏は短い文章の中で次の様に強い言葉で表現されています。

『「夢は全力の向こう側にしかない」ということだ。全力を尽くさない人には夢に至らない。

  ここからずり落ちたら、もう後にはないという危機感の中で走り続けるからこそ、人は水準を超えることができる。安全圏にいたまま人並み以上のことをやろうとしても、それは無理な相談だ。』

「自分たれ」、「自分らしさ」とは一体何なのか?

その答えこそ、斉須氏の言葉「夢は全力の向こう側にしかない」の通り、

何かを求めて全力で走っている姿こそ、「自分たれ」であり、「自分らしく活きる」という事なのだと改めて教えて頂きました。

 安全圏でボーとしている人間に、「自分らしさ」は、ないと強く戒め・反省し、改めて「自分たれ」の言葉の焼き印を心に押し直そうと思います。

本日も、最後までお読み頂き有り難うございます。

 

 

 

* * * 姫路城の歴史(100) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * *

 

姫路円卓会議発行の姫路ぶらぶらから姫路城にまつわる歴史を紹介しています。

100回目は、姫路城の歴史 『 高瀬舟が行き来した「船場川」』をお届けします。

 姫路城の西を流れる「船場川」は、太古には「市川」の本流でしたが、中世になると

その流れは細くなり「妹背川(いもせがわ)」と呼ばれる小川となっていました。

この妹背川を浚渫(しゅんせつ)し、姫路城の外濠としたのは、おそらく池田輝政で、その頃には今より水かさも多かったはずです。

 この川が「船場川」と呼ばれるのは、1624(寛永元)に21代城主・本多忠政がこの川を改修し、城下と姫路の外港である「飾磨津」の間に水運を開いてからのことで、「材木町」

や「小利木町」、「博労町」といった町は、この時に開かれた町だそうです。

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック姫路ぶらぶら P64 から
               『 高瀬舟が行き来した「船場川」』を紹介させて頂きました。

 

 

藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »