« コマツの「KOMTARX」の強さに学ぶ & 姫路城の歴史(119) | トップページ | 第41回たつの市 梅と潮の香マラソン & 姫路城の歴史(121) »

2013年1月21日 (月)

“海賊とよばれた男” & 姫路城の歴史(120)

 久しぶりに小説を読みました。素晴らしい小説です。ページをめくる度に感動で涙が溢れてくる様なそんな小説です。
 SMBCの元頭取の西川氏が「歴史経済小説の最高傑作」と言われている通りの本です。
 題名は『海賊とよばれた男』で、出光興産の創業者 出光佐三(さぞう)の波乱万丈の人生を描いています。
 

 「 国家のため、日本人のために尽くしたいという思いだった。
  戦争で灰燼(かいじん)に帰したこの日本を、今一度、立ち直らせる、
  そして自信を失った日本人の心に、もう一度輝く火を灯すのだ。
  そのためなら、この老骨が砕け散ろうとかまわない。」

 この言葉は小説の中で、終戦後の昭和22年、出光佐三氏が62歳の時に語っている言葉ですが、彼の壮大な人生を正に言い表していると思います。
 また、この小説で、著者百田尚樹氏の歴史観を通して、近代史を学ぶ事が出来ました。日本が何故大東亜戦争で負けたのか。その大きな理由は我が国が明治維新から大きな発展を遂げ、例えば世界3位の海軍力を持つに至った事への驕りと、そして、文明を動かすエネルギーである石油に対する政策の甘さ、いやその欠如がもたらしたものであると私は感じました。
 

 
 出光佐三氏の話に戻りますが、佐三氏は八人の兄弟で、小さい頃から父親に

 「一生懸命に働くこと」「質素であること」「人のために尽くすこと」

と厳しく叩き込まれていたそうです。だから佐三氏は「勤勉」「質素」「人のために尽くす」という三つの柱を貫いた人だと言われています。
 そして、自分にも、人にもとてつもなく厳しい人であった様ですが、人を大切にして、人を愛し尽くした人であるということを、この小説のページをめくる度に感じました。
 
 それは、佐三氏が創業以来掲げてきた次の五つの社是に現われています。

 「社員は家族」「非上場」「出勤簿不要」「定年制度は不要」「組合は不要」

 小説の中に書かれている話ですが、佐三氏は89歳の時にフランスの大文学者であり、大臣も歴任したアンドレ・マルローとの対談を行い、その対談の中で、この5つの社是について、なぜ出光はこの社是を貫き通せて、他の会社でできないのか、という質問に対して
「社員に対する信頼がないからです。」と答え、
また、マルローのその考え方は国家にも当てはまるかどうかと訊ねられると、
「あらゆることにあてはまります。」
そう答えた後で佐三氏は、次の言葉を述べられています。
「私は、人間を信頼するという考え方を広めていくことこそ、
 日本人の世界的使命と言っています。」

 
出光興産のHPに出光佐三氏の言葉が紹介されています。
・日本人にかえれ
・黄金の奴隷たる勿れ
・みずから顧みて尊い人になれ
・いかなる場合でも相手に対して愛情をもってほしい
・士魂商才
・努めて難関を歩め

 
一つの言葉にそれぞれ出光佐三氏の御話もありますのでどうぞ覗いて
みてください。
http://www.idemitsu.co.jp/100year/idemitsu_sazou/

 

 
昭和56年3月7日に出光佐三氏が95歳で亡くなられた時に、天皇陛下が
次の歌を読まれています。
「出光佐三逝く 三月七日 国のため ひとよつらぬき 尽くしたる 
 きみまた去りぬ さびしと思う」 
 
 
 素晴らし小説と出逢え、そして、偉大なる師に邂逅できた無上の喜び
にひたり、本日この“海賊とよばれた男”を紹介させて頂きました。

 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 

 
* * * * 姫路城の歴史(120) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * * 
 
姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第120回目は、姫路城の歴史『 姫路名物「かりんとう」 』をお届けします。
 
 姫路の「うまいもん」の一つに播州駄菓子「かりんとう」があります。
これは姫路藩酒井家の名家老・河合道臣(みちおみ)(寸翁)が地場産業育成の
ために藩士に油菓子製造技術を習得させ、それが広まったものと伝えら
れます。戦前、船場本徳寺界隈には、たくさんの駄菓子屋が軒を連ねて
いましたが、今は二軒を残すのみです。
 
問い合せ:「金岡製菓」姫路市博労町88 電話079-292-3464
     「二葉製菓」姫路市博労町64 電話079-292-3088

 
 
以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P73 から
         『 姫路名物「かりんとう」 』を紹介させて頂きました。
 
 
*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組
              ~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

|

« コマツの「KOMTARX」の強さに学ぶ & 姫路城の歴史(119) | トップページ | 第41回たつの市 梅と潮の香マラソン & 姫路城の歴史(121) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。