« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

第41回たつの市 梅と潮の香マラソン & 姫路城の歴史(121)

 平成25年1月27日(日)に開催された 第41回たつの市 梅と潮の香マラソンのハーフマラソンの部に参加して来ました。今年最初のマラソン大会です。
 タイムは1時間38分39秒と昨年より少し遅いタイムです。

今迄あまり気にもしていませんでしたが、この大会は41回目であり、歴史の長さに感心させられます。マラソンのコースは、美しい瀬戸内の海岸線を走り、また大きく有名な綾部山梅林があり、大会名の通り自然豊かな素晴らしい景色を楽しめます。
 昨年の記録を見て面白いと感じたのは、ゼッケンナンバーで昨年が707番、今年が909番でした。

 今年のマラソン大会の参加予定(希望)は、2月に東京(フル)、4月にさつき(ハーフ)、5月に山口萩往還ウルトラ(250km)、8月に神鍋(ハーフ)、9月に丹後ウルトラ(100km)、10月に大阪(フル)と11月に神戸(フル)ですが、益々加熱するマラソンブームで、大阪も神戸も両大会とも競争率の高い抽選に通らねば参加できません。抽選に通ると信じ既に手帳に
予定を書き込んでいます。

 
 何故走るのか? そして、マラソン大会に参加するか?
もちろん健康維持・増進の為です。そして、私は早朝に走ることが好きです。特に早朝は大気にエネルギーが漲り、そのエネルギー・活力を思いっきり吸収する事を強く意識して走っています。

 
 これまであまりスピードを気にせずゆっくり走って来ましたが、それでも何度か足の故障を起こし走れなくなる時がありました。故障を起こしにくくする為には、美しく正しいフォームで走ることが大切であると言われています。

 

 その美しく正しいフォームと言うものが如何なるものなのか簡単に、ランニングバイブルという、リディアード氏の本を読み返してみようと思います。

 

 先ずリラックスすること、特に上体のリラックスに集中する。その上で、頭を高い位置に保ち、腰を前に前に運ぶ。これでスライドは無理なく自然に伸びてくる。

 私は頭のてっぺんの髪を掴み体を持ち上げる様な感覚で頭を高くし上体をリラックスさせています。普通に歩く時のこの感覚が良い様です。
 また、エネルギーの無駄遣いをしないよう、腕は低めに振ること。腕を高く抱え込んで走るとそれだけ上体は硬くなり、胴体を左右に振りやすくなる。横振れすると、足の動きが悪くなり、重心がスムーズに移動出来ず、自分の重心を進行方向にまっすぐ移動できなくなる。濡れた砂の上を走るとバランスのとれたフォームで走っていれば、その足跡は一本線かそれに近いものになっている筈である。とリディアード氏は説明をしています。

 
 これからも走ることで体を鍛え体調を整え、早朝のランニングで活力を吸収し、朝を活かす。私にとって早朝ランニングは、快適なリズミカルな毎日を送くる基本です。

 

 安岡正篤先生の一日一言という本(致知出版社)に、、「朝こそすべて」という言葉があります。
『朝こそすべて。・・・活きた時間は朝だけ、換言すれば、本当の朝をもた
 なければ一日無意義だということだ。朝を活かすことから人生は始まる。』

 

本当の朝をもち、朝を活かす毎日を送りたい。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

* * * * 姫路城の歴史(121) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * *

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第121回目は、姫路城の歴史『 付け替えられた「船場川」 』をお届けします。
 現在の「船場川」は南へ一直線に流れていますが、江戸時代は姫路城の外濠に沿って、ジグザグに東へ向かい、現在の「地蔵筋」から南に向かって流れていました。
しかし、1958年(昭和33)から始まった船場川埋立整備事業によって、この流路は埋め立てられてしまい、今は旧流路の中堤にあった「中島地蔵尊」だけが、その存在を今に伝えています。

 

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P74 から
            『 付け替えられた「船場川」 』を紹介させて頂きました。

 

*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

“海賊とよばれた男” & 姫路城の歴史(120)

 久しぶりに小説を読みました。素晴らしい小説です。ページをめくる度に感動で涙が溢れてくる様なそんな小説です。
 SMBCの元頭取の西川氏が「歴史経済小説の最高傑作」と言われている通りの本です。
 題名は『海賊とよばれた男』で、出光興産の創業者 出光佐三(さぞう)の波乱万丈の人生を描いています。
 

 「 国家のため、日本人のために尽くしたいという思いだった。
  戦争で灰燼(かいじん)に帰したこの日本を、今一度、立ち直らせる、
  そして自信を失った日本人の心に、もう一度輝く火を灯すのだ。
  そのためなら、この老骨が砕け散ろうとかまわない。」

 この言葉は小説の中で、終戦後の昭和22年、出光佐三氏が62歳の時に語っている言葉ですが、彼の壮大な人生を正に言い表していると思います。
 また、この小説で、著者百田尚樹氏の歴史観を通して、近代史を学ぶ事が出来ました。日本が何故大東亜戦争で負けたのか。その大きな理由は我が国が明治維新から大きな発展を遂げ、例えば世界3位の海軍力を持つに至った事への驕りと、そして、文明を動かすエネルギーである石油に対する政策の甘さ、いやその欠如がもたらしたものであると私は感じました。
 

 
 出光佐三氏の話に戻りますが、佐三氏は八人の兄弟で、小さい頃から父親に

 「一生懸命に働くこと」「質素であること」「人のために尽くすこと」

と厳しく叩き込まれていたそうです。だから佐三氏は「勤勉」「質素」「人のために尽くす」という三つの柱を貫いた人だと言われています。
 そして、自分にも、人にもとてつもなく厳しい人であった様ですが、人を大切にして、人を愛し尽くした人であるということを、この小説のページをめくる度に感じました。
 
 それは、佐三氏が創業以来掲げてきた次の五つの社是に現われています。

 「社員は家族」「非上場」「出勤簿不要」「定年制度は不要」「組合は不要」

 小説の中に書かれている話ですが、佐三氏は89歳の時にフランスの大文学者であり、大臣も歴任したアンドレ・マルローとの対談を行い、その対談の中で、この5つの社是について、なぜ出光はこの社是を貫き通せて、他の会社でできないのか、という質問に対して
「社員に対する信頼がないからです。」と答え、
また、マルローのその考え方は国家にも当てはまるかどうかと訊ねられると、
「あらゆることにあてはまります。」
そう答えた後で佐三氏は、次の言葉を述べられています。
「私は、人間を信頼するという考え方を広めていくことこそ、
 日本人の世界的使命と言っています。」

 
出光興産のHPに出光佐三氏の言葉が紹介されています。
・日本人にかえれ
・黄金の奴隷たる勿れ
・みずから顧みて尊い人になれ
・いかなる場合でも相手に対して愛情をもってほしい
・士魂商才
・努めて難関を歩め

 
一つの言葉にそれぞれ出光佐三氏の御話もありますのでどうぞ覗いて
みてください。
http://www.idemitsu.co.jp/100year/idemitsu_sazou/

 

 
昭和56年3月7日に出光佐三氏が95歳で亡くなられた時に、天皇陛下が
次の歌を読まれています。
「出光佐三逝く 三月七日 国のため ひとよつらぬき 尽くしたる 
 きみまた去りぬ さびしと思う」 
 
 
 素晴らし小説と出逢え、そして、偉大なる師に邂逅できた無上の喜び
にひたり、本日この“海賊とよばれた男”を紹介させて頂きました。

 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 

 
* * * * 姫路城の歴史(120) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * * 
 
姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
第120回目は、姫路城の歴史『 姫路名物「かりんとう」 』をお届けします。
 
 姫路の「うまいもん」の一つに播州駄菓子「かりんとう」があります。
これは姫路藩酒井家の名家老・河合道臣(みちおみ)(寸翁)が地場産業育成の
ために藩士に油菓子製造技術を習得させ、それが広まったものと伝えら
れます。戦前、船場本徳寺界隈には、たくさんの駄菓子屋が軒を連ねて
いましたが、今は二軒を残すのみです。
 
問い合せ:「金岡製菓」姫路市博労町88 電話079-292-3464
     「二葉製菓」姫路市博労町64 電話079-292-3088

 
 
以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P73 から
         『 姫路名物「かりんとう」 』を紹介させて頂きました。
 
 
*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組
              ~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

コマツの「KOMTARX」の強さに学ぶ & 姫路城の歴史(119)

 新年明けましておめでとうございます。本年も“たまごはん日和”を一生懸命、楽しく綴って参りますのでどうぞ宜しくお願い致します。
 
 さて、皆さまは、コマツの重機に「KOMTRAX」(コムトラックス)というセンサーが組み込まれていて、GPSや通信システムでつながっているのをご存知でしょうか。

 私の先輩にコマツの機械部品を作る会社の経営者がおられ、二、三か月前に次の様なことを言われていました。

「藤橋君、コマツの重機の中にセンサーが入ってるん知ってるか?
 実は、コマツが世界に販売した重機の動きを、そのセンサーですべて見ることが
 できるんや。 そして、今その動きは活発になりだしているらしいわ。特に中国がえ
 えらしいな。 景気が良くなる兆しが出てきた ちゅーことやな。」

 その話を聞いた時、重機の動きで、景気の動向が解るんとは、コマツという会社とそのセンサーって凄いんやなと強く感じ記憶に残っていました。

それが、昨年12月に、私の愛読する、武沢信行先生の発行されている 経営者用メールマガジン『がんばれ社長!今日のポイント』の12月18日号 VOL..3018にコマツ(建機)のそのセンサーである「KOMTRAX」の事が詳しく紹介されていて、さらにその「KOMTRAX」の凄さに感動してしまいました。

 私は、この武沢先生のメルマガで幾度も、そして毎日の様に啓発され、これまで大きな刺激を頂き、大いなる教えを頂いてきました。私の推薦するメルマガです。是非、講読をお勧めします。

経営者用メルマガ 『がんばれ社長!今日のポイント』 http://www.e-comon.co.jp/
 さて、そのコマツの「KOMTRAX」ですが、センサーでその動きが解るだけでなく、メンテの管理や色々なサービスを提供する事で、コマツの重機の販売を確たるものとしているというものです。

 それでは、『頑張れ社長』のメルマガのコマツの「KOMTRAX」をここでそのまま紹介させて頂き、その「KOMTRAX」の凄さを実感し感動して頂きましょう。
そして、私も再読し、会社経営の大いなる“ヒント”を感じ取り、活かしていきたいという想いをさらに強めてたいと思います。

●IT と建機が組み合わさるとどんな事が可能になるか。

iPhone や iPad をどこかへ置き忘れたり盗難にあっても、電源さえ入れば場所がすぐに分かる。GPS を許可している国であれば世界中どこでも居場所が判明するのだ。それは端末の中に入っている小さなセンサーがGPS(全地球測位システム)とつながっているからである。

●iPhone 探しと同じことが建機でもできる。
コマツが 90年代から開発に取り組み、2000年からサービスを開始した「KOMTRAX」も、もともとは盗難防止用のシステムだった。
だがそこから派生してあらゆるすごい事ができるようになってきた。
その結果、いまでは「KOMTRAX」を利用したいためにコマツ製品を指名買いする顧客が増えてきたという。

 

 

でどんなことが可能になるか。

 

・ニューヨークやインドネシアで動いている建機の稼働状況を東京の本社で確認できる
 
・夜中に時速 40キロで移動していたら、すなわち盗難を意味する。
 なぜなら建機はそんなにスピードが出ない。そんな時には、いち早く警察に通報し港
 に先回りしてもらって逮捕する。その結果、コマツ製品の盗難率は下がり、建機の保
 険料も下がった。

・外国の顧客のなかには代金を支払わない企業や個人が多い。そこで、「KOMTRAX」
 にエンジンを停止するシステムを導入し、遠隔操作によってエンジンがかからないよ
  うにした。その結果、代金未回収事故が減った。

・機械にトラブルがあるとすぐにその情報がコマツの集中管理室にいるスタッフに分か
 る。
 ユーザーは故障の連絡をコマツにする必要がない。コマツの「KOMTRAX」では、ユー
 ザーの建機だけでなく、自社のサービスカーの巡回状況も把握しているので、最寄り
 のサービスカーに故障情報を伝え、すみやかに必要部品を現場に届ける。

・故障する一日前に予防。故障の前ぶれになる予兆をつかむことで、故障前にサービ
 ススタッフが駆けつけることもできる。たとえば、エンジン水温の上昇は重要な故障シ
 グナルだが、そうした保全のための情報も「KOMTRAX」で分かるようにしている。
 その結果、コマツの純正部品が定価に近い価格で買ってもらえるようになり、それで
 も ユーザーはコストダウンできる。
 もし純正部品が外されて他社製の部品が取り付けられたら、それも「KOMTRAX」で
 分かる。
 コマツは純正部品の年商が約 3,000億円あるが、その利益率は高い。

・世界中でどの機械がどの程度稼働しているかを把握することにより、今後の需要予
 測も 分かるようになった。景気の変動は建機の稼働率に反映するからである。それ
 を今後の生産計画や経営計画に反映させられるようになった。

・ライバル企業も同様のシステムを開発している。しかし、それらは有償であったり、情
 報がコマツほど詳細ではないことなどから、他社製の機械に「KOMTRAX」を付けてほ
 しいといわれるほど。だが他社製品には「KOMTRAX」を搭載しない方針を貫いている。

 

★コマツの「KOMTRAX」
 → http://www.komatsu-kenki.co.jp/service/product/komtrax/

 

●コマツはかつて、トヨタの戦略を参考にしたという。もの作りだけでなく販売力を高めるための戦略として、ファイナンス、中古、レンタル、サポートなどに力を入れた。

その後、2008年からはブランドマネジメントのあり方を変えた。それは、一般消費者にコマツの名前を覚えてもらうことではなく、ユーザーが「コマツでないと困る度合いを高めること」
に戦略をシフトした。
その基盤が「KOMTRAX」である。

●こうした15年、20年の格闘の上に今日のコマツがある。車と IT の関係に力を入れるトヨタが今度はコマツから学ぶことになるかもしれない。コマツにせよ、北条建機にせよ、規模こそ違えども建機の製造販売というビジネスモデルは同じである。
だが、10年後も 20年後も、いまと同じビジネスモデルである可能性は高くない。ハードウエア作りに妙味がなくなり IBM がパソコン作りをやめたようにコマツや北条が建機作りをやめないとは限らない。どうなるかは分からないが、そうした選択肢が選べるような状況になっていることが重要なのである。

 

 

さて、如何だったでしょうか。
この「KOMRAX」に学び、技術開発や、ビジネスモデルの中のシステムとしなど、この世に感動するサービスの提供が出来る企業を作りたいと強く強く感じ、何かワクワクして来ますね。

 
長い文章を最後まで御読み頂き有難うございます。

 

 

* * * 姫路城の歴史(119) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * *

 

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。

第119回目は、姫路城の歴史『ちょっと寄り道「姫路船場別院本徳寺」』をお届けします。

「備前門跡」から少し西に行ったところにある「船場本徳寺」は、本多忠政が21代姫路城主となったのを機に、真宗大谷派の再興を願い、1618年(元和4)に建立された寺院で、1663年(寛文3)には東本願寺から「別院」の称号を受けられた名刹です。本徳寺の境内には、1718年(享保3)に落慶された17間四面の本堂を始め、表門・鐘楼・大玄関の4棟があり、その4棟すべてが市指定文化財に指定されています。また本堂の裏には、1885年(明治18)に明治天皇が姫路に行幸(みゆき)された際にご宿泊された「行在所」や、西南戦争没者の碑、「甲子(かっし)の獄」で命を落とした姫路藩の勤王志士の墓、第一次大戦時のドイツ兵捕虜が造ったといわれる城の模型等が、ひっそりと佇んでいます。

 
以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P73 から
       『ちょっと寄り道「姫路船場別院本徳寺」』 を紹介させて頂きました。

 

*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »