« “ バレーボール全日本女子 眞鍋監督に学ぶ” & 姫路城の歴史(123) | トップページ | 第7回東京マラソン “Run with smile” »

2013年2月18日 (月)

“言葉の力を信じて活かす” & 姫路城の歴史(最終回 124)

 気温の低い日が続くものの、2月4日の立春を過ぎ確実に春に近づいています。

 
日一日と夜明けが早くなっていること、日差しの温もり、小鳥たちの鳴き声など、いろいろな微妙な変化を皆さまも感じておられる事と思います。
 先週の週末に45kmほど走り、昨日日曜日は、網干から苅谷の大きな大根畑、そして、新舞子の浜を抜け、七曲がりの、海岸線を室津まで34kmほど走って来ました。 今年初めての雲雀の姿を見たり、可愛い目白の群れが何度もすぐそばを楽しく戯れ遊ぶようにやってきたりと、楽しく春を感じながらの気持ちのよいランニングになりました。

 さて、今日の標題に掲げた“言葉の力を信じて活かす”ということについて、簡単に、先週の私自身が実感した話を紹介させて頂きたと思います。

 

 先週の土曜日にある大きな会合が開かれ、夕方から懇親会がもようされました。
その時、隣に座られていた大先輩から「藤橋君、元気やな!」と言われました。何度も何度も、「いや、ほんまに、藤橋君、いつも元気やな!!」と言って下さるのです。さらに、その大先輩の言葉に釣られて周りの方々も同じ様に、何度となく 「元気やな!」 と言われるので、私の受け事えとして、「元気だけが取り柄ですので・・・」と言いながら、何度も言われるうちに、自分が元気であることに大いなる喜びを覚え、さらに強い気持ちで元気でいようと思いました。

 
 そして、こうして先輩諸氏が励まして下さることに対して、もっと謙虚になって、自己の健康管理に励みたいと感じました。
 人様から、積極的な明るい言葉をかけて頂くと、大きな活きるエネルギーになるのだと実感した次第です。また、その懇親会の後に、立ち飲み屋へ寄った時も他の先輩から、「藤橋君は、なんでいつもそんな笑顔でたのしそうなん?」という言葉を楽しそうに言って頂き、笑顔の大切さも改めて強く感じました。

 
 もし、体調が悪そうな方や、元気のない方を見た時にも、決して消極的な言葉を掛けずに、「今日は昨日よりだいぶ顔色が良くなったね。」とか、「今日は、こないだよりも声に力があるね。」など、その人の良いところを見つけ、積極的で、明るく、元気が出る様な言葉を掛けるように努めたいものです。
 本当はとても元気な人にも、周りから皆で、顔色が悪いなどの消極的な言葉を何度も言われると、その元気な人でも、病気になってしまうということが、とある本に書かれていました。

 エネルギーには、それ自身、プラスもマイナスもなく、そのエネルギーを如何にプラスに作用させるかだけであるという言葉を思い出しています。
以上、本日の“言葉の力を信じて活かす”と言う事について私の感じたことを簡単にまとめさせて頂きました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 
* * * * 姫路城の歴史(124) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * *

姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
最終回 第124回目は、姫路城の歴史
     『 姫路駅までぶ~らぶら 忍者が暮らした「忍町」 』をお届けします。
 今回が124回の連載の最終回となります。これまで紹介させて頂きました、『お金のいらへんお城めぐり HIMEJI姫路ぶらぶら』ガイドブックは、姫路円卓会議 から発行されているもので、文章を書き、写真を撮られているのが、姫路市本町のハガフォトスタジオの芳賀一也さんです。

 芳賀さんは、姫路城郭センターや図書館などなど、姫路と姫路城の歴史を徹底的に調べ上げ、このガイドブックを編纂されました。ご本人曰く、まだまだ内容を充実させたいそうで、改訂版の発行をされるかもしれないと先日言われていました。
また改訂版が出ましたら、ご紹介させて頂きますので、楽しみにお待ちください。
では、最終回です。 どうぞお読みください。

 現在の「十二所神社」の南は、「忍町(しのぶまち)」と言い、1648年(慶安元)、姫路に入府してきた27代城主・松平直矩(なおのり)が、この地にあった薬師寺を移してその跡を侍屋敷とし、ここに「忍びの者」を置いたのが町名の由来だと伝わります。
 この通りを東に向かうと「飾磨街道」に突き当たり、この右手前が、最初にご紹介した「飾磨津門」跡となり、「姫路ぶらぶら」はひとまず終了、姫路駅はすぐそこです。

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P75 から
『 姫路駅までぶ~らぶら 忍者が暮らした「忍町」 』
              を紹介させて頂きました。

*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

|

« “ バレーボール全日本女子 眞鍋監督に学ぶ” & 姫路城の歴史(123) | トップページ | 第7回東京マラソン “Run with smile” »

コメント

東京マラソン走られるんですねテニス仲間のひとまわり下の男性がやはり走るそうです。
いい記録が出ますように
昔の藤橋君の笑顔もかなり印象に残ってます

投稿: おけい | 2013年2月20日 (水) 00時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« “ バレーボール全日本女子 眞鍋監督に学ぶ” & 姫路城の歴史(123) | トップページ | 第7回東京マラソン “Run with smile” »