« 第41回たつの市 梅と潮の香マラソン & 姫路城の歴史(121) | トップページ | “ バレーボール全日本女子 眞鍋監督に学ぶ” & 姫路城の歴史(123) »

2013年2月 4日 (月)

“心とは何か”致知2月号より & 姫路城の歴史(122)

 人間学を学ぶ月刊誌「致知」2月号の特集のテーマは『修身』です。

その2月号の中の、森信三先生の愛弟子寺田一清氏と臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺氏の「人のために尽くす願いをもって修行する」と題する対談を読みました。心に染みる言葉に溢れています。ここで御二人の対談をもう一度読み返し、幾つかのお話を紹介させて頂きながら、その心に染みる言葉を堪能し直してみようと思います。

 横田管長は、10歳の時、既に目黒絶海老師と云う方を通じて禅の手ほどきを受けられ、その後も、松原泰道先生や坂村真民先生など、素晴らしい師と邂逅されて身をおさめて来られた方です。

 
 
 今日の標題に掲げた“心とは何か”“心の本性はなんであるか”と言う事について、横田管長は次の様に御話をされています。
 「 ・・・ですから私たちは、何か辛い目に遭うと心やいのちが汚れてしまったかのように
  思い込んでしまうけれども、どんなことがあっても何ものにも染まるものではなく、いつ
  も素晴らしく、そして輝いているのです。
   そういう心やいのちの本質に気づけばよい。その本質を見たものが仏なんだと私ど
  もは学んでおります。」
 
 横田管長が中学生の時、ラジオで松原泰道先生のラジオ講義を聞いて、その御話に引き込まれ、松原先生に会いたいという気持ちに駆られ手紙を書いて会いに行かれました。そして、厚かましくも(ご本人談)「仏教の教えを一言で言い表す言葉をかいてください。」
とお願いをされます。
 

 
 泰道先生は、嫌な顔もせずに次の言葉を書かれました。
 
 「 花が咲いている/精いっぱい咲いている/私たちも/精いっぱい生きよう」

 横田管長の御言葉を次に紹介させて頂きます。
 「 修行した成果というのは、どれだけ慈悲の心、人のことを思いやる心が深くなれる
  か、目指すところはそこだと思うのです。」

 「 商売も同じで、自分の儲けばかり追求する人は大した商売人ではないし、
  すぐにうまい話に引っかかったりします。禅では魔境に落ちると言いますが、
  その程度のことだと私は思います。しかし、他人様のお役に立ちたい、世の
  中のために何か尽くしたいと思って商いする人は、大きな仕事ができます。」

 「 ・・・ですから人様にお話をする時にはいつも、先ず手を合わせて感謝をしましょう。
  先ず生れたことの不思議に手を合わせましょう。いま生きていることに感謝しましょ
  う。そして、いまこしてこの場に巡り会ったことに手を合わせましょう。後の話は付け
  足しですから、忘れてしまって結構ですと」

 

 横田管長のお話は、いま私たちが生きていること、そして、人様とのご縁の尊さについて、普段気づかずに過ごしてしまっていることを教えて下さいます。
 横田管長様は、ある日の法話よりとして「いろはにほへと」という著書を出されています。早速アマゾンで注文したら本日届きました。

その本の最後に坂村真民先生の「不思議」という詩が紹介されています。
 本日はその坂村真民先生の 「不思議」 という詩を紹介させて頂き締め括らせて頂きます。最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
 
不思議
生れたことの不思議
生きている事の不思議
両手を合わせる
 
    坂村真民詩集 第七巻より
 
 
 
 
* * * * 姫路城の歴史(122) 姫路ぶらばらから原文のまま紹介 * * * *
 
姫路円卓会議発行の“姫路ぶらぶら”から姫路城にまつわる歴史を紹介しています。
 
第122回目は、姫路城の歴史『 十二所神社とお菊神社 』をお届けします。
 船場川の旧流路に沿って歩くと、左手に「十二所神社」が見えてきます。
戦前の「十二所神社」は今より少し北にあり、社地ももっと広かったのですが、戦後の復興土地区画整理事業で現在に移り、社地も随分小さくなりました。
 そもそも「十二所神社」は、928年(延長2)に創建された古社で、元々この社があった「南畝(のうねん)の森」に、一夜のうちに長さ二丈余もある蓬葉(よもぎ)
が十二茎も生えたことから「十二所神社」と呼ばれるようになり、どんな病気でも必ず伝えられています。1175年(安元元)、「十二所神社」は姫山の裏鬼門に当たるこの地に遷り、池田輝政の築城以降は、姫路城の裏鬼門を守る神社として歴代城主の崇敬を集めました。
 また、境内には「播州皿屋敷」で有名なお菊さんを祀る「お菊神社」があり、女性や水商売、陶器に関わる人々の守護神として崇敬され、参拝する人はお皿に願いを認め、奉納します。
 

以上、姫路円卓会議発行のガイドブック“姫路ぶらぶら”の P74 から
          『 十二所神社とお菊神社 』 を紹介させて頂きました。
 

*藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
*たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
*姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”放映番組~いま、
                 輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

|

« 第41回たつの市 梅と潮の香マラソン & 姫路城の歴史(121) | トップページ | “ バレーボール全日本女子 眞鍋監督に学ぶ” & 姫路城の歴史(123) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。