« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月22日 (月)

第8回宍粟市さつきマラソン大会

 平成25年4月21日(日)に開催された宍粟市さつきマラソン大会に参加し、

ハーフマラソンを走ってきました。

山崎さつきマラソンからすると通算35回目の大会で、私も10回目の参加になり

ます。

 

 天候は、晴れ、時々雨、往路は強い向かい風でしたが、気温も高くならず、雨も

小雨で、良いコンディションでした。朝方迄降っていた雨の御陰で空気も澄み渡っ

ていました。

 

 この大会は、とても人気が高く、参加受付と同時に申し込みが殺到し、すぐに参

加申し込みが打ち切られるほどです。

 

 私は、5月に250kmのウルトラマラソン参加を控え、このさつきマラソンが、その

ウルトラの大会へ向けた最後のロングラントレーニングになります。

このさつきマラソンで21kmをせっかく走らせてもらったのだからと、宍粟市の大会

会場から自宅迄の約30km弱をトレーニングの為にと走って帰りました。

これは、昨年初めてトライしてみたことですが、大会参加で一生懸命走った後のラ

ンニングはとても良い訓練になります。

 
 このさつきマラソンの後も、ランニング仲間達が大きな楽しい宴会を開くので参加

したい気持ちもありましたが、しかし、5月のウルトラマラソンに向けてロングの練習

ができる最後の週末である為、欲望を抑え、トレーニングを優先させました。

 仕事も人生も、何かを達成しようと思えば、自分に与えられた好機を如何に活用

するか、また、我慢すべきことは我慢しなければならない、などと大げさに楽しく考

えながら、宍粟市から余部区下余部の自宅迄、途中ラーメン屋さんに寄り、ビール

も1本飲ませてもらいながら楽しいマラソンデーを過ごさせて頂きました。

 

因に、記録は 1時間34分11秒でした。
ストップウォッチのラップタイムをみると次の通りでした。

①最初の5km      23分46秒  1km当りの時間 4分45秒
②5km〜10km       24分48秒  1km当りの時間 4分57秒
③10km〜ラスト迄 45分35秒         1km当りの時間 4分 6秒
(その間の距離11.0975km)

 

 後半の下りでスピードを上げることが出来、これ迄の記録を約40秒更新し、宍粟

市さつきマラソンのベストタイムを出すことが出来ました。

目標は、1時間30分ブレイクです。

 我が社 藤橋家 からも若手の社員さんが、可愛い元気な奥様と一緒に楽しそう

に参加されていました。ご夫婦で見事完走され、来年もまた走られるとのメールを

頂きました。本来なら一緒に宴会に参加し、懇談出来ればと思いながら、トレーニ

ングに励み、汗を沢山かいた気持ちのよい一日でした。

 

以上です。最後迄お読み頂きありがとうございます。

 

藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“
たまごや”放映番組〜いま、輝いてます〜のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw
兵庫の社長tv藤橋家 
http://hyogo-president.net/fujihashiya

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

Golf54ビジョンから仕事術を学ぶ

 私の愛読するメールマガジン“がんばれ社長”の3月19日号でゴルフの面白い

上達法が書かれていました。

http://www.e-comon.co.jp/magazine_show_list.php 

その上達法が、『Golf54ビジョン』という、ゴルフ後進国スエーデンが、いかにして

世界に通用するゴルファーを育てる事が出来るのかを模索したどり着いた考え方

です。

 

その考え方とは次の通りです。

 

18ホールすべてバーディーを取れば、スコアは54。

このスコアを目標として、自分の限界を打ち破るために生まれたゴルフ上達メソ

ッドが54ビジョンだ。

これを実践すればあなたもベストスコア更新間違いなし。

 

 この本は、世界のアニカ・ソレンスタムを育てた、そして、宮里藍の先生である

ピア・ニールソン氏が書いています。

内容は、技術的な事や練習方法についても書かれていますが、精神面について

の話が多く、ゴルフだけでなく、日頃の生活の送り方や、仕事を進めて行く上で

大切な事が教えが沢山書かれています。

今日はその内容を振り返り、ゴルフの上達にも結びつけながら、仕事に対する心

構えをというものを勉強し直してみたいと思います。

 

 第一章の題名が“限界をつくっているのはあなたです”であります。

常日頃からの精神的態度の重要性を説き、常にポジティブシンカーであれと言っ

ています。

 先ず自分のことを好きになること。その為には、寝る前に良い事を3つ以上楽

しく思い出して自分を褒めてあげる事。

 そして、精神強化の為に、朝ベッドで目覚めたら爽快な気分になるために、楽

しい言葉を繰り返し唱えてみる事。

朝目覚めた時から既に、プレイランドが始まっているのだから。

 また、日々の計画の立て方についても触れています。

皆様もご存知の通り、私達はどうしても重要で緊急な事に振り回されて仕舞いが

ちですがで、将来のために何をなすべきか、それが最も重要であり、緊急でない

が将来の大切な事を最優先順位に考え行動する様にと指導されています。

 

 1ショットごとに“3つのプロセス”をきちんと実行するよう明快に説明されていま

す。これは、私達の仕事と置き換える事も出来ます。

3段階のプロセスは、“考える”、“決断する”、“実行する”であり“考える”は情報

の収集の時であり、その収集した情報により精神を研ぎ澄まして迷いを断ち決断

する。そして、行動の為には、その結果の強烈にイメージして、そのイメージを確

信にするという事です。

しかもこの“3つのプロセス”をリズムカルに行う事が大切であると説かれています。

 

 

あと、ビア・ニールソン氏の言葉を、簡単に箇条書きに紹介致します。

・さまざまな障害はあるもの、障害があるからこそ面白いと思おう。
・常に現状分析をして反省を行い、課題を見付てそれに見合った行動
 を取る。
・人生もゴルフも、困難はつきもの。その状況を楽しめる人と、楽し
 めない人とでは、スコアだって違ってくると思います。
・いつもスマイルで立ち向かっていくことを忘れないで下さい。
・自分のことで、自分をコーチ出来る様になるのが理想です。
 Be your own coach!!

 

 

 今日は、本当はゴルフの上達法も沢山上げようと思っていたのですが、精神

面の教授についてのみ振り返り、自らの仕事の進めた方に活かしたいことを再

度読み返してみました。

 

 

 ゴルフの上達を志しておられる方は、是非この本が大きな助けになると思います。

題名:『ピア・ニールソン  GOLF54 ビジョン』
    ゴルフダイジェスト社刊

 

をお勧め致します。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“
たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw
兵庫の社長tv藤橋家 
http://hyogo-president.net/fujihashiya

| | コメント (0)

2013年4月 8日 (月)

内観とは?

月刊誌致知3月号に、元ソフトバンクの小久保選手と作家神渡氏の対談があり、

この対談の話を通して、小久保選手の素晴らしさ、偉大さを知りました。野球人生

最後の試合・引退試合となるクライマックスシリーズで日本ハムに破れ、日本ハム

が優勝を決めた時、日本ハムの監督と選手達に、自分たちの優勝を喜び合うより

先に、小久保選手に花束を贈り、小久保選手の引退の花むけに胴上げをさせたそ

の小久保選手の生き方に感動の話して涙が溢れて来ました。

 
 また、小久保元選手は、弱い巨人に移籍した時、練習中に一人大きな声を出し

て練習に励み、周りを明るくし強い巨人に変えていきました。
 其の生き方とは、出来ない理由や言い訳を言いながら生きるのではなく、いま目

の前にあることこそが天職で、そこに百パーセント時間を使って取組まない限り、

その先の人生で花を咲かせることは出来ないという小久保元選手の『この一瞬に

生きる』という生き方です。

 この小久保元選手も大きな壁に打ち当たりながら、その壁を何度も乗り越えて

来られたそうです。その壁を乗り越えて来られたのが、本日の題名である『内観』

を通して自分自身と向き合うことが出来たからだと言われていました。

 『内観』とは如何なる物か少し説明は書かれていましたが、良く理解できず、感心

を持ち続けていたところ、これまた月刊誌致知4月号の致知随想P86に“「ありが

とう」の反対語”という題で、『内観』とは如何なるものか解り易いお話に出会うこと

ができました。

 

 この文章を書かれているのが、蓮華院誕生寺内観研究所所長の大山真弘氏で

す。『内観』とは如何なる物なのか、大山氏は、次の様に簡潔明瞭に説明をされて

います。

 

してもらったこと。
お返しをしたこと。
迷惑をかけたこと。

 

この三つの問いかけを通じて人生を振り返り、自分を深く見つめていくのが『内観』

であると。

 

 大山氏は、かつて商社に勤め大変活躍されていました。海外へ赴任する際、ご

両親は、お母様の大病を隠して見送ります。1年後お母様の危篤の知らを聞き急

遽帰国された時は、既にお母様は息を引き取られていました。そのお母様の死を

通じ、大山氏は『内観』をし、幼い頃まで遡り、お母様にしてもらったことや、迷惑を

かけた記憶を思い起こすと涙が止めでなく溢れて来たそうです。

大山氏は、『内観』について次の様に説明を続けられています。

 

「一週間も内観を続けると、それまで他者を非難し、被害者意識に陥っていた方が、

問題の原因が実は自分にあることに思い至ります。正しいと思い込んでいた自分

が、これまでいかに人に迷惑をかけてきたか、にもかかわらず、いかに支えられて

生きてきたかを悟り、感謝の念を抱くことで、楽に、明るく生きられるようになるので

す。

夫婦や子供の問題に悩み、相手を変えたいと思っている方は、まず自分が内観す

ることで問題が大きく改善することに驚かれます。」

 

『内観』についての大山氏の話は続きますが、今日は、この大山氏の文章の最後

の言葉をご紹介し締めくくりたいとぞんじます。

 
 
 「ありがとう」の反対語はなんでしょうか?それは「当たり前」なのではないかと私

は思います。自分が支えられていることに気づき、感謝できる人は、豊かな人生を

歩むことが出来ます。日々の内観で心を清らかにし、一人でも多くの方々を幸せに

導いてまいりたいと願っております。」

 

 大山氏のお話を読ませて頂き、『内観』について何となく解った様な気がしますが、

更に感心が強まり、実際にやってみたいという気持ちになっています。また、実体

験を報告出来る日が来ることを自ら楽しみにしています。

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

 

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“
たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw
兵庫の社長tv藤橋家 
http://hyogo-president.net/fujihashiya

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

新年度 経営理念への想いを新たに

 本日4月1日㈱藤橋商店は、新たな第58期(創業98年目)を迎えました。
 新年度と新たな5名の仲間を迎える為に3月30日に、経営計画決断式と
新入社員式を開催しました。

 その時に、経営理念への想いを新たに纏め発表させて頂きました。
 本日の“おたまはん日和”では、その経営理念への新たな想いとして纏めた
文章をここに掲げ、出来ればこのブログを読んで頂き、ご意見を賜りたいと
願っております。

 

 

経 営 理 念

笑顔と喜びと活気に溢れ、

優れたる多くの人々が集い

真に社会に貢献し、

食の源である畜産・農林漁業を支え発展させる

日本一の創造力みなぎる企業となる。

 

 

  経営理念は、藤橋家が何の為に存在しているのかという存在意義を示し、

  また基本となる考え方や、大切にしている価値観を示しています。藤橋家

  の一番の根本であり、我が社みんなの心の拠り所がこの経営理念 なのです。

  そして、藤橋家の仲間みんなが、この経営理念に心から賛同し、自らの

  信念として、心を一つにする事が出来れば、絶大な強力な会社になるのです。

  私たち藤橋家の仲間は、経営理念のもと、心が一つになる。

  いや、心が一つになったと強く信じるのです。私達は「運がいい」と信

  じる事と同じなのです。

  経営理念に込めた思いを次の通りまとめました。

  人生は、明るく笑顔で活きると明るい世界が広がってきます。

  そして、自分だけが明るく楽しく活きるのではなく、太陽の様に、この世

  を偏りなく隈なく明るく照らす人となりましょう。

  太陽の光の様な、暖かい愛の心、しかも不偏愛の心を持って活きられる

  人間になりましょう。

  笑いと笑顔には、人を幸せにする力があります。病気を治してしまう力が

  ある事も知り、明るい笑いと笑顔に満ち溢れましょう。

  太陽の光の様な心を持つ仲間が集まる会社には、また同様に明るい人が集

  い、幸運の女神も訪れます。

  成功する人、成功する会社とは、楽しく、嬉しく、沢山の人達が集まる人

  であり会社なのです。だから我が社にも、沢山の人達が集まってくるのです。

  心を磨き合い人間力を高めながら、世の為に大いに役立つ素晴らしい高い

  人間力を持った人となり、素晴らしい会社に発展させましょう。発展すると

  信じましょう。

  真に社会に貢献するとは、人の世の為に役立つ事です。

  この崇高なる大使命である『人の世の為に役立つ自己と会社』の確立の為

  に共に歩みましょう。

  私たちは仕事を通して、命の源である“食”の根幹を担っています。

  命を支えているという仕事に大いなる誇りを持ちましょう。

  そして、“食”とは、この我が国 日本 を根底から支える『 国力 』そ

  のものなのです。

  食は、国家を支える本糧です。

  二宮尊徳翁の言葉にある通り、『天下国家の治乱盛衰は、多端なるが如しと雖

  も、要するに本糧(=食の力=畜産農林漁業)の盛衰に由らざるはなし!』です。

  私たちは、循環型の事業を構築し『日本の食の力を取り戻す』という事に大

  いなる貢献をしていくのです。

  そして、みんなが知恵の創造者となり、その皆の知恵を集め活かしましょ

  う。事業の大目的である、顧客の創造に、力と勇気と信念を持って挑戦し、

  日本一の創造力みなぎる企業となりましょう。

  我が社の経営理念は、この日本国の、そして世界人類を「笑顔と喜びと活

  気に溢れさす為」にあるのです。我が社の経営理念で人様を幸せにする。この

  実践こそが、私達の幸せと成功への道なのです。みんなで手を取り合い、そ

  の手を強く結び合い、共に歩んでいきましょう。、共に歩んでいきましょう。

  

以上、手前勝手に経営理念への想いを述べさせて頂きました。
最後までお読み頂きありがとうございます。

 

藤橋家homepage          http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“
たまごや”放映番組〜いま、輝いてます〜のYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw
兵庫の社長tv藤橋家 
http://hyogo-president.net/fujihashiya

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »