« 減量と健康的な一週間に | トップページ | ご縁に活かされて。山口・萩250km完踏報告 »

2014年4月28日 (月)

落語の道に終わりなし。致知4月号より

 

 我社では、人間学を学ぶ月刊誌致知の読書会の木鷄

 

クラブを毎月1回開催しています。木鷄クラブのルール

 

は、私があらかじめ選んだ3つの推薦文書をみんなに連

 

絡し、その内の3つから1つを選び事前に感想文を書い

 

て出席します。木鷄クラブは4〜5人の班に分かれます。

 

 そして、その班毎に各人順番で感想文を読み合います。

 

その感想文に対しその都度班の他のメンバーから短いコ

 

メントを発表してもらいます。

 

この4月22日に第83回目の木鷄クラブを開催し12名が

 

参加し、楽しくもとても貴重な心の触れ合いの時間を持

 

つことができました。

 

 

 

 私が感想文に選んだ文書が、落語家の大御所とも言う

 

べき今年77歳になる 桂歌丸師匠 です。

 

そのインタビューの文章の題名が、標題に掲げた通り、

 

『訳語の道に終わりなし。目を瞑る時まで磨き続ける』

 

です。

 

 

 

 今日は私が書いた感想文を再度読み直しながら、歌丸

 

師匠の説かれている人生訓を改めて復習してみることに

 

致します。

 

 

 

この桂歌丸師匠のインタビューのお話は、人間が生きる

 

という事はどういうことか、また、人生は仕事の中で

 

しか学べませんという私の座右の銘を、とても簡単な

 

言葉で分かり易く説明しておられとても良い勉強になり、

 

色々な教訓を得ることができます。

 

 

 

 歌丸師匠の言葉を抜粋しながら振返ると「何の商売も

 

若いうちは未経験で難しいことは難しい。それを如何に

 

周りが教えてくれるか、あるいは叱ってくれるかという

 

こと。」この言葉には、この後に、人間は周りの人に支

 

えられてしか生きていけないということだと諭して下さ

 

っています。そして、「褒める人間は敵と思え。教えて

 

くれる人、注意してくれる人は味方だと思え。」という

 

歌丸師匠の大恩師である今輔(いますけ)師匠の言葉を紹

 

介しながら、褒められてうぬぼれたり、自分が出来る人

 

間であると勘違いすると人生を失敗してしまうと戒めて

 

おられます。今の時代、人を育てるには、その人を認め

 

て褒めて、質問しながらコーチングの様に導いていくと

 

いうことが当り前のように言われていますが、歌丸師匠

 

は、深い感謝の気持で何事も受け止め、甘えるなと言わ

 

れている様です。

 

 また、教えてくれる人、注意をしてくれる人、叱ってく

 

れる人は、足元へ水をやり、肥やしをやり、大木に花を

 

咲かせ、実を結ばせようとしてくれている人間であると

 

知り、その人達とその言葉に感謝できる様になることが

 

どれほど大切で、また、その人達への恩返しの仕方まで

 

教え下さっています。その恩返しの仕方とは、教えてく

 

れた人を超えるということです。自分の仕事もこれ位の

 

気概をもって取り組めば、成長速度もその度合いも高く

 

なっていくのだと感じます。恩人を超えることですと!

 

 

 

 歌丸師匠は、後輩達に積極的に噺家としての指導をさ

 

れていますが、噺を教えることが出来ても、を教

 

えることは出来ないと言われています。噺家という商売

 

は早く自分のを拵(こしら)えた人間が勝ちです

 

とも断言されています。逆にいつまで経っても

 

できない噺家がいる。もっと極端に言うと、生涯

 

のできない噺家がいる。「間抜け」って言葉を引用され

 

表現されています。そして、自分のを拵えた人間

 

が勝ち。それは自分で研修し、攫むしかないそうなので

 

す。

 

 このの話しは分かる様で、私にはよく分かりま

 

せん。そもそもこの噺家のとは、自分の立場でど

 

う捉えれば良いのでしょうか。これを読んだ皆さんは、

 

どう捉えられるでしょうか? 私なりに考え思いついた

 

言葉は、勘所”“つぼ”“物事の急所などです。

 

辞書でをひくと、無言の時間、程よい頃合いとあ

 

ります。何によせ、このは、自分で拵(こしら)

 

攫むしかなと歌丸師匠は言われていますが、その要諦は、

 

人の心を誠心誠意な気持で慮(おもんばか)れるかどうか

 

でないかと私は感じています。

 

 最後にもう一つ師匠の言葉を上げてみます。

 

「芸は人なり」という言葉で、薄情な人間には薄情な芸、

 

嫌らしい人間には嫌らしい芸しかできない。

 

 だから、なるだけ清楚な、正直な人間にならなきゃダメ

 

って、言われています。

 

 この心の持ち方こそ、先程のを拵える秘訣になの

 

ではないかと私は思います。

 

 この「芸は人なり」の師匠の言葉は、ビジネスマンも

 

同じで「品物を売るんじゃなくて自分を売れ。」この言葉

 

の意味が歌丸師匠のお話で明解に理解できました。

 

 私は、この歌丸師匠のインタビュー文章の最後に言われ

 

ている様な次の様な生き方をしたいと念じるばかりです。

 

 

 

「目を瞑る時まで現役でいたいんです。自分の落語を磨き

 

 続ける。それには自分の心掛けと健康管理だとおもいま

 

 すがね。」

 

 

 

 私も、77歳の歌丸師匠に負けてられません。目を瞑る迄

 

自分のを磨き続けて生きなければいけません。

 

まずは、120歳になるまでは。   以上です。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

*****************************

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

 

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

 

姫路ケーブルテレビ WINK“

 

  たまごや放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
      
      http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

 

兵庫の社長tv藤橋家 

 

   http://hyogo-president.net/fujihashiya

 

*****************************

 

 

 

 

|

« 減量と健康的な一週間に | トップページ | ご縁に活かされて。山口・萩250km完踏報告 »

コメント

モンクレール激安通販店‐‐新品登場
弊社は世界最高級コピーブランドダウン専門店です。
主にファッションの外観があるモンクレールと
実用性が抜群なザノースフェイスを通販しております。
業界に最高品質のモンクレール ダウン レディースを提供しております。
本物と見分けがつかないぐらい、完璧なモンクレール激安を経営しております。
モンクレール ダウンの品質は保証しております。
スーパーコピーブランド 見分け 親 https://www.2kopi.com/product_show.php-id=11420.htm

投稿: スーパーコピーブランド 見分け 親 | 2021年5月 3日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 減量と健康的な一週間に | トップページ | ご縁に活かされて。山口・萩250km完踏報告 »