« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

二十代をどう生きるか 一所に懸命になる 致知9月号

 今日は、人間学を学ぶ月刊誌「致知」9月号から、連載

 

46回目の【二十代をどう生きるか】の東北リコー元社長

 

白幡洋一氏の話を紹介させて頂きます。高校を卒業したて

 

の若者が、入社に当たり何を考え、何を実践してきたのか、

 

正に自分の人生を如何に切り拓いていくかという実践哲学

 

を平易な言葉で、力強く語られています。

 

 

 

 このシリーズは二十代の方へのメッセージという事にな

 

っていますが、老いも若きも、万民に通じる真理が書かれ

 

ています。

 

 

 

 白幡氏が入社に際して行ったことが、仕事に専念する為

 

に職住近接の環境をつくった事です。高校では通学に1時間

 

半もかかって苦労した経験からです。毎朝一番に出社し、

 

何の知識も経験もない新人でも与えられた環境で出来ること

 

を一所懸命に実践されます。始業前の製造現場で機械に油を

 

さしたり、機械器具類の清掃に使うウエスや梱包用の新聞紙

 

を適度なサイズに切り分けるなど、始業前の準備を一人で

 

続けられました。二年目は後輩が加わり負担が減ったことで

 

帰宅後に会社の提案制度に応募するようになり、提案を書き

 

続けその年に社長賞を受賞します。

 

 この仕事に取組む姿勢は、新人だからということだけでな

 

く、会社を経営する社長こそが見習うべき姿だと思います。

 

 与えられた環境で出来ることを一所懸命に行うという

 

この言葉は、中世の武士が先祖伝来の所領を懸命に守ったこ

 

とに由来すると云う事も白幡氏の文章から学ぶことが出来ま

 

した。

 

 白幡氏の、どの様な環境下でも一所懸命を貫き通される

 

実践の教えには圧倒されるほどの気迫を感じますが、これは

 

一つひとつの仕事にとことん真摯に向き合うという姿勢が

 

大切であるという教えでもあると思います。一つの仕事に

 

真摯に向き合わず、何とかなる、誰かがやってくれるだろう

 

などと考えては、何事をも為すことは出来ないという事を

 

教えられます。

 

 社長の集まる会合でも業績が上がらないことを社員の所為

 

にする人がいます。そういう方の話しを聞くと、私も恥ずか

 

しい思いとなり、反面教師として大いに反省させられます。

 

 

 

 また、白幡氏は、三年目に、人が敬遠する様々な行事の

 

幹事役を率先して引受けたことで、部署の枠を超えた社内

 

ネットワークづくりに会社と自らの為に努力されます。

 

 このことも、自分の仕事に照らして考えると何か出来る

 

ことは必ずあると気づかれる方も多い筈です。

 

 随所に主となれば、立つ処皆真なり、この何事も主体性

 

をもって仕事や人生の諸事に立ち向かっていくことの大切

 

さを教えてくれています。

 

 

 

 高卒から何と5年目には技術指導員として抜擢され台湾

 

に赴任されます。ろくな通訳もいなかった為に、3ヶ月間

 

で言葉を覚えたということも、これからアジアへ進出する

 

私には大いなる手本と励みになる話しです。

 

 そして、若き白幡氏が現地の社員さん達との親交を深め

 

ていく為の努力や、社員さん達を大切に思う愛情が事業の

 

成功へと繋がって行くことを実感させられる沢山のエピソ

 

ードには目頭が熱くなるほどの感動を覚えさせられます。

 

 火事にあった時も、大切な精密機械を守るために消防隊

 

員からホースを奪って自ら放水したことも、この人が随所

 

に主となる、言い換えれば経営者と同じ気持ちで一所懸命

 

に活きていることが分かります。

 

 

 

 白幡氏は、難しい問題を乗り越えるために大事なことと

 

して、考え抜くこと、やり抜くこと、つまり徹底して諦め

 

ずに取組むという「抜くを抜かない」という教えを説いて

 

おられます。私は、この「抜くを抜かない」という言葉を、

 

自らの座右の銘に加え、我社 藤橋家 のみんなと実践し

 

ていこうと決めました。

 

 

 

 白幡氏の言われる、『縁あって入った職場、与えられた

 

環境で、まずは本腰をいれて仕事に打ち込んでみる。

 

 そういう姿勢で仕事に向き合わない限り、自分の適正に

 

合った仕事は一生見つからないのだということ、そして、

 

自分の適正というものは、与えられた仕事に一所懸命打ち

 

込むことで初めて見えてくるものだからです。』という

 

言葉を噛み締めながら、白幡氏のこの話しに巡り逢えた

 

ことに感謝致します。

 

 

 

 最後に、白幡氏の座右の書『菜根譚(さいこんたん)』の

 

中でとりわけ共感を覚えるという次の言葉を紹介して締め

 

括りとさせて頂きます。

 

 

 

「仏意(ふつい)を憂うることなかれ

 

 快心(かいしん)を喜ぶことなかれ

 

 久安(きゅうあん)を恃むことなかれ

 

 初難(しょなん)を憚(はばか)ることなかれ」

 

 

 

 思いどおりにならないからといって

 

         心を痛めてはならないが、

 

 思いどおりになったからといって有頂天に

 

         なってもいけない。

 

 平安無事が続いてもそれを頼りにしてはならないし、

 

 

 

 最初に困難にぶつかっても挫(くじ)けてはならない。

 

 

 

 

 

 私の拙いまとめた文章です。

 

是非、致知9月号の本文をお読み直し下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

*****************************

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

 

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

 

姫路ケーブルテレビ WINK“

 

  たまごや放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

 

兵庫の社長tv藤橋家 

 

   http://hyogo-president.net/fujihashiya

 

*****************************

 

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

『シーカヤックで播磨灘を満喫する。SUPは凄い!』

 

 9月21日()7時にたつの市御津町新舞子の浜をSUPボード4名、私のシーカヤック1名の合計5名で出発し、播磨灘の海原に漕ぎ出しました。

 

 

 

 当日集合してはじめて分かったのが、岡山の日生迄行くということ。以前に私が日生に行きたいとの一言を実現できるとはという嬉しい気持でパドルを漕ぎ出しました。室津港沖を進み、地ノ唐荷島、沖ノ唐荷島の見ながら、万葉岬(金ヶ崎)沖の小さな島まで約1時間のパドリング。30分ほど休憩しとても気分を軽やかに順調に進みました。

 

  

 5名一緒にというより、私がその方々に導かれ、連れて行ってもらったSUPボードの4名は、毎週四五日朝に1時間程のSUPのトレーニングをしている人や、毎日腕立て伏せを300回以上する人などの強者ばかりです。私のカヤックは、あっという間に置いてきぼりになり、日生に行く迄に何回も待ってもらうことになります。

 

  

 

 ちなみにSUP(サップ)ボードというのは、タヒチで生れ、ハワイで流行り出した、スタンディングアップパドルボードの略です。大きなサーフボードに1本のパドルを持って、立って乗る遊びです。

 

  

 次の、短いyoutubeのサイトを見ると良くわかります。

感動して、やってみたくなると思います。この動画は、映画「ファースト・グライド」の予告編です。

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?feature=playerembedded&v=2yBLIYtPdzw

 

 

 

 

 

 さて、日生までの、割と過酷ともいえる海の旅は、途中に赤穂海浜公園の唐船海水浴場で休憩したあと、赤穂港沖約2kmの海原を、強い逆流と逆風の中を一生懸命に進みました。

日生のあるちわだの瀬戸の湾に入る真尾鼻の岬を通り過ぎる頃には、両脇の下はすれて、擦り傷状態。腕もパンパン。日生到着は、14時過ぎでした。

途中、イルカやウミガメなどに遭遇できると期待していましたが、私が遭遇したのは、美しく跳ね上がる鰯の群れや、何度も目の前を威勢の良いジャンプをしてくれる鯔(ボラ)くらいでした。

 

  

 休憩1時間弱を入れて、7時出発の14時到着で約7時間播磨灘を満喫しながら、身体を鍛えることができました。iphoneGPS機能を使って距離を測定してくれた人によると、その距離約28kmだったそうです。

 

  

 

 早朝新舞子に集合する前に、ハイエース2台を日生の港に持って行ってくれており、大きなボード4枚も私のカヤックも車に積み込み帰って来ました。

 この友人4人がいなければ本当に体験出来ない貴重な経験“播磨灘を満喫”をする事ができました。

 

 

 次回は、小豆島へ行こうという事になりました。

 

 

 

 私のプライベートな一人言でした。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

*****************************

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK

  たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

        http://hyogo-president.net/fujihashiya

*****************************

 

| | コメント (3)

2014年9月16日 (火)

第14回丹後100kmウルトラマラソン9回目の完走

 

 914()に開催された丹後100kmウルトラマラソン

 

大会で、お陰様でなんとか完走することができました。

 

私としては9回目ですが、過去の記録でもっとも遅い

 

13時間3918秒でした。参加者は約2,000人で、完走率

 

が多分60%弱位と予想しますので、制限時間14時間の

 

この大会では、私は997位と、かなり後ろの方になります。

 

 

 

 この大会は毎年9月中旬の開催ですので、かなり気温

 

が上昇し暑さを耐え忍ぶ大会になりますが、昨年は、雨。

 

今年は、早朝430分スタート時はかなり涼しく、前半を

 

とても気持よく走ることができました。この前半の貯金

 

があったため今年は完走出来たといえます。

 

 天気は快晴、昼前から太陽が照りつけると言っても、

 

そんなに暑さは厳しくありませんでした。しかし、何故

 

か今年も70kmを超えた地点から、呼吸がしにくくなり

 

軽い脱水症状のよう状態になりだしました。

 

 約5km間隔で水分や軽食を補給できる充実したエイド

 

ステーションを設置してくれているのですが、脱水症に

 

なると水分をいくら補給しても、水を飲んだ満足感があ

 

りません。だから沢山水分を飲み出すのです。

 

 約73km地点でお腹を下し、ピーピー状態になり、その

 

後何度もお手洗いのお世話になる事になりました。

 

 80km以降は、下り坂でも走ると呼吸ができなくなる

 

くらい苦しくなるので、後はひたすら歩くことに徹しま

 

した。

 

 ありがたいのは、私は歩くスピードがかなり早いので

 

す。人が坂を走って登っていてもあまりスピードが変わ

 

らないので、途中である人から大阪弁で「走っても歩い

 

ても、スピード変わらんなら、せがないわ!!」と言わ

 

れました。

 

 

 

 前半の貯金のお陰で、80km以降はひたすら歩きながら

 

もなんとかゴールに辿り着きました。一緒に姫路から来

 

た友人ランナーに待ってもらい、車を出して運転もして

 

くれて、ただただ応援の為に毎年一緒に丹後に来てく

 

れる友人にも長時間待ってもらいのゴールでした。

 

 私がゴールしたのは、もう制限時間まであまり余裕の

 

ない時間でした。時間切れになるまでゴールする人達を

 

見守り応援していました。特に時間ギリギリで駆け抜け

 

ようとする人達には、周りから涙を流しながら応援する

 

悲鳴とも言える声援が飛んでいました。

 

 

 

 今回の大会を振返り、100kmやそれを超えるウルトラ

 

マラソン大会では、脱水症になったり、身体の至る所が

 

痛くなったり、日頃体験出来ない経験をすることが出来

 

ます。それらをどのように自分の心で受止めれば良いの

 

か、また、どの様に対処すれば良いのかなど貴重な体験

 

が出来ると云う事。と、自分なりに勝手な意義を感じて

 

自己満足しています。

 

 また、毎年共に走る友人や応援に駆け付けてくれて

 

る友人がいるからこそ、なんとかゴールしようという

 

気持ちも高まります。

 

 そして、私が走っている間も一所懸命仕事に励む

 

会社の方々がおられるからこそ走らせてもらっていること

 

に感謝しております。

 

 そして、今回は、私が初めて250kmの山口萩往還を

 

完踏することができた大恩人の先輩とお目に掛かれ

 

お話が出来たこともたいへん嬉しい事です。

 

 ウルトラのランナーは、共にお互いを励まし合い、

 

情報交換し、助け合い走っています。

 

 

 

 最後に、この京丹後のウルトラマラソン大会を開催

 

し、運営を支えて居られる沢山の方々、そして、一生

 

懸命応援してくれる、おばあちゃんおじいちゃん達に

 

心から感謝し締め括らせて頂きます。

 

 

 

 来年の10回目の完走、タイタンを目指します。

 

最後までお読み頂き有難う御座います。

 

 

 

 

 

*****************************

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

 

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

 

姫路ケーブルテレビ WINK“

 

  たまごや放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

 

兵庫の社長tv藤橋家 

 

   http://hyogo-president.net/fujihashiya

 

*****************************

 

 

 

| | コメント (1)

2014年9月 8日 (月)

開運掃除術で、大金持ちになろう!!

 

 8月29日に大阪で開催された、がんばれ社長のセミナーに

 

久しぶりに参加し、とても良い刺激を頂いて来ました。

 

また、セミナー後の懇親会では、武沢信行先生の話しもお酒

 

が入り更に盛り上がり、また香港から来られた大富豪の先生

 

からも破天荒な人生物語を伺うことが出来ました。

 

 そして、その懇親会にも参加されていたのが、山田ヒロミ

 

さん。見た目はおしとやかでべっぴんながら、されどその笑

 

い声は豪快で、意持ちよい位お元気な方です。

 

 その山田ヒロミさんが、最近本を出版されています。

 

その題名が『開運掃除術』で、副題は、『お金に愛される!

 

願いがかなう!』

 

 この本、実は、アマゾンでも現在人気No.1で跳ぶ様に売れ

 

ているそうです。私もがんばれ社長のセミナーの帰りの電車

 

の中でアマゾンで注文し、到着後早速読んでみました。

 

 内容は、題名から容易に想像来ると思いますが、自分の住

 

んだり仕事している部屋やオフィス、デスクなどを山田さん

 

の教えに従い、片付け、掃除、模様替えをすることで、思い

 

を自然に積極的に出来て良運を呼び込み、人生を大きく発展

 

させ、大金持ちにも簡単になれるというものです。

 

 

 

 今日は、山田さんの『開運掃除術・お金に愛される! 

 

願いがかなう!』の内容を振返りながら、みんなで大金持ち

 

になりましょう。てな感じで進めていこうと思っています。

 

この本は、とても、読みやすく、カラフルで綺麗なイラスト

 

がふんだんに使われていて、見ているだけで楽しくなって

 

来ます。

 

 

 

 山田さんはインテリア設計士、心理カウンセラー、そして

 

ルームセラピーです。そのセラピストの行うルームセラピー

 

とは居住空間をとある法則に従って美しく整えることで

 

成功と幸せをもたらすこと。

 

 では、その法則について、初めの部分だけになりますが、

 

思いっきり紹介させて頂きます。

 

 

 

 先ずは心の受け入れ準備から始まります。自分が大金持ち

 

になったり、愛情と思いやりに満ちあふれる幸せを手にする

 

のにふさわしい人間であると心から信じて「セルフイメージ」

 

を高めていきます。

 

 その気持を高めて行く一番の近道が自分の室内環境を次の

 

3つの原則に従って、環境作りをしていくのです。

 

 

 

壁で人生ストーリーが7割決まる。

 

壁が片づくと部屋も片づく。

 

鏡で収入が10割決まる。

 

 

 

 まずについて。部屋にいて例えば手元のマグカップを見

 

ているつもりでも、それは顕在意識の部分に過ぎず、意識し

 

て見ていなくても常に視界に入ってくる壁の様子は、そこに

 

住む人の深層心理に大きな影響を与えていると云う事です。

 

 

 

 壁の色だけからでも心は大きく作用され、壁の色だけで心

 

を知らず知らずの内に、緊張もさせ、興奮もさせ、また、心

 

を落ち着かたりもしているのです。

 

 この様に、人は目にするものから多大な影響を受けており、

 

視界を占める割合の多い壁の状態により、無意識の内に心の

 

状態が大きな影響を受けているのです。

 

 山田さんは、次の様に強調されています。

 

 

 

「ルームセラピーの柱となる壁片付けは、この働きを

 

 利用した方法です。潜在意識にダイレクトに働きかけるの

 

 でとても協力な効果があり、即効性があります。」

 

 

 

 この本には、具体的な、そして、詳細なる壁片付けの方法

 

や、その実例集とも言える写真がふんだんに掲載されていま

 

す。

 

 

 

 そして次にの「鏡で収入が10割決まる」についても

 

簡単に紹介します。

 

 

 

 壁が片づいたら、壁際に置く「鏡」を活用してセルフイ

 

メージをさらに効果的にアップさせます。

 

セルフイメージとは、自分自身に対して抱いている「自分

 

はこういう人間だ」という漠然としたイメージのこと。

 

 成功する人は成功するセルフイメージを持ち、幸運な人

 

は、当然に幸運に恵まれるセルフイメージを持っています。

 

 人は、無意識のうちに、自分のセルフイメージに応じた

 

行動をとっているのです。

 

 人の人生は、心の持ち方で決まります。例えばお金持ち

 

になるという心、自分は愛情あふれる幸福な人生に活きる

 

んだという心や気持を強固な信念にしてしまうというのが、

 

山田さんの教えておられる鏡の活用です。

 

 

 

 本の中では、イラスト入りに簡単な活用方法が沢山紹介

 

されています。

 

 

 

 そして、最後にの「壁が片づくと部屋も片づく。」に

 

ついては、山田さんの言葉をひと言だけ紹介させて頂きま

 

す。

 

 

 

「私の経験上、掃除と金運は100%リンクしていると

 

 断言できます。」

 

 

 

 ここまでは、前半のまだ走りの部分だけですが、その後

 

に、「捨てることの効果」「お金持ちの部屋の共通点」

 

「心理学に基づいた部屋づくり」「思い通りの人生に変わ

 

る7日間のプログラム」などなど、具体的で実例豊富、

 

分かりやすい沢山のイラスト入りで盛りだくさんの内容で

 

続いています。

 

 

 

山田さんの

 

『開運掃除術・お金に愛される!願いがかなう!』は、

 

日本でよく言われる5Sの整理・整頓・清掃・清潔・躾を

 

宇宙真理と人間の心理学など、私も多いに賛同し普及した

 

いと念ずる教え満載のとても素晴らしい本です。大推薦致

 

します。

 

 この一冊を読んで、みんなで幸せで愛情溢れる大金持ち

 

になりましょう。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

*****************************

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

 

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

 

姫路ケーブルテレビ WINK“

 

  たまごや放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

 

兵庫の社長tv藤橋家 

 

   http://hyogo-president.net/fujihashiya

 

*****************************

 

| | コメント (2)

2014年9月 1日 (月)

大手ハンバーガー会社の大改革へ期待

 

 昨日、日曜日の日本経済新聞(以下、日経)で、大手ハン

 

バーガー会社についての負の連鎖と題した記事を読み

 

問題の大きさを教えられました。この負の連鎖のこれ

 

までの経緯や、さらに問題が大きくなっている原因などに

 

ついて、FCチェーンの現場の声を交えながら書かれていま

 

す。

 

 

 

 私達の鶏卵業界もこの会社での月見◯◯”など有名な

 

商品の発売中は、鶏卵相場が上昇と言われるほど、大変お

 

世話になっている大会社です。ですから、どの様な対策を

 

とって、改善していくのか大きな期待もしております。

 

 今日は、この負の連鎖の記事から経営のあり方につ

 

いて考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

 日経の記事の内容は、今回の肉の問題が発生してからの

 

対応の悪さについて色々な指摘をしています。

 

 まず、8月の下旬に料金の過剰徴収をしていることです。

 

それはある商品の半額キャンペーンを実施するに際して、

 

その商品の価格を、キャンペーン実施のわずか3日前に

 

値下げ価格の変更(更に値下げ)を決め、本社からの全店

 

へのレジ修正が間に合わず、全スタッフへの周知徹底が出

 

来ず、約8割の店舗で過剰請求をしていたと言う内容です。

 

しかもキャーンペーン商品が、チキンとナゲットというNG

 

商品であったことも批判の的になっています。

 

 

 

 中国の事件が報道されてからは、既存点の売上が激減し、

 

特に休日は子供連れが消えてしまったと云う事。金額も4

 

分の1程度に低迷する店舗も在るそうです。

 

 

 

 特に今回の対応に批判が集まっているのが、社長兼最高

 

経営責任者が、事件直後に会見を開かず、1週間後の中間

 

決算発表で謝罪の文章を読み上げ、しかも、事件に「憤り

 

を感じる」として被害者としての発言を繰り返した事です。

 

 この様な態度をとることが、問題を如何に大きくしてし

 

まうかと云う事は、誰にも容易に分かる事です。特に、そ

 

れが、最高経営責任者であれば尚更です。

 

 

 

 この話しを聞いて思い出すのが、ジョンソン・エンド・

 

ジョンソン(以下、J & J)です。J & Jは、80年以上も、

 

増収を続ける世界の名門企業ですが、1982年に人気の小児

 

用の解熱鎮痛剤「タイレノール」に、シアン化合物という

 

毒物が混入され7人の子供が亡くなりました。この事件が

 

発覚してから、J & J社は、全国の商品の回収を発表し、

 

社員の家族やOB社員を総動員して回収に当たったり、この

 

事件の報道を全国のほとんどのテレビ局や新聞社などを使

 

い徹底的に行い、事件の広がりを阻止しました。

 

 その事件の後、パケージを刷新して発売するも、また

 

その4年後に毒物が混入される事件が起きます。その時は、

 

全ての商品を回収するだけでなく、毒物が混入されない

 

パッケージを開発するなど、J & J社は、事件を通して

 

消費者に対して、揺るぎない信頼を獲得し、業績を大きく

 

伸ばす事になります。

 

 

 

 今日取り上げた大手ハンバーガー会社には、J & J社の

 

様な大改革を成し遂げて、経営の手本を示して頂ける事を

 

大いに期待しています。

 

 

 

最後迄お読み頂きありがとうございます。

 

 

 

*****************************

 

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

 

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

 

姫路ケーブルテレビ WINK“

 

  たまごや放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

 

兵庫の社長tv藤橋家 

 

   http://hyogo-president.net/fujihashiya

 

**************************

 

 

 

| | コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »