« 天風会 神戸夏季修練会に参加 | トップページ | 4つの鉄板ルールに賛同の・・・ »

2015年7月27日 (月)

伊與田覺先生の仮名論語を読む

 つい先日から、伊與田覺先生の仮名論語の音読を始め毎日

続けています。とはいえまだ26日続いているだけです。

 論語はご承知の通り、學而(がくじ)第一から尭曰(ぎょう

えつ)第二十の二十篇からなり、一日一篇を音読すると二十日

で一冊を読むことができます。(仮名論語 一冊313ページ)

 

 今までろくに論語を読んだり勉強することはありませんで

しが、月刊致知を読み進める中で、何度も色々な方が論語に

ついての教えを語っておられ、その教えを読んでいる内に、

そろそろ論語なるものを読んでみよたいなという思いに駆ら

れる様になってきました。そして、月刊致知の確か5月号に、

村上和雄博士との対談シリーズで、篠裏部禎氏が登場し、脳は

「論語」が好きだったというお話がきっかけで音読し出すこと

となりました。

 

 

 伊與田覺先生の「仮名論語」は、姫路商工会議所青年部の

勉強会で、英斎塾(人間学探求講座)塾長 三木英一先生から

論語を教えて頂くときに教材として使用されたものです。

 

三木英一先生の英斎塾のホームページです。

http://www.k5.dion.ne.jp/~eisai/jyuku/

 

 

 伊與田先生には、先生が「大学を素読する」を出版された時

に直接お話を伺い、また、あるホテルの朝食会場で偶然伊與田

先生にお目に掛かりご挨拶を申し上げたところ、満面の笑顔で

大きな優しさで包み込むようにご挨拶頂き、仁者とはこの様な

方なのだと心底感動いたしました。

 

 その仁者が、生涯の師父と仰いでおられた安岡正篤先生の

ご逝去から喪に服しながら、立つ気力を失って行かれた時に、

一周忌の時に、当時の師友会会長の新井正明氏が挨拶のお話の

中に引用された、論語の言葉に非常な衝撃を受けて立ち直る

機会を持たれました。

 そして、自らを「論語読みの論語知らず」と諌められ、この

度取り上げた「仮名論語」を直筆で書き上げられるのです。

 

新井氏が引用した文章とは、雍也(ようや)第六の次の文章です。

 

冉求(ぜんきゅう)曰わく、

『子の道を説(よろこ)ばざるに非ず、力足らざればなり。』

 

子曰わく、

『力足らざる者は中道にして廃す。今女(なんじ)は限れり』

 

和訳:

 冉求が言った。

『先生の説かれる道を喜ばないわけではありませんが、ただ

 何分にも私の力が足りませんので行うことが出来ません。』

 

先師が言われた。

『力が足りないかどうかは、力の限り努力してみなければ分

 からない。力の足りないものは中途でたおれるまでのこと

 だが、今お前は、はじめから見切りをつけてやろうとしな

 い。 それではどうにも仕方がないよ。』

 

 

 昨日音読した、里仁第四には、父親、母親に対する子供と

してどうあるべきかという諌めの言葉があります。

 今の世には通じないかもしれませんが、この様な教えを

小さい頃から受けていた戦前の日本は、秩序が保たれる世界

から尊敬される国であったことが伺えると感じました。

 

子曰わく、

『父母に事(つか)えては、幾(ようや)くに諌む。

 志の従われざるを見ては、又敬して違(たが)わず、労して

 怨(うら)みず。』

 

和訳:

先師が言われた。

『父母にもし間違いがあれば、それとなく穏やかに諫める。

 不幸にして聞き入れてもらえない場合には、前のように

 敬って逆らうことなく、父母のために骨折っても怨みは

 思わない。』

 

 親に対する態度に、私自身が大いに改めねばならないと反省

しております。

 

あと三つの文章をここで取り上げ締めくくりたいと思います。

 

 

子曰わく、

『之を知る者は、之を好む者に如かず。

 之を好む者は、之を楽しむ者に如かず』

 

和訳:

先師が言われた。

『知る者は好んでやる者には及ばない。

 好んでやる者は、楽しんでやる者には及ばない。』

 

 

 

子曰わく、

『その身正しければ、令せずして行われ、

 その身正しからざれば、令すと雖(いえど)も従わず。』

 

和訳:

先師が言われた。

『上にあるものが、正しければ、命令しなくともよく行われ、

 正しくなければ、どんなに厳しい命令を下しても、

 民はついてくるものではない。』

 

 

 

子曰わく、

『君子は和して同ぜず、小人は同じてはせず。』

 

 

和訳:

先師が言われた。

『君子は、誰とも仲良くするが、強いて調子を合わせたり

 しない。小人は誰とも調子を合わせるは、心から仲良く

 しない。』

 

 

 論語を人生で初めて読み出した私と致しましては、

先ずは、『論語読みの、論語知らず。』と言われる位に

少なくとも論語をある程度読める様になりたい。

 その前に、一つ一つの教えを実際の生活の中で、

役立てながら、我が身を磨いていきたと存じます。

 

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

*****************************

藤橋家homepage         http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販) http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK

たまごや”放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

        http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

         http://hyogo-president.net/fujihashiy

*****************************

 

|

« 天風会 神戸夏季修練会に参加 | トップページ | 4つの鉄板ルールに賛同の・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。