« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月23日 (月)

モーツァルトには病気を治す力がある

 私は以前、新聞の紙面一面いっぱいに書かれた、ドイツ

のワイン作りで、モーツァルトの音楽を葡萄栽培から聴か

せることで、とても美味しいワインができると言う記事を

読み、これはにわとりさんにモーツァルトを聴かせれ

ば、心地よくなり、ストレスも軽減させて、美味しい卵を

産んでくれると思い、我社の養鶏場でモーツァルトを聴か

せるようになりました。

 

 実は、モーツァルトが人間の健康増進のために最も良い

音楽であることが医学的に研究され証明されていたという

ことを、人間学を学ぶ月刊誌「致知5月号」で学びました。

 この話のタイトルは、「音楽療法で健康寿命を延ばす」

〜音楽を聴いて未病に打ち克つ簡単健康法〜 というもの

で、埼玉医科学大学教授の和合治久先生が寄稿されている

文章です。

 

 本日は、この和合先生のモーツァルトを聴いて健康にな

るというお話をご紹介したいと思います。以下、和合先生

のお話の抜粋です。特に、モーツァルトの音楽の素晴らし

さを説明している箇所には、アンダーラインを引いており

ます。

 

 

 日本人の健康を取り戻すために、効果が期待される薬物

や治療法の開発などが行われていますが、いま新たに脚光

を浴びているのが音楽の健康効果に着目した音楽療法

に他なりません。

 

 免疫学の専門家として、免疫力を高める様々な研究を行

って来られた和合先生が、音楽療法を知ったのは1992年の

ことでした。以来、和合先生は音楽療法の研究をライフワ

ークにして、実際に音楽には感覚を直接刺激して脳に働き

掛けることで、意思とは関係なく自律神経を刺激して活動

を促進させたり、心身をリラックスさせるホルモンの分泌

を促す効果が医学的に証明されたのです。聴くだけで痛み

や不調がスーッと消える音楽療法は、まさに聴く薬

言えると和合先生は言われています。

 

 私たちの健康維持に不可欠な呼吸や心臓の拍動、血液の

循環などに関わる自律神経が分布する延髄に響く音の周波

数が、最も健康効果が高いとのことです。

 

 自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つから成

り立っており、交感神経は活動モード・オンの神経、副交

感神経はオフの神経ということで、この二つの神経がまる

でシーソーのように人間の心身のバランスをとっているの

です。

 

 この交感神経が優位になると、口が渇く、心拍数が上が

る、血圧が上がる、血管が収縮するなどの反応が起こり、

副交感神経が優位になると、その逆の反応が起こって心身

をリラックスさせてくれます。ここで問題なのが、ストレ

スを受けることで交感神経が優位になることです。現代人

のように強いストレルを受ける環境にいると、自律神経の

バランスが崩れ、様々な病気や不調につながります。

 

そして、あらゆる音楽を研究した結果、最も延髄に刺激を

与え、副交感神経を優位にする周波数を含んでいるのは、

モーツァルトの音楽だということがわかりました。

 モーツァルトの音楽は、三千五百〜四千五百ヘルツの高

周波を豊富に含み、さらに川のせせらぎのような一定のシ

ンプルな音を繰り返しである「揺()らぎ」が多く、音同

士がぶつかりあってより高い一万五千ヘルツ以上の高周波

を生み出す「倍音」という特徴も見られるというのです。

 

 実際にモーツァルトの音楽を被験者に三十分聴かせせて

反応を測定した実験結果も紹介されています。

 唾液の分泌量の増加、体温の上昇、唾液に含まれる免疫

物質IgA抗体の増加、血液中のリンパ球の数の増加、糖尿病

予防に繋がる唾液インスリンの増加、ストレスホルオンの

コルチゾールの減少など、予想以上のよい結果が出ている

のです。

 

 和合先生はモーツァルトの音楽の聴き方のコツについて

も説明されていますので簡単に紹介させて頂きます。

 

①耳全体をすっぽり覆うヘッドフォンを使う。

②一日三回、一回あたり五〜十五分程度、集中して聴く。

③「心地よい」と思う音量で聞く。

④リラックスした姿勢で座る。

⑤部屋を薄暗くする。

⑥体を冷やさないようにする。

 

ということだそうです。

 

そして、最後に、実験で特に効果が高かったモーツァルト

の曲を三曲ご紹介して本日のこのブログを締めくくります。

 

ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 K211、第三楽章

 

ディヴェルティメント ニ長調 K136、第一楽章

 

ヴァイオリン協奏曲 ト短調 K216、第一楽章

 

 モーツァルトの音楽の効用がこのように医学的にも証明

されいる事実を知り、にわとりさんたちに、モーツァ

ルトを聴かせていくことに、自信が持てたこと、そして、

これらからは私自身ももっとモーツァルトを聴くことで

健康増進をはかってまいります。

 

 本日も、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

***************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://buzip.net/hyogo/fujihashiya/president/

***************************

 

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

幸せなお金持ちになる人の考え方 富保有意識

 

 人間力を学ぶ月刊誌「致知5月号」の致知随想に、本日

の標題に掲げたタイトルの文章があります。ネクストレベ

ルという会社の竹井社長が寄稿されている文章で、お金に

対する考え方から、如何に人生を生きたら良いかという事

を短い文章にまとめておられています。本日はそんエッセ

ンスを絞り出してみます。

 

 竹井社長は、大学生の時に学費を稼ぐために投資を始め、

二年後には月収一千万円を達成する事が出来たそうです。

その後も投資家として実績を積み、社会に貢献する「社会

投資家」育成のための会社を設立されます。

 

 大きなお金持ちは二つのタイプに分かれるそうです。

一方は身を持ち崩してしまう人。もう一方は自分も周りも

幸せにできる人です。

 

 では、幸せなお金持ちになるためには何が必要でしょう。

この幸せなお金落ちに共通するのは、ある意識の高さで、

竹井社長は、この意識を「富保有意識」と命名されていま

す。コップにいっぱい水が入っていたら、水を注いでも、

その水は溢れてしますだけです。十分な器がなければ、幾

らお金が入ってきても受入れることができず、身を滅ぼす

危険性もあると言われます。大きな器になるためにはどう

すれば良いのでしょうか。

 

 そのポイントの一つは「自分の枠」を超えることです。

自分だけのためにお金を使うのではなく、周りのために

社会のために、後世のために何ができるかを考える。そう

することによって自分のレベルを超えた力が生まれてくる

と竹井社長は言われています。

 

 もちろんひとりでできることには限界があり、チームを

組むことで限界を超えていくことも可能なのです。

「類は友を呼ぶ」といわれますが、常に精進し自分の人格

を磨くことでよい友、仲間が集まり、またその仲間たちに

よってより高い意識に導かれていきます。

 

 自分自身がはっきりとした志を持ち、それを基準に仲間

を集め、またその仲間たちと共鳴し切磋琢磨することで

より高みを目指していくことができます。

 

 よほどの天才でもない限り、人間は「一馬力」だけで

成功するのは至難です。しかし、チームを組み、「多馬力」

を得ることができれば道のりは随分楽になります。この時

に大切なのが、組織のビジョンであり、リーダーの徳性で

す。『論語』にも「徳は孤ならず、必ず隣あり」という

言葉があります。

 

 使命感とは天に自分の命を使っていただく意識のことで

す。どんな試練も、使命を果たす自分を構築するための

必要な経験です。どんな出来事にも必要なメッセージがあ

り、それをどのレベルまで受け取れるかも富保有意識の差

として表れます。

 

 最後に竹井社長は次の言葉で文章を締め括っておられま

す。

「お金は使い方によって人格が出ます」。正しいお金との

付き合い方を身につけ世の中に貢献し、富保有意識を高め

合う、その仲間たちとともに切磋琢磨していきたいと思い

ます。

 

 私は、この竹井社長様の文章から、経営理念というビジ

ョンと、リーダーの徳性の重要性を再認識させて頂きまし

た。

 

 崇高なる志を持ち、切磋琢磨し合い、みんなで幸せな

お金持ちになりましょう。 

 

 

最後までお読み頂きありがとうござます。

 

 

 

***************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

場を清め=ブロークンウィンドー(割れ窓)理論

 

 我が社では、平成26年9月に国民教育の師父と謳われ

た森信三(のぶぞう)先生の言葉で、崩壊学校の再建の三大

原理と言われる『時を守り、場を清め、礼を正す』という

十二文字の言葉を社訓に掲げました。

 

 この言葉の中で『場を清め』の大切さを説明するのに、

次の様に説明しています。

 

「人間は、自分の周りの環境により、心に絶大な影響を受

 けています。美しい環境であれば心は美しい心に。醜い

 汚れた環境は、心をも醜く汚して行きます。

 だから、環境は自分の心の鏡であるとも言え、環境を整え

  綺麗にすることで、心を整え綺麗にいていくことが出来るの

  です。」と。

 

 そして、ニューヨーク(NY)市の犯罪撲滅の実話をその例と

して紹介させ頂いています。

1980年代、NY市ではなんと年に60万件以上の重犯罪事件

が発生していました。当時、NY市の地下鉄には絶対に乗

なという話を覚えている方もおられると思います。

 

 建物の窓が割れているのを放置していると、その放置さ

れた傷ともいうべき乱れが人の心に浸透し、やがて他の窓

も間もなく全て割られてしまう。これが標題に掲げた『ブ

クンウィンドー理論』です。ゴミが一つ捨てられ放置しておく

と、その場所が間もなくゴミの山になってしまうということを

目撃された方も沢山おられると思います。

 

 この理論を提唱したのがアメリカのラトガース大学のジ

ージ・ケリング教授で、この理論に基づき、NY市の地下鉄

の凶悪犯罪の抑制のために、落書きを徹底的に消すこ

を提案しました。

 落書きが放置されている状態は、窓ガラスの割れた建物

や車と同じと考えたからです。

 

 そしてNY市交通局は、この落書きを徹底的に一掃する

針を打ち出し、1989年に全ての落書きを消し去りました。

 すると重犯罪事件が減り始め、1994年には約半分迄減少、

そして結果的にはなんと75%も重犯罪事件が激減したのだ

そうです。

 

 1994年にNY市の市長になったルドルフ・ジュリアーニ氏は、

地下鉄で成果をあげた犯罪抑制対策を、NY市警察にも導入

しました。NY市では、落書きは勿論、歩行者の信号無視、

空き缶やゴミの投げ捨てなどの軽犯罪の取締りを徹底的に

強化しました。その結果、NY市全体の犯罪件数も激減した

のです。

 

 実はこの『ブロークンウィンドー理論』は色々な所でも応用

され生かされたいるのです。

 

 東京のディズニーランドやディズニーシーでは、園内の

細な傷もおろそかにせず、ハゲた塗装はすぐに補修したり、

破損箇所も見つけ次第すぐに修理をしており、こういう積み

重ねが、社員のみならず、お客様のマナーも向上させること

に成功していると言われています。

 

 この『ブロークンウィンドー理論』が説かれる前から森信三

先生が説き続けておられた『時を守り、場を清め、礼を正す』

は、まさに冒頭に記した次の言葉の通りなのです。

 

「人間は、自分の周りの環境により、心に絶大な影響を受

 けています。美しい環境であれば心は美しい心に。醜い

 汚れた環境は、心をも醜く汚して行きます。

 だから、環境は自分の心の鏡であるとも言え、環境を

  え綺麗にすることで、心を整え綺麗にいていくことが出来

  るのです。」

 

 我社の社訓とさせて頂きました『時を守り、場を清め、

礼を正す』。この森信三先生のこのお言葉の大切さの理解

を深めるために学び続け、日々実践に努めてまいります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

***************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »