« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月29日 (月)

「ありがとう」が生んだ奇跡 致知8月号より

 8月29日月曜日、今朝は少し早めに起きて、4時過ぎ

に家を出て10km弱のランニングをしました。家を出た時

にはまだ空は真っ暗でしたが雨が降ってくるのが分かる程

空には分厚い雲があるのがわかりました。でも5時前から

日の昇ってくる南西の広いエリアの地平線上を帯びのよう

に広い範囲で雲間が広がり、美しい紅(くれない)色に染ま

っていました。ああ美しやこの大自然なりです。この文章

を書いている6時には、空は真っ暗で雨が強く降っていま

す。

 

さて本日は、人間学を学ぶ月刊誌「致知」8月号から命の

メッセージ『「ありがとう」が生んだ奇跡』という遺伝子

工学の第一人者で筑波大学名誉教授と工藤房美さんの対談

を簡単にまとめて感想を盛り込みながらご紹介させて頂き

ます。

 

 工藤さんは、現代医学ではもはや手の尽くしようのない

ガンを患いながら、見事に生還を果たされます。その過程

には、村上和雄教授が著した一冊の本「生命の暗号」との

出会いがありました。生かされていることへの感謝の念を

数え切れないほどの「ありがとう」に託してこられた工藤

さんが闘病の軌跡を語られています。

 

 この話を読んで、この工藤房美さんが、なんとパワフル

で、しかもこれほどまでに素直で超力強い心を持っておら

れることに先ず驚嘆しました。工藤さんは、鼻血が止まら

ず日赤病院に担ぎ込まれて診察を受けることで子宮ガンと

判明します。しかもそのがんは既に進行が進み末期とも言

える状態になっており、手術の出来る状態ではありません

でした。

 

 そのガンの治療のための「ラルス(遠隔操作式高線量膣

内照射装)」という地獄の様な治療を受けるとになります。

その治療は、痛みが激しく、患者が一ミリも動けない様に

診察台に体を固定するのに一時間もかかるという恐ろしい

治療です。口にはタオルが突っ込まれていて声を出せない

様にします。一回目の一時間に渡る治療は、もう痛いとか

苦しいとかなんてものじゃない。しかしただその痛みを無

防備に受け止め続けるしかできない状態だったと工藤さん

は語られています。

 

その「ラルス」の治療を二回目に受ける前日に、村上先生

のご著書「生命の暗号」を息子さんの先生から紹介され読

まれました。この著書の受け止め方が、先ほど表現した

「素直で超力強い心」ということです。

 

「人間には60兆個の細胞があって、細胞一個の核に含ま

れる遺伝子の基本情報量は三十億の化学文字で描かれてい

る、人間は生まれてきただけでも大変な偉業を成し遂げた

のであり、生きているだけで奇跡中の奇跡なのだ」などの

村上先生の読んでいたら、工藤さんは人間として生まれた

ことが嬉しくてしかたがなくて、さらにその意識がどんど

ん膨らんで、いつの間にか地球を飛び出して、宇宙から

地球を見ていたんだそうです。そして、地球上にいるすべ

ての人たちが奇跡の存在だと思うと、なんだか愛おしいや

ら嬉しいやらで、光り輝く地球を思いきり抱きしめたおら

れたそうです。そしてその時に思い浮かんだのが「私たち

は生きているのではなく、生かされているんだ」という

純粋な思いだったそうです。これは、工藤さんが完全に

悟りの世界に入っていかれたのだなと私は感じました。

 

 それから工藤さんは、あとどれ位生きられるかわから

ないけど、ずっと自分を支えてきてくれた六十兆個の細

胞の中にある遺伝子一つひとつにお礼を言おうと思われ

て「ありがとう」を自分に言い続けていかれます。

 

 そうしていたら不思議なことが起こり出します。

あんなに痛くて苦しかった「ラルス」が二回目の時には

全く痛くなかったそうです。

 

 この痛みがなかったと言う話を読み思い出したのが、

1,582年に織田信長に火炙りの刑で座禅したまま「心頭

滅却すれば、火もまた涼し」と唱えて、平然と焼け死んで

いった甲斐の慧林寺の快川(カイセン)和尚のことでした。

 

 こんな話は、本当なのかなと思っていましたが、これは

最近読んだ本に書いてあった話ですが、末期の患者さんに

モルヒネ様な鎮痛剤を使いますが、実は、人間は、座禅や

瞑想法をやり悟りの境地に達すると、痛みを和らげるため

にこのモルヒネの5倍以上強力な力を持つβ−エンドルフィ

ンという脳内麻薬物質というものを身体の中で自分で作り

出すそうです。

 

 まさに工藤さんは、超素直な心で『ありがとう』と唱え

続けることで、悟りの境地を深めていかれて、奇跡とも言

える快挙を起こされていきます。

 

 病院を退院する時にお医者さんから退院療養計画書を

渡されますが、その計画書は自ら作るものと受け止め一晩

で十年分の計画を自ら作り、その計画を全うされてこられ

ています。

 

 私も悟りの境地に達したいと毎日の様に瞑想などをして

いますが、まずは、強烈な素直な心で感謝することが如何

に大切かを教えられました。

 

 そして、工藤さんが感じられた様に、生きているだけで

奇跡であり、この光り輝く地球を思い切り抱き締めたいと

いう位、大きな愛を持って生きて行きたいと心底思います。

 

 工藤さんが、病気と判明した時に、絶望せずに、ご縁で

巡り合った村上先生の著書に導かれて、病気を通して人生

を切り開いて行かれます。

 

 問題の受け止め方の大切さも教えてくれる話です。この

工藤さんの話は、決して特別な人の話ではなく、如何に心

を素直に、積極的に持って生きることが大切であることを

教えてくれているのだと思います。

 

 この度も素晴らしいお話を教えて頂いた「致知」に感謝

致します。

 

 最後までお読み頂きありがとうございます。

 

*************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

 

 

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

真夏のランニング中の補給は何を?

 

 来月9月の中旬に参加予定の歴史街道丹後ウルトラ100km

マラソン大会の為に、この真夏の8月の練習は欠かせませ

ん。ある程度の距離を走る必要があり、私は家から姫路城

を通って廣峯神社の往復45kmを大会当日までに何回か走り

ます。

 

 涼しい時期には、5時間以内で走れるコースですが、この

真夏には、6時間以上掛けて走ります。もちろん速度もゆっ

くりですし、また火照った体を冷やすためにクーラの効い

たコンビニで、栄養補給のために何か身体に良さそうで、

しかも美味しそうな物はないかと棚を物色しながら時間を

つぶします。

 

 最近気に入って良く食べているのが、フルーツ缶詰の

小分けにしたパックです。桃やみかんやパイナップルなど

とても食べやすいサイズのパッケージに入っており、冷や

してあるためとても食べやすく気分爽快になります。

 

 本来桃は今が旬で、新鮮な桃を食べるのが一番美味しく

て栄養価も高いのでしょうが、実は、この桃缶には、生の

桃にない栄養分が含まれているそうです。

 

 カルフォルニア大学クリスティン M.ブルーン博士による

と缶詰処理中に果肉の細胞壁が破壊され、栄養素が体内に

吸収されやすくなることで、ビタミンCの含有量は、なんと

生の桃の4倍も含まれ、また、「血をつくるビタミン」と

言われる葉酸の含有量の缶詰の桃の方が多いそうです。

 

 ただし、缶詰にすることで逆に失われる栄養素もある為、

本来「旬」の新鮮な物を頂くのが一番美味しく、身体にも

良いのかもしれません。

 

 一般的に、一年間で最も栄養価が高くなった時期を「旬」

と呼び、旬でない時期に収穫されたものと比べて何倍もの

栄養素があるそうです。これは、毎朝会社にアルフィック

ス日報という題名で送られてくるファックス通信に書いてあ

った話ですが、先ほどの「桃」というのは古代中国では魔

除けに使われたり、長寿の果実と信じられてきました。

 

 日本でも同様で、今でもその思想が残っているのが3月

の桃の節句です。桃には水分が多い為水に溶ける水溶性の

食物繊維が多く含まれています。この食物繊維には、ペク

チンという成分が豊富に入っています。ペクチンには整腸

作用があり、下痢の予防や便秘解消の効果があるので、美

肌や大腸ガンの予防にも効果があるのです。他にもコレス

テロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑えるなどの効果

もありますす。また皮膚や粘膜の健康を保つ、水溶性ビタ

ミンであるナイアシンも含まれています。

 

どんだけ身体にええんかと思えるくらいの事が、そのファ

ックス日報に書いていありましたので、これからは生も

桃缶も桃というものを、もっともっとありがたく頂戴して

まいります。

 

 そして、真夏のランニングの長距離トレーニングには、

コンビニはオアシスでありがたくなくてはならない存在です。

先日も45kmを6時間以上掛けて走った時も、冷たい水や

スポーツドリンクを8本、4リットル以上を飲み、桃やパイ

ナップルのどのフルーツを食べて元気を回復しながら楽

しむ事が出来ました。コンビニに支えられてのトレーニン

グです。無理せず、楽しんで、身体を少しずつ鍛えながら、

歴史街道丹後ウルトラマラソン100km大会の11目の完

走を目指しています。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

*************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

売り上げが伸びる接客法

 

 本日の表題に掲げたテーマは、人間力を学ぶ月刊誌致知

8月号の中の「第一線で活躍する女性」というシリーズイ

ンタビューで登場されている、ビジューライフ社長の鈴木

比砂江氏の『自分をもっと大切にできる人を、もっともっ

と増やしたい』というお話の中から営業力を身につけるお

話の紹介です。

 

 鈴木氏は、『売り上げが伸びる接客法』をテーマにコン

サルティング活動をされています。

 

 鈴木氏のコンサルティングは、現場の方々の売る力を養

う教育プログラムを一緒に考え、研修していくという形を

とっておられます。

 

 接客で男性と女性の仕方も違うという次の話には、なる

ほどと納得させられます。

 

「男性はその商品が出来上がるまでのプロセスや、その企

 業や創業者の思いなんかをお伝えすると共感していただ

 きやすいですね。でも女性にお話をしても「ふーん」で

 終わってしまうことも多いので、その商品を実際に使う

 シーンを交えてお勧めした方が響くんです。このお洋服

 をお召しになって同窓会に出席されたら、きっとお若く

 見られそうですねとか。」

 

 鈴木氏が接客のノウハウを確立するきっかけは、大学時

代に大手ハンバーガー・チェーン店で、新しいお店が出来

た時にオープニングスタッフとして採用されるのですが、

そのお店で、いきなり人が足りないからと無茶振りでアル

バイト・マネージャーを任せられます。

 

 最初は何をしていいのかわからないからお店の全スタッ

フにインタビューをされました。

 その質問は「どんなお店だったらまた来たいと思う?」

です。

 

 そうすると自分には見えない視点がいっぱいもらえて

その視点を接客に活かしていくんですね。

 

例えば、

 

*主婦の方は、家族で来店してポテトを頼むと、お子さん

 が小さいから余ってしまうそうです。だからスタッフが

 定期的に「お持ち帰り用に袋をお持ちしましょうか?」

 って声を掛けに来てくれたら、もっと気軽にお店に来ら

 れるとか。

 

*高校生の子からは、部活帰りは荷物が多いので、帰る時

 にトレーを下げに来てくれたら、いいお店だなって思う

 と言われ、どんなタイミングでお声掛けすべきか聞いた

 ら、「携帯をしまったら帰るということですよ」って教

 えてくれたとか。

 

 こういう皆の声を取り込んでいくうちに、実際にお店の

客単価が上がっていったそうです。

 

 そして、お客様の反応が変わる楽しさを実感することで、

接客する自分達自身も変わっていかれたそうです。

 

 そして、接客コンテストで1位を受賞されています。

この接客の経験から、大学卒業後は、2万人の応募に対して

百人しか採用されないルイ・ヴィトンに入社されます。

 

 最初は、ほとんど成績が上がらず状態でした。

そこで、まず自分がお客様になって接客を受けてみること

にされ、休みの度に、何十件ものお店に行って接客を受け

ます。

 

 思わず買ってしまう経験もいっぱいされたそうですが、

最初の頃は買った理由が全然わからなかったそうです。

 

 そこで、接客を受けて気づいたことはすぐに携帯にメモ

して、今週はこれをやってみようと思ったものを手帳に書

いて実践して行かれます。

 

 そして最初に気づいたポイントは、お客様の話を聞くと

いうとてもシンプルなことでした。伝えるよりも聞くこと

が大事なんだと。この一ヶ月は売れなくてもいいから聞こ

うと。そうしたら、、こちらから商品のよさをくどくど説

明しなくても売れるようなっていったそうです。

 

 鈴木氏は、その後色々なことを学びながら年間個人2億

円を販売する、ルイ・ヴィトンのトップセールスの実績を

揚げられます。

 

 この鈴木氏のお話の紹介は、これまでに致します。

 

お客様に喜ばれる、自分をもっと大切にする生き方を学び

たい方は、致知8月号の78ページからのこの鈴木氏の

インタビューのお話をお読みください。

 

 今日は、同じく月刊誌致知8月号の「致知随想」という

寄稿文がまとめて掲載されている文章の中から、お一人の

お話を、しかも、ほんの一部だけを紹介いたします。

 

 

 致知を購読されておられる方の中でもこの「致知随想」

を読まれていない方が時におられます。

 

 8月号には6名の方が文章を寄せられいています。

短い文章かもしれませんが、本当に素晴らしい方々が、

人生の真髄とも言えるお話をされています。

 

 

 そのお話とは、イシドという算盤教室を運営する会社の

社長の沼田紀代美氏の「仕事とはいかなるものか」という

お話です。

 

「仕事ほど楽しいことはない」とは今私が実感しているこ

とですが、初めからそう思えたわけではありません。二十

代の頃は「生きるためには働かなければいけない」と、

やらされ意識で仕事をしていた時期がありました。しかし、

結婚して専業主婦になって初めて、

 

「お金はあっても、誰かのため何かのために生きなければ、

 何の価値も楽しみもないんだ」

 

とつくづく感じたのです。

 

 仕事が「やらされているもの」から「やりたいもの」に

変わった瞬間に、初めて働く意味を知りました。

 

本日は、これにて終了です。

 

私は、ここで紹介させて頂いている『人間学を学ぶ致知』

の読者を増やして行くことで、その読者が、人間力を高め、

人の世のために役立つ人となるための大きな力となると信

じています。

 

そして、我国日本が、敗戦により米国の占領政策の一環と

して行われた、WGIP(戦争についての罪悪感を日本人

に植え付けるための宣伝計画)によって破壊された心を蘇

らせ、日本人が世界でたぐい稀な美しい心を持つ民族で

あることに気づかせてくれ、そして、これから私たち日本

人が、世界で如何に役に立っていかねばならないことを気

付かせてくれると信じて、致知の読者を増やしていくこと

に力を入れて参ります。

 

京セラの創業者稲盛和夫氏は、

致知の読者を『ソールメイト』と言われています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

*************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

 

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

世界にもし日本がなかったら!歴史の真実 アジアの真実

 

 

『世界にもし日本がなかったら!

            歴史の真実!アジアの真実』

 

 本日標題に掲げたタイトルは、昨年の12月に出版された

池間哲郎氏の著書のタイトルです。池間氏は、以前に人間

学を学ぶ月刊誌「致知」にも登場されています。そのお話

を読んだ時、これまでこの日本を支えてこられた日本人の

素晴らしさを改めて教えられ感動を覚えてたこと、そして

如何に近代の歴史を私は知らず、勉強していないかと言う

ことを痛感させられました。

 

 池間氏は、昭和29年にアメリカ占領時の沖縄に生まれ、

サラリーマンを経てカメラマンとして記録映像やCMの撮影

制作を行う会社を設立されます。出張で訪れた台湾で山岳

民族の貧困と人身売買問題を知ったことをきっかけに、

1990年からアジア各国をまわり、現在はNPO法人アジアチャ

イルドサポートの代表として、貧困や教育問題の支援や

色々な改善活動を行いながら、真実の歴史を知るために、

アジアの各国に生き残る老人の方々にインタビューを続け、

著書や映像を活発に配信され続けて居られます。

 

 マレーシアのマハティール元首相の言葉「想像してみた

らいい。日本の存在しない世界を」を、池間氏がご自身の

実際の活動を通じて体感した感動の思いを語る事で証明さ

れているのが、この著書だと思います。取りとめもなく纏

めながら、池間氏のお話を紹介して参ります。

 

 この著書の大意をお伝えする言葉として次のお話が良い

と思います。

 

『もし日本が欧米と戦うこともなく、そのまま何もしなか

 ったとしたら、現代の世界はもっと大変な状況、つまり

 欧米などの白人列強の国と、支配された植民地という

 図式のままになっていたんじゃないかと思います。

 

  カンボジアやラソスなどで、田舎のおじいちゃん、

 おばあちゃんを訪ねて植民地時代の話を聞くと、日本人

 では想像もできないものすごい残虐なことをされていま

 すよ。日本人は、白人がアジアの人々に対してどんなに

 ひどい植民地政策をやってきたを知らなさすぎます。

 でも、そこを知ることは大事ですよ。』

 

 この著書の中に忘れさられた日本の偉人として9名の

英雄が紹介されていますが、その中から六名の方の名前

だけをあげて紹介させて頂きます。 ご存じなく、興味

を持たれた方は、ネットで検索してみてください。

 

*台湾を救った謎の釣り人 根本博

*実在した「快傑ハリマオ」谷豊

*フィリピンに散る    本間雅晴

*GHQを論戦でやっつけた男 岡田資

*温情の人  今村均

*ビルマを救った「ボモージョ」鈴木敬司

 

 この偉人たちのことを学ぶことで、日本の歴史教科書に

は決して登場しない、日本では教えられることのない方々

が、アジアの各国で今でも教科書の中でも教えられ、英雄

として尊敬し続けられている事実を知り、日本人として嬉

しくなり、誇りを感じることができると思います。

 

 では何故私達日本人は、戦後70年以上ったても、この様

なアジアの各国から英雄として尊敬され感謝される偉人を

教えられず、知らないのでしょうか。

 

 それは、既に歴史の真実として日本人の多くが知る様に

なりましたが、日本は敗戦後、日本人の凄まじいばかりの

精神性の高さに恐れをなしたGHQにより綿密に徹底的に

行なわれている

 

「戦争についての罪悪感を日本人に植えつけるための宣伝

 計画」WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)によって、

 

見事といえるほど、日本人から誇りと自信を奪い去り、

日本は悪い国、戦前の日本の精神文化の否定を自ら行う様

に洗脳され続けているからなのです。

 

 お米を食べなくなったのも、戦後アメリカで余った小麦

を日本人に無理やり食べさすために、「米を食うと頭が悪

くなり体も弱くなる。だからパンを食べましょう」と大体

的に宣伝し、キッチンカーなるものまでを作り、日本全国

津々浦々を巡りなどの徹底した洗脳政策を行った結果に

よるものなのです。

 

 国旗や国歌を掲揚し歌う事もが右翼と言われる時代も

ありました。今も国歌を誇りを持って堂々と歌う人が僅か

ばかりです。

 国旗日の丸が最初に使われたのは文武天皇の朝賀の式典

701年の事と言われていますので、1,300年以上も前の事

になります。

 

「日の丸」日章旗の素晴らしさに惚れ込んだフランス政府

は、明治3年に当時のお金500万円(現在の200億円程度)で、

売ってくれと打診してきた史実もあるそうです。

 

 国歌「君が代」は、今から1,100年以上前に編纂さられた

古今和歌集の短歌のひとつで、祝いの席やめでたい時に唄

われる「賀歌(がのうた)」として古くから日本人に愛され

てきたのです。

 

 この話はこれまでこのブログでも紹介してきましたが、

イギリスの世界的な歴史学者アーノルド・トインビーは

1213歳ぐらいまでに自国の神話を学ばなかった民族

 は例外なく滅ぶ」と言っています。 敗戦後、GHQの

洗脳教育の一環で、『古事記』『日本書紀』は史実ではな

く非科学的だとして排除されてきました。

 

 ノアの箱船、イエスキリストのマリア処女生誕などの

聖書の話を非科学的だと排除すればどうなるでしょうか?

そういう事を公言した為に、命を失った人がどれほどいた

でしょうか。

 

 そして、日本は、世界最古の国家である事も多くの日本

人は教えられず、知りません。

 

 日本の建国記念日は211日です。これは、神武天皇が

紀元前660年の元旦(旧暦)に即位されたと『古事記』

『日本書紀』にあり、世界最古の国家であり、ギネスブッ

クにも認定さられ明記されているのです。

 

 池間氏のお話を少しだけ紹介してきましたが、最後に

池間氏がこの著書で伝えたかったことを、この著書の最後

で語っておられます。その言葉をそのまま紹介させて頂き

お伝え致します。

 

「19世紀後半以降、ほとんどの有色人種の国が欧米列強

 の植民地となり、純粋な独立国家はほとんどなかった。

 そういうたいへんな状況の中で、日本の先人たちは、

 自分たちの力で国を守ってきてくれたわけです。

  その歴史を知れば、先人たちがどれだけ努力をして、

 どれだけの命をかけて日本を、そして私たちを守って

 くれたかが分かります。その精神は、アジアの人たちに

 も伝わっているんです。」 

 

 小学校の教科書にしてもらいたいとも思えるこの池間氏

の著書『世界にもし日本がなかったら!歴史の真実!

アジアの真実!』(株式会社育ホウ社発行)を是非手に取

り読まれ、また、宣伝して頂きたいと熱望致します。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

*************************

藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/

たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

兵庫の社長tv藤橋家 

http://hyogo-president.net/fujihashiy

***************************

 

 

 

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »