« リーダーになる人に知ってほしいこと 松下幸之助 | トップページ | 『「幸せって何?」福島智先生の著書を読んで。』 »

2016年11月 2日 (水)

『藤橋家 創業百一周年記念事業を開催』

『藤橋家 創業百一周年記念事業を開催』

 我が社 藤橋家は、昨年平成27年10月にお陰様で創業百年
を迎えることができました。そして、永続し続ける企業で
あること、人の世の為に役立ち続けることが経営の最も
大切なことであるという思いに立ち 更なる百年の二百年
企業を目指し 新たな一歩を確実に踏み出すという強い
いを込めて、今月10月24日に創業百一周年の記念祝賀会
を開催させて頂きました。

 我が社の歴史を簡単にご紹介させて頂きながら、私の
経営に対する想いなどについての挨拶をさせて頂きました。
本日は、その内容を一部紹介させて頂きます。

 元々 藤橋という一族は、平成の大合併以前の地名で
すと、岐阜県藤橋村という平家の落ち武者達の作った
「村」にまでさかのぼることができます。

 私の曽祖父の利吉は、優れた建設・土木の技師であり
事業家として東海道・山陽本線の鉄道建設に たずさわり
親方として 姫路までやってきました。

 当時沿線の終点が網干駅近くであっために今の余部区下
余部に住むことになり、土木事業などをこの地で続けて
っていたと、村の近所のお爺さん達から教えて頂きました。

 そして、祖父 豊二郎が大正4年に今 私の自宅のある 
姫路市余部区下余部で創業し、叔父雄男が二代目として
引継ぎ、昭和31年に株式会社藤橋商店として会社組織とし
ました。
 
 その叔父が五十代に病気を患い、急遽 父孝夫が勤めて
いた商社を辞め、叔父が63歳でなくなった昭和63年に会社
を引継ぎました。

 そして、父が平成152月に75歳でなくなる直前の1月に、
私が40歳の時に4代目として 会社を引継ぐ こととなり 
現在に至っております。
 
 こうして本日新たな百年の第一歩を踏み出すことがで
きますのは、偏にこれまでに支えて頂いた数えきれない
方々と地元地域の皆様のお蔭であります。
 私達社員、そして、会社もまた生かされているという
感謝と喜びの気持ちを込めて 経営理念の言葉通り、
社員一同笑顔喜びと活気に溢れ 祝賀会を開催できたこと
を心から感謝し喜んでおります。

 祝賀会で「本当にバカみたいな余興」を真剣にやって
笑わせてくれた社員達。そして「これまで、そして、これ
から」というテーマ熱く思いを語ってくれた社員達、
そして、祝賀会の準備を一生懸命にしてくれた社員達が、
いつのまにか、大きく成長していると実感できたことも
大いなる喜びでした。

『感謝するということは、人間が楽しく生きて、
 周囲を明るくし喜びを与える最高の姿である。』

『感謝するということは、人間が楽しく生きて、
 周囲を明るくし喜びを与える最高の姿である。』

という京都大学第16代総長 平澤興先生のお言葉の通り、
周囲を明るくし喜びを与える最高の姿になって人生を、
そして、事業を進めて参りたいと念じております。

最後までお読み頂きありがとうございます。
引続き皆々様のご指導ご鞭撻を宜しくお願い致します。

『ありがとう! 感謝します! ついてる!』

*************************
藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

|

« リーダーになる人に知ってほしいこと 松下幸之助 | トップページ | 『「幸せって何?」福島智先生の著書を読んで。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーダーになる人に知ってほしいこと 松下幸之助 | トップページ | 『「幸せって何?」福島智先生の著書を読んで。』 »