« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

『お陰様で、世界遺産 姫路城マラソン完走です』

『お陰様で、世界遺産 姫路城マラソン完走です』

 昨日二月二十六日に第3回目となる世界遺産姫路城マラ
ン大会2017が開催され、日本一とも言える沿道の声援に
支えられ、そして絶好の天候にも恵まれて、3間47分
39秒で完走させて頂きました。

 練習不足にもかかわらず目標の4時間切りが出来たが事
沿道の暖かく激しいとも表現出来る素晴らしい応援に
元気と感動の力をいただいたおかげと感謝、感謝です。

 今日は人間学を学ぶ月刊誌致知二月号の鈴木秀子さんの
「人生を照らすと照らす言葉」の連載から「返しても返し
も返ししきれない数々の大恩よ」というお話を紹介させ
て頂きます。
 鈴木秀子さんの文章を引用します。

 私たちが今こうして生きていられるのは、いろいろな人と
のご縁や天地万物に支えられてきたお陰です。しかしともす
ればそのことを忘れて自己本位に生きてしまうのは人間の弱
さです。

 坂村真民さんの詩を味わうことで、大恩に思いを馳せて
ましょう。坂村真民さんの姿はどれも味わい部会ものばか
ですが、とても心に染みいるすばらしいしに最近出会いま
た。この後読んで感じることを皆様と共に分かちあって
みたいと思います。

 三つの時の写真と
 七十三歳の写真を
 並べて見ていると
 守られて生きてきた
 数知れないあかしが
 潮(うしお)のように迫ってくる
 返しても返しても
 返しきれない
 数々の大恩よ

 人間はみな一人で生きていける人など誰もいません。
にもかかわらず、まるで自分一人で生きてきたように錯覚
してしまいがちなのが人間の弱さなのかもしれません。

 そんなことをこの坂村真民さんの詩が教えてくれている
思います。


 鈴木秀子さんは次のように文章を綴られています。

 人間が幸せで健康に生きていく上での一番の秘訣は、
無数の恩によって生かされていることをしっかりと自覚し、
そのありがたさを知ることにある、ということです。

 私たちは手足が自由に動くことも、毎日三食を口にでき
ことも、家族がいることも、誰かが親切にしてくれる
ことも、電車が動いていることもすべてて「当たり前」
と思って、感謝するどころか、そこに不満の種すら見つ
けてしまいます。
 
 しかし静かに思いをめぐらせると、「当たり前」のこと
など一つもなく、すべてが奇跡の連続なのです。

 私たちが「当たり前」と思っていることを「ありがたい」
感じる心の習慣が身に付くと、その人の運勢はどんどん
良くなり、心身ともに健康になっていきます。

 幸せなことが次々に起こるようになります。
これは多くの人を見てきて私の実感です。


 会社の多くのスタッフの方々が、マラソン大会のイベン
トに参加し仕事をしてくれている中を、大声援に支えられ
気持ちよく、楽しく、爽快にマラソンを完走させて頂き、
鈴木秀子さんの言葉を噛み締めています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

************************

藤橋家homepage   http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

『オグ・マンディーノ著“世界最強の商人”を読んで②』

『オグ・マンディーノ著“世界最強の商人”を読んで②』
 2月19日(日)の朝八時過ぎに近所の揖保川沿いをラン
ニングしていたら、この春初めての雲雀が頭上に飛び出し
て来て、美しい声で歌ってくれました。まだ雪が降り、
寒い日が続きますが、確実に春は近づいています。
 さて、先週に引き続き、世界的な自己啓発と成功哲学の
ベストセラー作家オグ・マンディーノの著書“世界最強の
商人”についての話を続けます。
 この本の原著はアメリカで1968年に出版された、わずか
111ページの短い小説です。英文の原著が届き、読んだ和訳
本の素晴らしさが何となくわかってきました。
 私の読んだのは角川文庫から出ている山川絋矢氏と山川
亜希子氏のお二人の翻訳本です。
この物語は約二千年前の中近東が舞台となっており、イエ
スキリストの誕生の場面が重要な役割を果たしています。
主人公のハフィッドは、自分のご主人様パトロスから授け
られた、世界最強の商人になるための秘密の十巻の巻物の
教えを忠実に学び続け、そしてついに全部の巻物のすべて
の言葉を暗記してしまい、それらの教えを自分の人生観と
人生そのものにするのです。言い換えれば、それらの教え
の全てを自分の習慣にするということのなのです。
 さて、本日はそのハフィッドが受継いだ、世界最強の
商人となる為その十巻の巻物の教えとは如何なるものかを
振り返りながら、そのエッセストなる文章を抽出していき
ます。
第1巻目
私は今日から、新しい人生を始める。
私は良い習慣を身につけ、その奴隷になる。
私はそれぞれの巻物を30日間、ここに規定された方法で
読み続ける。そして、それを終えるまでは、次の巻物に
進んではならない。
今日、私の古い皮膚は埃(ほこり)になって消える。
私は背筋をまっすぐにして人々の中を歩こう。彼らは私
に気づかないかもしれない。私はすっかり生まれ変わっ
て、新しい人生を歩き始めた新しい人間だからだ。
第2巻目
私は今日という日を心かの愛をもって迎えよう。
今から私はすべての人を愛そう。
今この瞬間から、憎しみを私の全ての血管から追い払おう。
なぜならば、私には憎んでいる時間はないからだ。
愛するためだけに時間を使いたい。
今、この瞬間から、私は男の中の男になるための
第一歩を踏み出そう。

私は愛を持って売り上げを100倍にし、
そして偉大なセールスマンになるのだ。

たとえ私に他の資質がなかったとしても、
私は愛だけでも成功することができる。
たとえ世界中のあらゆる知識や技術を持っていようと、
愛がなければ私は失敗するだろう。

私は今日という日を心からの愛を持って迎えよう。
そうすれば、私は必ず成功する。


第3貫巻目

私は成功するまでがんばりぬく。

私は昨日の成功で自分を甘やかして、
今日の自己満足にはしたくない。
なぜならば、それこそが失敗の最大の原因になるからだ。
私は過ぎ去った日のことは、良いことであれ悪いことで
あれ、全て忘れよう。
そして今日こそが人生の最高の日になるように、
新しい日の出を自信を持って迎えよう。

私は命のかぎり、がんばるつもりだ。
なぜならば、今こそ私は成功するための最も偉大な
原理の一つを知ったからだ。

それは、「永くやり続けてあきらめなければ、
私は必ず勝つ」と言うものだ。

私は頑張り抜く。
私は勝つ。


第4巻目

私はこの大自然最大の奇跡だ。

大自然は敗北を知らない。
自然は最終的には勝利する。そして私も同じだ。
勝利を勝ち取るたびに、次の問題はより易しくなってゆく。
私は勝ち、そして私は偉大なるセールスマンになる。
なぜならば、私はこの世で唯一の存在だからだ。

私はこの大自然最大の奇跡だ。


第5巻目

私は今日が人生の最後の日だと思って生きよう。

私はたった一つの人生しかない。
そして、人生とは時間で計られるものに過ぎない。
私が一つを無駄にすれば、他の一つも破壊する。

私は時間を無駄にするものは、極力避けようと思う。
ぐずぐずと延期することはやめ、直ちに行動しよう。
疑いは信頼のもとに葬ろう。
恐怖は自信を持って断ち切ろう。

今日なすべき事は今日のうちにしてしまおう。

私は今日が人生の最後の日だと思って生きよう。
そしてもし、今日が最後の日ではなく、
明日も生きていられたならば、
私はひざまずいて神に感謝しよう。


第6巻目

今日、私は自分の感情の主人になる。

弱者とは、自分の感情が行動を
支配するのを許す人のことである。

強者とは、自分の行動によって感情を
支配する人のことである。

今日、私は自分の感情の主人になる。

今日から私はすべての人間の、そして私自身の感情の
神秘性を認め、理解しよう。

この瞬間から、私は日々、自分の中にどんな人格が生まれ
ようとも、コントロールする用意ができている。
私は積極的な行動によって自分の気分を支配する。
そして自分の気分を支配できたとき、
私は自分の運命を支配するだろう。

今日、私は自分の運命を支配する。
そして私の運命とは世界最強の商人になることだ!

私は自分自身の主人になる。
私は偉大になるのだ。

第7巻目

私は世間を笑おう。

あらゆる生物の中で、笑うことができるのは人間だけだ。

笑うことができさえすれば、
私は決して貧乏にはならないだろう。
笑う事は自然が私に与えてくれた最大の贈り物だ。
だから私はこの贈り物をもう無駄にはしない。

笑いと幸せがあって初めて、
私は本当に成功することができる。
笑いと幸せによってのみ
私は労働の果実を楽しむことができる。
笑と幸せがないならば、失敗するほうがずっとましだ。
なぜならば、幸せは食事の味を
良くするワインのようなものだからだ。
成功を楽しむためには、私は幸せでなくてはならない。
そして笑は私に給仕する少女のようなものだ。

私は幸せになる。私は成功する。
私は世界最強の商人になる。


第8巻目

今日、私は自分の価値を100倍にする。

一粒の麦が100粒になり、
その一つはさらに100本の茎を生やす。
100倍が10回繰り返されれば、それらは地上の
すべての街の人々を養うことができるだろう。
私は一粒の麦以上のものではなかろうか?

今日、私は自分の価値を100倍にする。
そして一つの目標が達成されたら、
私はさらに新しい目標に向かおう。

そして、またそれを繰り返していく。
やがて、この巻物の言葉が私の中で実現したとき、
私の偉大さに驚きと賞賛の声が沸き起こるだろう。


第9巻目

私の夢は無価値だ。私の計画はゴミだ。私の目標は無駄だ。
どれも皆、行動が伴わなければ全く無価値なのだ。

私は今、行動する。私は今、行動する。
私は今、行動する。私は今、行動する。

これからは、
私はこの言葉を何回も何回も、何回も繰り返そう。
毎時間、毎日、この言葉が呼吸と同じように習慣になり、
それに続く行動が瞬きと同じように本能的な反応になるまで、
何回でも繰り返そう。

この言葉によって成功に必要なすべての行動をとるように
私の心を条件付けることができる。

この言葉を繰り返すことによって、
敗者が避けてしまういかなる挑戦にも立ち向かうように、
私の心を条件付けることができるのだ。

私は今、行動する。
なぜならば、私には今しかないからだ。


第10巻目

私は導きだけを求めて祈る。これらのものを
手に入れる方法を示してくださいと祈るのだ。
すると、私の祈りはいつも叶えられる。

悪い習慣が消え、良い習慣が身に付くようお導き下さい。
しかし他人の弱さに対する同情心も私にお与えください。
すべての苦しみはいずれ過ぎ行くものだと、
私に知らしめてください。
しかし今日の祝福を教える手伝いをしてください。
私はあなたによって選ばれ、種を撒かれ、
この世のブドウ畑で芽生えました。
どうぞあなたの御心のままにお育てください。

この微力な商人をお助け下さい。
神様、どうぞ私をお導き下さい。
 十巻の巻物のエッセンスを抽出しながら、オグ・マン
ディーノ著『世界最強の商人』を読み返してきました。
 この本を読んだ目的は、英語の勉強をするために、翻訳
本を先に読み原文を読み覚えるくらいに学んでみようと
思ったからです。この様な英語の文章を覚えることが出来
たらさぞかし英語がうまくなっているのだろうと、大いな
る夢を持ち勉強を進めていきます。
英語の原文の通りの音読を、YouTubeで見つけました。
感謝し、笑顔で楽しみにながら頑張ろう。
最後までお読み頂きありがとうございます。
************************
藤橋家homepage     http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »