« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月28日 (月)

『朝こそすべという名言から、理想の朝とは?』

『朝こそすべという名言から、理想の朝とは?』
 致知出版社から出版されている「安岡正篤一日一言」
の七月二日に『朝こそすべて』と題して、安岡先生の
次の言葉があります。
『一日二十四時間、朝があり昼があり夜があるとするのは
 死んだ機械の一日にすぎない。活きた時間は朝だけ、
 換言すれば、本当の朝を持たなければ一日無意義だとい
 うことだ。朝を活かすことから人生は始まる。』
 ということで、今日のブログで、どんな朝を持てば良い
のか、自分自身にとって本当の朝とは如何なるものかを
具体的に考え書き出していこうと思います。
 
各項目の多くは、私が師匠と仰ぐ中村天風鉄人の教えに
よるものです。
 先ず、起床は4時半ジャストに目覚めニッコリと強い
笑顔になり一発で跳ね起き上がる。(意志の強化)
そして、鏡に顔を写して、笑顔で「私は信念が強くなった」
と断定暗示をかけ、新たな一日、新たな命を頂いたことに
感謝と歓喜の気持ちで心を満たす。
「苟(まこと)に日に新た、日日に新たに、又日に新たなら
 んと」の大学の言葉を唱えて、心を更新する。
 
冷たい水で洗顔し、天風先生の著書で、三十一編からな
る「真理のひびき」を持って厠に入り、その日の箴言(しん
げん)を読む。
 ランニングの用意をして、5時にスタート8km〜10kmを
ランニングをする。先ず、氏神様の神社でお参りをしする。
ランニングをしながら、宇宙の偉大な力を身体中に吸収し
循環していくイメージを持ち続ける。
また、ランニングしながら、天風先生の誦句集を二冊唱和す
る。(二冊目は現在暗唱を進めているところです。)
 ランニングの最後に、裏にある墓地で御墓参りして、
ご先祖様にお祈りする。
帰ってから、筋トレと真向法というヨガ式ストレッチを行う。
そして、中村天風式体操を行い、シャワーを浴びる。
心を鎮めて、30分静かに安定打坐(天風式座禅)を行う。
本日一日の予定を確認し、段取り(優先順位6項目の決定
など)を行う。
 こんな朝を毎日過ごしたいと願いながら、毎日、朝を迎
えておりますが、前夜の過ごし方次第で朝の過ごし方が、
変わってしまっているというのが実情です。
寝る時には、どの様に過ごせば良いのかを、中村天風鉄人
は『ほんとうの心の力』という著書の中で「私の習慣」と
題して次の様にお話をされています。その文章をそのまま
紹介させて頂きます。(PHP出版から発売)
「毎晩の寝がけに、今日一日、本当にありがとうございま
 した。本当に嬉しく、ありがたく、これからやすませて
 いただきます」
 鏡を前において、顔を映して、じいっと顔を見て、
「お前は信念が強くなる」と一言いって、床の中に入る。
 
そして、
「今日一日、“怒らず、怖れす、悲しまず”を実行したか
 どうか」
「“正直、親切、愉快”に人生の責務を果たしたかどうか」
 少しでも自ら省みるところがあったら、
「明日は、今日よりも、もっと立派な人間として生きるぞ」
 ということを頃に描く。
 
そして、いかなることがあっても、喜びを感じ、感謝を
感じ、笑いを感じ、雀躍(こおど)りして喜ぶ気持ちになっ
て、その一刻を過ごすということが何十年来の私の習慣で
ある。そして、朝起きると、まず第一に、ニッコリと笑う。
もう、癖がついているから、目が覚めるとニッコリと笑う。
わざわざニッコリと笑わなくても、ひとりでにニッコリと
笑う。
そして、
「今日一日、この笑顔を壊すまいぞ!」と自分自身に約束
する。
 気持ちの良い朝を迎えるためには、お酒を控え、天風鉄人
が説かれるこの様に、夜寝る前の心を持たねばならないと
反省しきりです。
「苟(まこと)に日に新た、日日に新たに、又日に新たなら
 んと」と反省し、心を更新しております。
最後まで御読み頂きありがとうございます。
************************
藤橋家homepage        http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »