« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月30日 (月)

『人材不足ならぬ、人材余剰の時代がもうすぐやってくる』

『人材不足ならぬ、人材余剰の時代がもうすぐやってくる』
 まずは夢のような話から始めます。この話もみも知らない
投資会社から毎日送られてくるアルフィックス日報なるもの
に掲載されて知りました。

 10月25日から開催されている東京モーターショーにて機械
と人間の新たな戦いが始まっているという話です。

 挑戦者の名前は機械「MOTOBOT」、その挑戦を受けるのは
人間のバイクライダーで「伝説そして史上最強のライダー
と言われているバレンティーノ・ロッシです。この両者が
サーキットで激突するというのです。

 機械がバイクを運転すると聞くと、近年開発が進んでいる
自動車運転が思い浮かびますが、それとはベクトルが少し違
います。バイク自体を改造せず、「MOTOBOT」という人間型
のロボット自信がバイク乗り、ステアリング・アクセル・
フロントブレーキ・リアブーキ・クラッチ・シフトペダル
全ての操作を操り、サーキットを抜けるです。その人型
自律ライディングロボット「MOTOBOT」を映像で見ると、
洗練された姿に何か凄いもの感じます。

 「MOTOBOT」はバイクメーカーのヤマハ、そして、世界で
最も大きな研究機関のひとつSRIインターナショナル共同
開発しています。SRIインターナショナルはあらゆる団体
提携や共同開発などをしており、身近なもので言えば、
iPhoneの秘書アプリSiriを開発しています。

 ヤマハのモーターサイクルの車両運動の電子制御技術と、
SRIインターナショナルの産業用ロボットで培った制御技術
活用し「MOTOBOT」が生まれました。

 また自車位置を確認しする技術や機械学習により、サー
ットコースの最適ラインやマシン性能の限界を「MOTOBOT」
自らが判断し、走行を重ねることでアルゴリズムを改良して
タイムを向上させているという進化をするロボットの様です。

 以前から掲げていた目標は2017年に人間人間の運転を上回
るパフォーマンスの要件を解明し、最高速度200km/h以上で
サーキット走行を目指すとのことでしたが、ロッシに挑戦
ることを考えると既に達成していると考えて良さそうです。
ちなみに25日に対戦結果が分かるそうですがネット検索して
も見つかりませんでした。果たして勝ったのはどちらなのか。
「MOTOBOT」の実力は未知数でどんな結果になるのか予想も
つきません。

 この「MOTOBOT」についてはヤマハ発動機株式会社の
ホームページの次のサイト見ていただくとその凄さを
実感できると思います。まさにロボットがバイクを縦横
無尽に操作し、サーキットを走りぬける感動の映像を
観ることができます。

ヤマハ発動機株式会社
tokyo-motorshow-2017/movies/

 ロボットの技術が進めば人間が車もバイクも運転する
必要がなくなり、事故のない安全な世界がやってくるかも
しれません。車に乗って行きたい場所を声に出して言えば
運転する必要もなく楽々目的地に行ければどんなに気楽か
想像すると楽しくなってきます。言い換えればロボットが
車の運転だけでなく、ほとんどのことをやってくれる世界
になってくるということです。
今は特に運送業界では人材不足は叫ばれていますが近い
将来の車の運転のみならず、ロボットがバイク便を配達
してくれる時代がくるかもしれません。そうなると人材
不足などの心配もいらなくなるかもしれません。

 また色々なところで、AI人工知能やIOTの技術は革新的
に進み私たちの生活が大きく変わろうとしています。

今朝報道されていたニュースは、大手金融機関のみずほ
銀行が10年間にわたり社員19,000人のリストラを行うと
発表したと報道されていました。その人数は、なんと
社員数60,000人のうち約3分の2となります。
 
 金融最大手の三菱UFJフィナンシャルグループは、
特に事務作業に関して9,500人のリストラを、そして、
三井住友銀行も4,000人のリストラ計画を発表しています。

 現在金融の世界では、フィンテックという技術革新が
急速に進んでいます。

 フィンテックとは、Finance Technologyの略語です。
どんな技術かといえば、代金の決済方法がクイックペイ
よりももっと便利に、指紋の認証でできるシステムとか、
複数のクレジットカードを小さな一つの端末に集約して
使えたりすることができます。また投資の世界でも投資
金融商品の分析を人間に代わってAIにさせることで
膨大な数の金融商品を瞬時に分析し、顧客により良い
商品を提案できるなどのサービスが広がっています。

 また、ツイッターの創業者ジャック・ドーシーは、
新たに金融関係の会社を作り タブレット端末などで
クレジットカードの決済が簡単にできる小さなカード
読み取りの装置を作り、タブレット端末のイヤホン
ジャックにその装置を突き刺せばクレジット決済が
できるシステムを開発しました。簡単で安価にシステム
を導入できることから、小さな店舗まで広がりを見せて
います。

 そして、このシステムで決済されるデータを蓄積し、
各企業の売上から経営状態を分析し、資金の需要のある
会社をAIで割り出し融資の提案を行うなどのサービス
がアメリカで急拡大しているそうです。

 リーマンショック以来、アメリカの金融機関は特に
中小企業に対する融資に対して厳しい姿勢を取ってきま
した。しかし、大手IT企業は、その逆境をチャンスと
捉え、これまで金融機関に独占されていた金貸業の世界
でも大きくシェアを伸ばし、金融の世界を一変させよう
という流れができているのです。

 これも、人工知能AIや、IOTの新たな技術が開発
され続け、人間の手間や思考を超えた世界が生まれ雇用
減少が急拡大することをも意味していると感じます。
 
今朝スマートニュースで流れてきたみずほ銀行の大規模
なリストラ計画の発表から「MOTOBOT」や金融機関で急激
に進んでいるフィンテックなどについて考え、人材不足
叫ばれている『雇用』についての将来を考えてみました。

 皆様は如何お考えになるでしょうか。ご教授賜りたく
どうぞよろしくお願い致します。
最後までお読み頂きありがとうございます。

************************
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

『運は掴むものじゃなくて、 運に選ばれる』

『運は掴むものじゃなくて、 運に選ばれる』


 11月19日開催予定の神戸マラソンに向けて、大会当日
までの練習の走行距離を決め、練習を始めたのが、大会
64日前の9月17日でした。
 
 大会前日までに500kmを走るという普通のマラソンラン
ナーであれば当たり前の様な目標ですが、その当たり前
をこれまでして来なかった私は、目標に向けてコツコツ
と走ることを結構楽しんでやっています。
 大会まであと40日を残す10月9日時点で、走行距離は、
167.5kmで目標の500km迄はあと332.5kmです。
 このブログで報告することを楽しみにしながら目標
達成に励んで参ります。マラソンのタイムの目標は、
3時間40分のブレイクですが、タイムより当日までに至る
プロセスの大切さを重んじながら日々汗をかいて鍛錬し
て参ります。
 さて、本日のブロブのタイトルは「運は掴むものじゃ
なくて、運に選ばれる」ですが、この言葉は、人間学を
学ぶ致知10月号の対談で、麻雀の20年間無敗を誇る
「雀鬼会」会長桜井章一氏と、誰でも知る将棋界の大名人
羽生善治氏の対談から、羽生氏が桜井氏と対談を終える
最後に、桜井氏のどうしてそんなに強運になれるかという
質問に対する答えが、それが「運は掴むものじゃなくて、
運に選ばれる」という桜井氏が日々口に出すこの言葉に
あったと気付かれます。
 この言葉は、何故運が良い人と、運の悪い人がいるか
ということを端的に表しており、この対談から桜井氏の
言葉に納得させられるお話を抜粋し、運について考え
直してみたいと思います。
 桜井氏は、三十二年間王座に君臨する羽生氏に対
して次の様に評価をされています。
「ピンチに陥って、これはまずいなと思いつつも、
 どうにかなるんじゃないかなという余裕。そういう
 ものをお持ち合わせていないと、こんなに長く活躍
 できないでしょう。」
 桜井氏は、勝負に負けない方法、最悪の状況から
如何に脱して、勝利へと導くかということについて
次の様に説いておられます。
「麻雀が面白いと思ったのは、将棋と違っって最初に
 大きなハンディを負って始まる時がある。四人で
 百メートル走るとして、一人が十メートルだけ走れ
 ばおしまいという位置にいるのに、僕は配牌が悪く
 て百メートル走らなきゃいけない時がある。
  でも、そういう勝つのはちょっと不可能だろうと
 いうところから、打ち方次第で五分のところへ持っ
 て行けるんです。気がついたら誰も後ろにいないと
 かね。そこには運の要素がたくさん入っていて、
 どんな下手な子でも優勝できるのが麻雀なんです。」
 羽生氏は、この話い対して「そういう流れとか風向
きを、感じとれる人と取れない人がいるけれども何が
違うのかと桜井氏に質問します。
 桜井氏は次の様に答えています。
「普通はそういう流れは感じ取れないです。というの
 は、麻雀をやる人のほとんどが損得っていう入り口
 から入ってくるんです。もしかしたら得するかもし
 れないなって。そうやって出て行く時には損して帰
 っていく。結局負けている人の方が多いでしょ。」
「僕の場合は最初から麻雀の通り道というものが見え
 たから、もうゲームでもギャンブルでもない。得す
 るだけのものなんですよ。」
「どんな修羅場に直面しても、気持ちをすっと立て直
 して勝負に臨んできました。僕は何事も“準備、
 実行、後始末”が大事だってのはもう前もってある
 ものだと僕は思っている。そこで改めてするもの
 じゃなくて、自分の心構えの中に既にあって、
 いつでも出せるものなんです。」
 桜井氏から羽生氏に対して、あなたは、わがままと
頑固だったら、ご自分はどっちだと思いまかという
質問にたいて、羽生氏はわがままであると答えます。
その答えに対して、桜井氏は次の様に話をされてい
ます。
 桜井氏は、嬉しいないって羽生氏と握手をされ
た後に次の様な言葉言われています。
わりとこのお話は私にとってとても納得のできる言葉
で何度も噛み締めています
「実は、道場生にも同じことを聞いてみたら、頑固の
 ほうが結構多かったんです。頑固っていうと、信念
 があるとか、意志が強いとか、いい意味で取られる
 場合もあるじゃないですか。
 
  それに対してわがままは、人に迷惑をかけるとか、
 いいことが一つもない印象がある。
  だけど人間っていうのは、自分一人で生きてるん
 じゃないでしょ。必ず誰何、何かしらの迷惑をかけ
 て生きているものですよ。
  いま羽生さんが、ご自分がわがままだと答えられ
 たことに、僕はすごく感動しています。普通は自分
 をよく見せたいという意志kがあるから、頑固と答
 える場合が多いけれども、羽生さんほどの人が、
 ご自分はわがままだと率直に認められた。
 
  人に何かしら迷惑をかけて生きていることを
 ちゃんと 自覚なさっているわけです。」
 次は、自己責任という言葉に対する桜井氏の話です。
「いま自己責任ということを言ったけれども、僕はね、
 いいことがあったら他人がしてくれたこと、悪いこ
 とがあったら全部自分がやったことだと思うように
 しているんです。これまでたくさんの人を指導して
 きて、そう実感するようになりました。だからこれ
 は上から学んだことじゃなくて、下から学んだこと
 ですよ。
 そういう考え方は損だお思って皆やらないんです。
 でも僕は、損した方が面白いと思う。普通の人だっ
 たらこんなバカやらないよなってバカをやって、
 自分を落としてみるのが好きなんですよ。
  どんどんどんどん上り詰めていくっていうのは
 自分の性には合わないから、自分でわざと落とすん
 です。」
「僕は駐車場に入ったら必ず落っこっているタバコ
 の吸い殻を拾うんです。。それはよいことをしよ
 うっていう良心で拾うんじゃない。ホームレスさ
 んの気持ちになって自分を律するため。浮かれ
 そうになる自分を叱って、自分に反(かえ)るため
 ともいえるでしょう。」
 また文章の中で、桜井氏は運気の悪い人たちに対し
て、ご自分の運気を意識的に差し上げて、例えば麻雀
の対局でも勝たせて、自分の運気を意識的に下げてか
ら、強烈に運気を取り戻していかれるという話があり
ました。
 自分の運気を意識的に動かせる、いわゆる敢えて常
に「ツキっ放し」の状態で甘んじるのではなくて、
自分の意思で人様の運気も良くしながら、人の世の為
に役立つ運気の使い方をされているんですね。
 そんな、桜井氏の強い生き方に感動を覚えます。
その秘訣は、本日紹介させて頂いたお話の中にもあり
ますが、できれば致知10月号の桜井氏と羽生氏の対談
をどうぞお読みください。
 
 購読されている方は、目の前の「致知」をお読み頂
き、まだ購読されていない方は、ネットで致知のサイ
トに入り購読申し込みをしてください。
 このような素晴らしい人間学を学べる致知の年間
購読料は、10,300円です。
 私は、読まなきゃ心底から大いなる人生の損失だと
思っています。
 本日も私の拙いブログをお読み頂きありがとうござ
います。


************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

『言葉が人生を創る「ツキを呼ぶ魔法の言葉」』

『言葉が人生を創る「ツキを呼ぶ魔法の言葉」』


 昨日の日曜日は少し長めのランニングをしようと計画を
していました。今までのロングランのトレーニングといえ
ば東方面は、往復32kmの姫路城か、姫路城から廣峯神社へ
登る往復45kmのコース。また西方面は、御津の新舞子浜
から室津を抜けて相生岬へ行くこれまた45kmコース位しか
ありませんでした。昨日は、少しピクニック気分で近くの
山を登りながらトレイルを楽しんでみようと走ってみま
した。
 先ずは二度目のランとなるJR網干駅北側の朝日山の
大日寺に登りました。次は、以前より大変興味も持ってい
た壇特山に初登頂(大げさですが)を試みました。
 
その檀特山(だんとくさん)の登山口に、地域夢プランと
題して、檀特山登山コースの紹介がありましたのでここに
そのまま掲載致します。
「だんとくさん」姫路市と揖保郡太子町の境に位置する
165.1mとそれほど高くないが、近くの朝日山・立岡山と共
に平野から聳(そび)える残丘で、気軽にハイキングを楽し
める。近年は里山として整備も進められている。
 山頂からは瀬戸内を一望できる。また山頂には大きな岩
があり、岩のくぼみは応神天皇の御沓・御杖の跡、または
聖徳太子が馬に乗って登山し修行した際についた蹄の跡と
の伝説がある。
 平成29年9月30日に我社藤橋家の内定者式と中期経
営計画結団式を行いました。その挨拶の中で、久しぶりに
読んだ、五日市剛さんの講演筆録『ツキを呼ぶ魔法の言葉』
の話を抜粋しお話をさせて頂きました。この講演筆録の
素敵な内容を紹介させて頂きます。
 この『ツキを呼ぶ魔法の言葉』の内容は、一度切りの
人生を笑顔と喜びと活気に溢れ、明るく朗らかに活き活き
プラス思考で生きることの大切さ。

 自ら話す言葉が自分自身や周囲の人たちに大きな影響を
及ぼすということ。そして言葉そのものが私たちの人生を
創っていくということ。まさに言葉の力の凄さと、私たち
日常で使う言葉が我々の人生を創っていくとうものです。

 松下幸之助翁のことについても紹介されています。
松下幸之助翁は、9歳の時にお父さんが米相場に失敗して
破産し、小学校をやめて丁稚奉公に出されます。

 十人の家族は離散してしまいます。親兄弟は次々に肺結核
で全員が亡くなっていきます。松下翁も二十歳の時に肺炎に
罹ります。
 
 とてつもなく貧しく、身体が弱く、学歴がない。
そんな環境を松下翁は、自分は運が強いと受け止めておられ
るのです。

 貧しかったから、お金の大切さを知り、お金持ちになりた
と強く願う。身体が弱かったから人に仕事任しかなく、
任すことで人が成長し会社が拡大成長していったと感謝する。
 学歴がなかったから、解らないことは素直に尋ねる。そし
て、人様から良い知恵を集めることができたと。

 身の回りで起きる全てのことを肯定し、感謝して受け止め
らこそ偉大なる成功を遂げられてたとうことです。

 五日市剛氏は、発展する会社、衰退する会社、倒産する
会社の社長さんに、どうしてですかと質問をしたら、必ず返
てくる言葉が、「運が良かった」「運が悪かった」という
ことだそうです。

 この本で書かれていることは、実は、本当に簡単なことで
ツキというものを手にすることができる。ツキっ放しになっ
ちゃう!!そんな不思議な話です。

 剛さんが二十八歳の時に一人でクリスマスにイスラエルに
行きました。何十年来の寒波でとてつもなく寒い。薄着で
着るものはほとんどなくホテルはクリスマスで全て閉まっ
いる。泊まるとこがない。夜の8時9時凄く寒くて、これ
自分の人生も終わりかなと思ってしまうほどでした。

 そんな時に、見知らぬおばあさんが声をかけてくれて、
家に泊めてもらいます。そして、大切なお話を聞かせてもら
のです。 

これからがおばあさんから聞いた『ツキを呼ぶ魔法ほ言葉』
の話です。

 ツキというものは、簡単に手に入るツキを呼ぶ魔法の言葉
これさえ唱えていれば、誰でもツキっ放しになれる。
その言葉とは、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」
「運が良い」という言葉です。

 イヤなことが起こった時に使う。事故をした時。人が亡く
なった時。渋滞して遅刻しそうでイライラの時「ありがとう」
というと不幸の鎖が切れちゃうのだそうです。そして、逆に
良い事が起こっちゃう。「災い転じて福となす」という言葉
がある通りのことが起こるのです。

おばあさんの話をそのまま紹介します。

「不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。
 絶対にね。だから、「ありがとう」という言葉はね、
 魔法の言葉なの。
 でも、言ってはいけない言葉があるの。汚い言葉を平気
 使う人というのは、そういう人生を歩むのよ。
 
  だから、綺麗な言葉を使いなさい。それと、絶対に人の
 悪口を言ってはダメ。絶対ダメ!悪口を言ってはダメ、
 人を怒ってもツキは逃げちゃう!怒れば怒るほど、自分が
 せっみ重ねてきたツキがどんどんなくなっていくのよ。

 
ということです。だから、ネガティブな言葉は使ってはダメ
どんな言葉に魂がある。所謂「言霊」です。だから綺麗な
言葉だけを使いましょう。自分の発する言葉が自分の人生を
創る。魔法の言葉を使っていると、全ての言葉が綺麗になっ
てくるのです。

大切な二つのポイントがあります。

「ツイてる」といい続けていれば必ずつくんです。
ただ「ツイてない」と行っちゃうと、ツキを全部失ってしまう。
「ツイてない、運が悪い」は言ってはいけない。

また、
「ツイてる」と言い続けていれば必ずツイてくるけど、
どっちを洗濯するか迷った時は、「楽しいか楽しくないか」
判断する。自分にとって楽しい方だけを選んでいけば、
長い目で見ると全てはうまくいく。
これはインスピレーションなんですね。


 次に、五日市剛氏の勤める会社の部下のAさんの話です。
五日市剛氏よりひと回り年上の係長さんがおられました。
 部下はいない。オジンと言われ、みんなバカにされ、
臭いからあっちいけとで言われている。何をやっt
うまくいかない。マイナス言葉ばかり言っている。

 でも、五日市さんは、このAさんは人が良くて好きだっ
たので、五日市氏からAさんに約束をお願いします。

 朝出勤した時と、帰る時に 「ツイてる?」 と質問する
から、必ず『ツイてる』と答えてくださいと。

 また、ツイていたことの具体的理由づけの話もつけてもら
うという約束です。
例えば、「今朝奥さんの作ってくれた朝ごはんが凄く美味し
かったとか」「素敵なプレゼントをもらったとか」等々。

 そのAさんは「ツイてる」と言い続けている内に一年も
しない内に、性格も変わり、仕事が楽しくなり大発見をして
会社で偉大なる成果を上げることになるのです。もちろん、
嫌いだった仕事が、いつの間にか大好きでたまらなくなるん
ですね。

 
 次は、心の持ち方以上に言葉の使い方が大切だという
イスラエルのおばあさんの言葉を次に掲げます。

「心の持ち方って大事よ。だけど、もっと大事なのはね、
 言葉の使い方なの。どんなことを口に出すかであなたの
 目の前の状況が変わってくるしあなたの心も変わっって
 くるの。」

 五日市氏の奥さんから「聖書ヨハネによる福音書」の次の
言葉を紹介されます。

はじめにことばがあった
ことばは神と共にあった
ことばは神であった
このことばははじめに神と共にあった
すべてのものはこれによってできた
できたもののうち一つとしてこれに
よらないものはなかった
このことばに命があった

 まさに口から出る言葉そのものは生きていて、想像を
はるかに超える影響力をもち、自分の人生を間違いなく
創っていくことを確信させる一節だと強く思ったと
五日市氏は言われています。

以上です。

 私は今までに何度もこの話を読みましたが、何故か今回
は、特別に心に訴えてくるものがありました。

 私は、これまでの人生を反省し、改心し、これから何が
あっても『ツキを呼ぶ魔法の言葉』を唱え続けて参ります。
同時に、ネガティブな言葉は言わない。決して「怒らない」
「人の悪口は言わない」という人生を創造していきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。
************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »