« 『生きるとは燃ゆる異なり 平澤興先生の御子息様が』 | トップページ | 『右脳のイメージ力で、「潜在意識」を目覚めさせよう』 »

2018年1月29日 (月)

『竹田恒泰先生の新春経済講会を拝聴して参りました。』

『竹田恒泰先生の新春経済講会を拝聴して参りました。』
 平成30年1月24日(水)に姫路商工会議所において開催され
た竹田恒泰先生の「誇り高き日本の未来について」と題す
るの講演を聞いてきました。その内容をこれから振返り簡単
にまとめてみたいと思います。

 先ず結論から言いますと、我国日本、そして我が日本国民
というのは世界でも類稀な素晴らしい国であり、素晴らしい
美しい心を持った国民であるということを竹田氏は説いて
られます。そして、我国と我が国民は、この世界にとって
かけがえのない存在であるということです。

私たちは仕事をします。改めて、では何のために仕事をする
のでしょう? お金を儲けるため、生活をするために仕事をす
ると言うと、私達日本人は少し何か違和感を覚えます。

 ほとんどの日本人がなぜ仕事をするのか、それは仕事を通
して、世のため人のために役立ち、生きるためにと考える方
多いのではないでしょうか。

 欧米では、絶対的にプライベートが優先です。仕事はお金
を儲けるため、プライベートでハッピーになるための手段と
して仕事をします。ですから仕事はいかに効率的に多くの金
を儲けるかということが目的になります。

 例えば10万円の仕事の依頼が来た時に、欧米人は、効率的
に10万円の仕事しかしません。揶揄的な表現をすれば、世界
征服を企む某国の国民は10万円の仕事の依頼を受けた時に、
5万円の仕事をしてごまかせたら儲け物と喜びます。

 しかし、日本人は10万円の仕事受けても、そのお客様に喜
んで頂こうと11万円、いやもっと価値高く12万円、いやもっと
もっと価値の高い仕事をしたいという考え方をします。

 大東亜戦争でロシアに捉えられシベリアに抑留され強制労
働させられた日本人の数は570,000人であり、亡くなられた方
は55,000人にもなります。当時ロシア領であった現在のウズ
ベキスタンの首都タケシントに、日本人が強制労働によって
建設された「ナヴォイ劇場」というものが現在も残り市民の
誇りとする建物として現在もオペラなどが開催されています。

 強制労働であり、何の報酬もなく、過酷な条件の下で働き
ながら、自分達の仲間が亡くなっていく中で、シベリア抑留
の日本人達が建設したものです。その日本人達は日本人魂を
見せ懸命に働き、ウズベキスタンの人たちが驚くほどの仕事
ぶりを見せたと言われています。

 ですからウズベキスタンの人達は、当時から、そして現在
も自分の子供達に「大人になったら日本人の様になれ!」と、
教育をされているようです。

 そして、そのナヴォイ劇場建設真価が証明されたのが、
建設から18年経って起きたウズベキスタンの大地震でした。
その大地震で残った建物は、何と私たちの祖先である日本人
が作ったナヴォイ劇場だけだったのです。
 建設前に示された設計図を見てその建設に携わる日本人達
は、もし地震が起きたらこの構造では崩壊すると訴えて、
より強靭で立派な素晴らしい建物を作ろうと努力をされた
そうです。同じように捕らえられた欧米人の抑留者達の態度
は、どの様に強制労働に向き合っていたかは、容易に想像で
切るはずです。怠惰そのものであったと。

 この時ウズベキスタンの人たちが驚いたのは、日本人は、
目に見えない所に、また人から評価されるかされないかは
関係なしに、正直にひた向きに真剣に仕事に取り組むという
心の持ち方です。この様な心を持つ国民は、世界で日本人
しかいないのです。
 
 この劇場の建設に携わったシベリア抑留の方が、年を取り
ある新聞からナヴォイ劇場の建設についてのインタビューを
受けた時、その方は、「この建設に携わったことを私は誇り
に思う。」と言われていたそうです。ある国であれば、
強制労働されたことに対して賠償金を求める。」と言うで
しょう。

 さて、もう一度お尋ねします。
私たちは何のために仕事をするのでのでしょうか?
お金のために、お金を稼ぐために仕事をするのでしょうか?

 マイクロソフトを創業したビルゲイツ氏は、お金を儲ける
ために会社を立上げ、一生懸命に仕事をしました。彼は事業
に成功しある程度ある程度のお金持ちになった時、彼は幸福
を感じませんでした。さらに彼は努力し、事業に成功しかな
りのお金持ちになりました。しかし、彼はますます幸せを感
じられず、悲しい気持ちになります。そして、彼は更に努力
を重ねて、ついに世界一の大富豪になりました。彼は幸せを
感じるところか、それまでの人生で最も寂しく、悲しく、
不幸のどん底に落ちたといいます。

 ビルゲイツはそれから奥さんのメリンダさんとビルゲイツ
財団を立上げて、世界のために、世界で苦しむ人たちの為に
貢献しようと志を立て、活動を始めて行かれます。
彼はそれから幸せを感じる様になっていったということです。

 さて、もう一度質問いたします。
私たちは何のために仕事をするのでしょうか?

 私たちが生きていて最も嬉しく幸福を感じる時、最も生き
がいを感じる時とは、大儲けをした時ではなく、自分の行為
や自分の存在が人様に喜ばれ、人様のお役に立った時では
ないでしょうか。

 こういう気持ちを純粋に心から思って生きている国民と
いうは私たち日本人だけなのです。

 この度、拝聴させて頂きました竹田恒泰先生の講演の演題
の通り「誇り高き日本の未来について」、類稀な素晴らしい
心を持った私たち日本人であることに大いなる誇りが持て、
そして、この類稀な心を持つ我等日本人が、この世界で何を
なさねばならないか、どの様に貢献していかねばならないか
ということをを考えさせられました。とても素晴らしく勉強
となり、また、大笑いをしながら楽しませて頂きました。
貴重な尊い機会を与えて頂いたことに感謝申し上げます。
そして、最後まで読んで頂きありがとうございます。
************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

|

« 『生きるとは燃ゆる異なり 平澤興先生の御子息様が』 | トップページ | 『右脳のイメージ力で、「潜在意識」を目覚めさせよう』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『生きるとは燃ゆる異なり 平澤興先生の御子息様が』 | トップページ | 『右脳のイメージ力で、「潜在意識」を目覚めさせよう』 »