« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

『心身共に健康になるために致知7月号から学ぶこと』

『心身共に健康になるために致知7月号から学ぶこと』
 心身共に元気に健康にでありたいと願うのは万人共通の
願いであると思います。今日は、心身共に健康に成る為に
はどうすれば良いのかということを、人間学を学ぶ月刊誌
「致知7月号」から二つの話を紹介して、心身の健康増進
について考えてみたいと思います。
 先ずは、笑顔の力で心を健康にさせて、病気までも直し
てしまうという話です。とても有名な方なのでご存知の方
も多いと思いますが、筑波大学名誉教授で、遺伝子工学の
世界的な権威者であられる村上和雄先生は、「心が遺伝子
の働きを調節する」ということをのライフワークとして、
その検証の為に、2002年に「心と遺伝子研究会」を設立さ
れ、その研究に心血を注いでおられます。
 村上先生が思い描いたのは、心の動きが遺伝子のスイッ
チのオンオフに関係しているのではないかということでし
た。
 
 では、どのようにすればオンオフに切り替えることが
できるのか。村上先生が注目したのは、心の働きの一つで
ある「笑い」でした。笑いによってどの遺伝子のスイッチ
がオンになったりオフになったりするのかに焦点を絞って、
新たな研究をスタートさせられ、笑いによって糖尿病患者
の血糖値がどう変化するかを見ていきました。
 その結果笑いによって食後の血糖値上が昇抑えられる
ことがわかったのです。また、笑いによって免疫活性を
高めたり、新陳代謝を促進する遺伝子がオンになることを
突きとめられたのは大きな成果であったと言われています。
 だから、笑うということは遺伝子の良いスッチをオンに
する凄い力があるのです。我社では、毎朝の朝礼時の初め
と終わりに2回、「心と腹の底から大笑いの3回」を実施
しています。社員さんの一人は、この大笑いが悩んでいた
自分を救ったとまでいってくれています。私も絶えず笑顔
でいつも「ニコニコ」を心掛けているつもりです。
 次に、慶應義塾大学医学部の坪田一男先生が説かれてい
る『「座り過ぎ」が早死にを招く』という怖い話と健康法
についてのお話を紹介します。
 まず坪田先生は次の言葉から話を始められています。
運動しないことが健康に良くないことはすでによく知られ
ていますが、それと同様に、座っている時間が長い人ほど
様々な病気にかかりやすく、寿命が短いこともかかってき
ました。
更に強烈な話を続けられます。
 もはや運動は、健康のためにできればやった方が良い、
という程度のものではありません。運動をしなければ様々
な病気になって早死にする---。これが現代の医学で
分ってきた新常識です。
 それでは、 なぜ運動しないこと、長時間座りっぱなし
の生活が様々な病気に繋がるのでしょうか。その分かりや
すい一例として「エコノミークラス症候群」があります。
 人間の筋肉は体中に血液を送るポンプのような役割が
あり、特にふくらはぎの筋肉や足の裏の働きが果たす役割
は非常に大きく、これらの筋肉を長時間使わないと血液の
循環が滞って、心血管障害を引き起こします。そのもっと
もひどい例がエコノミークラス症候群です。
 そもそも人間の体は、椅子に長時間座ることを想定して
作られてはいません。長く座っていることは、私たちの体
に想定外の不自然な姿勢を強いているのです。
 日本人の二人に一人が罹ると言われるがんも運動と関係
しています。約二十五%のがんが座りっぱなしの生活と
肥満から起こる。逆に言えば二十五%のがんは運動する
ことで予防できると言われています。
 坪田先生は、健康のために少なくとも一日に15分の
運動を勧めらています。その運動の第一に挙げられている
のが、三分普通に歩いて、三分早歩きをする「インター
バル・トレーニング」です。そして、特にお勧めしたいの
が「四分間スクワット」だそうです。
筋力トレーニングでは大腿四頭筋を鍛えることが重要です。
大腿四頭筋は大腿骨を挟んで四方に広がる筋肉で、全身の
筋肉の中でも最も強くて大きく、立ったり、座ったり、
歩く、走るといった運動も、まずこの筋肉の力が必要にな
ります。
 「四分間スクワット」とは、まず立った姿勢から、膝が
九十度位になるまでしゃがみ込んで座る、立ち上がるという
スクワットを二十秒繰り返したら十秒休む。これが一セット
になります。十秒休んだら、また二十秒間スクワットして、
また休む。これを八セット繰り返すと、ちょうど四分になり
ます。私は直ぐに会社の事務所でトライしてみましたが、
汗が出てきたので四セットの二分でストップしました。
これは良い運動になります。この運動を毎日取り入れて行く
ことにしました。
 坪田先生は、最後に次の言葉でこの度のお話を締め括られ
ています。
 体を動かさなくてもよい時代だからこそ、正しい知識を
持ち、体動かして、脳を活性化し、健康を手に入れていく
ことが必須の対策です。また長生きするためには、いつも
ニコニコして「ごきげん」精神で過ごし、心をポジティブ
にすることも大切です。
 やはり坪田先生も、笑顔の大切さを説かれています。
ありがとう!感謝します!ツイてる!というツキを呼ぶ
魔法の言葉を強烈な笑顔で唱えながら生活して、健康な
人生を謳歌してまいりましょう。
最後までお読み頂きありがとうございます。
**************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2018年7月23日 (月)

『すべてはミツバチが知っている』

『すべてはミツバチが知っている』
ミツバチが私達人間にとってとても大切な生き物であり、
ミツバチの数が大幅に減少しており、非常に危険な状況で
あるということは色々なところで聞いたり、その様な記事
などを読んだことがあります。
 しかし、この「ミツバチ」が私達人間のみならず地球上
の植物や動物の命の生存の鍵を握っているという、とてつ
もない大切な存在であるということを、本当は、全くと言
って良いほど理解していませんでした。
 この重大な存在に気づかせてくれたのが、人間学を学ぶ
月刊誌 致知7月号の標題に掲げた『すべてはミツバチが
知っている』というタイトルのインタビュー記事の話しです。
その話しをしておらえるのが「ハニーファーム」代表理事
の船橋康貴氏です。
 先ずは、インタビュー記事の紹介文章から転記致します。
「ハニーさんの愛称で知られる一人の養蜂家がいる。
船橋康隆氏だ。すべてをミツバチから教わったと語る
船橋氏の活動は、養蜂に止まることなく、環境問題関に
関するする積極的な情報発信や講和活動、主に子供たちを
対象にした「ハチ育」など多方面にわたる。ミツバチから
私たちは何を学ぶべきなのか。本欄ではその一端をお話し
していただいた。
 では早速、船橋氏のお話しを原文のまま紹介させて頂き
ます。船橋氏が養蜂家としてハチミツをつくるだけでなく、
環境問題に関して積極的に情報発信をしておられる理由に
ついて語り出されます。
『環境問題をより身近に感じてもらうためには、ミツバチ
 のことを話すのが一番分かりやすいからなんです。
 そもそも、地球上の食べ物のうち約七十%はミツバチに
支えられていて、それを知ってか、あのアインシュタイン
「ミツバチが地球上から姿を消すと人類は四年以内に滅
びる」と語っているんですよ。
なぜそんなことが言えるのかというと、ミツバチが地球上
の生態系を維持する起点として存在しているからです。
ミツバチは花から花へとミツを集める傍ら受粉を手伝って
いるため、様々な野菜や果物などの実がなる。その実を食
した動物たちの糞に紛れて大地に種が落ち、芽が出ること
で森が維持されていく。
その森は酸素を生み出すとともに、土壌に溜まった水が
栄養素と一緒に染み出て川から海へと注がれ、その栄養素
でプランクトンが育ち、魚介類の餌になる。その一方で
海の水が蒸発して雲ができ、雨をふらせて大地や生き物
を潤すわけですが、ミツバチがいなくなってしまうと、
こうした循環がストップしてしまうのです。
植物連鎖というのは学校でも習うと思いますが、地球上の
命の連鎖については教わりませんよね。だから日本では
ミツバチを見ると、「あ、怖い。逃げよう」ってなるのに
対して、フランスなどではきちんと教えられているので、
「ミツバチさん、ありがとう」となる。』
 そして、船橋氏は、ミツバチの激減について話を続け
られます。
『そのミツバチの数が実際に減っていて、2008年の時点
で北半球のミツバチが3分の1程度になったという報告も
あります。詳しい統計は出ていませんが、僕ら養蜂家に
してみればミツバチが着実に減っていることは肌身で
分かるんですよ。
もしこのままミツバチの減少が続けば、いずれ食糧危機
が訪れる。その兆候はクマやイノシシが人里に出てきて
いることにも表れていて、その原因はミツバチの減少に
伴って森の中でわずかしか受粉が行われていないことに
あって、食料となる木の実などが著しく減っているから
なんですよ。』
 船橋氏は、その理由について話を続けます。
『その理由は主に二つあって、一つは農薬です。中でも
ネオニコチノイド系農薬はミツバチの脳神経をダメに
して死滅させる。実際、僕が育てているミツバチも、
一昨年の秋に一夜に何十万匹が全滅してしまい、その原因
を調べてみたところ、近くで農薬が撒かれていたことが
分かりました。
 もう一つの理由が、温暖化に見られる気候の変化です。
僕らが子供の頃は、春夏秋冬が割とはっきりしていたと
思うんですが、今は冬でも冬らしさが薄れてきてしまった
でしょう。
 ミツバチにとって冬越しというのは大きな試練なんです。
そのため、蜜蜂たちは体を寄せあって、羽を震わせながら
巣箱の中を三十四度に保って桜の開花の時期をジッと待ち
ます。
 
 ところがまだ冬の最中に暖かい日があると、ミツバチは
動いちゃうんです。ところがまたガクンと寒くなるもんだ
から、その際に力尽きて死んでしまう。つまり環境の変化
による生態系のダメージもほっておけないんです。
 生き物の減少って、なだらかに下降することはなく、
下降し始めた時点でドーンと落ちるんです。ミツバチにし
ても、今ぐっと落ち始めたところにいる感じなので、
このまま手を拱いていれば日本では十年もかからずに
ミツバチがいなくなってしまうかもしれません。
 先進国の中でも特に日本がミツバチが減少する条件が
揃ってしまっているんです。
 だからこそ、ミツバチを起点に地球上で今何が起こって
いるのかを伝えるのが、僕の役割だと思っています。
人類の生死をも司る小さな命を、このまま根絶やしにして
しまってよいのかという問題は、環境について考える上で
で大切な視点だと思うんですよ。
 以上、この「ハニーさん」こと船橋氏のインタービュー
記事の前半をそのまま紹介させて頂きました。
 これ程までにミツバチが地球の命の連鎖にとって重要で、
しかも特に日本が一番危険な状態にあることを知ることが
出来ました。ミツバチの減少の二つの理由が紹介されてい
ますが、ではなぜその様な理由が発生する事態になってい
るのか、その問題解決のためにどの様に行動すれば良いの
か、この文章の後半に続きます。
 どうぞ皆様も致知7月号を手にとってお読み頂き、この
世界の、そして、私達の日本のために何が出来るのか、何
を為すべきなのか一緒に考えて行きたいと思います。
 人間学を学ぶ月間誌『致知』は本屋では販売されていま
せんが、インターネットで簡単に申し込みができます。
 年間購読は、わずか10,300円です。心を磨き、死ぬ
までにその心を少しでも美しく輝かすために私は、致知を
読み続けます。致知を読む仲間のことを、稲盛和夫氏は、
『ソウルメイト』と言われています。私は『ソウルメイト』
を一人でも増やすために、致知の素晴らしいお話しを紹介
して参ります。
最後までお読み頂きありがとうございます。
**************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

『我が国の国難に如何に対応するか 「インフラ整備が・・・」            我が国の危機に対処せよ」

『我が国の国難に如何に対応するか
       「インフラ整備が国家繁栄礎をつくる」』

副題:「リーダーは“上位目的”を持って、
             我が国の危機に対処せよ」

 先週のこのブログでは、働き方改革方法案が成立し、
日経の一面に大きな見出しで「迫られる生産革命」という
記事の内容を簡単に紹介しました。 欧米と比べて我国
日本の労働生産性は、著しく劣ると指摘しながらも、その
生産革命の具体的な方法の示唆には及ばず、ただ、AIの
活用を進めるべきである位の話しかありませんでした。 

 そこで、今日は、致知5月号で国土政策研究所長の大石
久和氏が、表題に掲げた『インフラ整備が国家繁栄の礎を
つくる』と題して寄稿されている文章の内容を紹介しなが
ら、日本が何故に欧米に比べて労働生産性が低いのかとい
うことや、それならば、我等は何をなすべきかという具体
的な施策について、大石氏の提言されている内容を振返り
ながら考えてみようと思います。
 先ずは私たちが知らねばならぬことは、日本の経済が
世界的に見て、危機的状況にあるということです。
 政治、経済、外交など様々な分野で課題が山積している
日本ですが、大石氏は、最大の危機は、日本が1995年から
デフレに陥り、二十年にわたって経済成長をしていない
ことが最も注視すべき問題であると警笛を鳴らしています。
 デフレとは物価が継続して下がって行くことです。
デフレ下では物価の下落以上に賃金が下がっていきます。
 要するに、日本では「国民の貧困化」どんどん進んでい
るのです。1995年には世帯あたり660万円程度の平均収入
があったにもかかわらず、2015年には546万円と114万円も
低下しています。それだけでなく、日本は全体的に貧しく
なっているのです。世界と比較してもすべての地域の国が
経済成長しているにもかからず、日本のみが1995年以降、
全く成長していません。かつて日本の世界のGDP国内総生
産シェアは、18%を占めていましたが、いまや僅か6%と
いう水準に落ち込んでいます。
 ではなぜ日本だけがデフレから脱却できず、経済成長
できていないのでしょうか。その大本の原因の一つが、
20年間にわたる「公共投資」の大規模な削減です。
 日本では財務省を中心に「財政破綻」「無駄遣い」など
といって、「公共事業叩き」が行われて来たために、
インフラ整備が国の経済成長に与える良い影響について
主張することができなくなり、公共事業費をこの20年で
かつての半分にまで縮小してきました。
 その一方で欧米諸国は、道路網や鉄道網、港湾設備
などのインフラをどれだけ構築してきたかによって、
その国の産業の効率性や競争力が規定され、経済成長に
つながるかをよく理解しているのです。
 インフラは必要ない、無駄などと言っているのは日本
くらいです。
 一例を挙げれば、人口は8,200万人のドイツが時速130km
以上で走る1万3,000キロのアウトバーンを持っているのに
対して、人口1億2,700万の日本では、1万2,000キロほど
しか高速道路の整備がなされていません。
 自動車で移動した場合、ドイツでは一時間に90km走れま
すが、日本では約50kmしか走れません。この差が経済成長
に欠かせない物流効率、人の移動効率を下げているのは
明らかでしょう。働き方改革を進めるのはもちろん良い
ことですが、まず適切なインフラ整備によって生産性の
向上が可能になるための条件、環境整備に取り組むこと
こそ、政府の役割であると大石所長は指摘されています。
 このあと、大石氏は、日本がなぜインフラの重要性を
理解できないかという歴史的な経緯などのについて話を
されていますが、結局は、日本の中枢にいる政治・行政・
銀行・大企業・大学などのリーダーたちの志が低く、
責任感がない為であり、グループシンク(集団浅慮)に
陥っているからだと分析されています。
 集団浅慮とは、自分たちの集団に対する過大評価・
組織内に閉ざされた意識・同調圧力によって、集団の
論理を最優先にする、所属する集団を守るために自分は
何をすれば良いかという考え方が当たり前になっている
ということです。
 そして、リーダーのみならず全国民が、上位目的を
持ち、高いレベルの視点「俯瞰の目」を持てと訴えておら
れます。
 
 上位目的・俯瞰の目とは、自分たちは、世の中の発展、
人々の生活に貢献し、人の世のために役に立つという志を
持つということです。
 私達の子供たちのために、そしてこれから生まれて
来る人達のためにも、世界の人々から軽んじられるような
日本であってはならない、そして、堂々と「私は日本人だ」
と言って胸を張って歩けるような国であって欲しい。
 その為にも今こそ人々を導いていく日本のリーダー達が、
上位目的、俯瞰の目を持て!!と言われて文章を締め括ら
れています。
 私達日本人が今こそ、目覚めなければならない!今こそ
自立をせねばならないと強く感じる論文でした。
最後までお読み頂きありがとうございます。
**************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

『迫られる生産革命;働き方改革法が成立』

『迫られる生産革命;働き方改革法が成立』

 先々週の土曜日の日経の一面に、この度の「働き方改革
法案の成立」を受け、『迫られる生産性革命』と大見出し
の記事を読みました。
 その内容は次の通りです。
「日本の企業に多かった無駄な残業をなくし、時間ではなく
 成果を評価する働き方に一歩近づく。企業は欧米と比べて
 低い水準にとどまる生産性の向上に取り組まなければ、
 新しい働き方の時代に成長が望めなくなる。
  日本生産性本部によると、16年時点の時間あたりの
 労働生産性は46ドル。米独の3分の2程度にとどまる。
 長く働いても成果が出ていたわけではない。
  企業に求められるのは、働く時間が短くても大きな
 成果を出す生産性改革だ。」
と論断しながらも、その解決策をAIの活用を促すぐらいで、
欧州の職種限定の雇用契約など環境の差異による困難さを
上げているに留まっていると感じざるを得ない内容でした。
 人間学を学ぶ月刊誌致知5月号の巻頭の言葉の中でJEF
ホールディングス特別顧問の數土文夫氏は次の様に述べて
おられます。
 ドイツでは、1980年代から残業廃止や労働時間短縮など
の改革が積極的に行われ、一人当たりの年間労働時間が
1400時間を下回っているのに対し、日本のそれは1900時間
以上。厳粛な事実として受け止めなければなりません。
 日経新聞や數土氏が訴えられることは、まことにもっと
もな事だと頷けますが、では、どうすれば良いのかという
具体的な方策の示唆にま及んでいません。
 そこで、来週のこのブログで、国土政策研究所長の大石
久和氏が、『インフラ整備が国家繁栄の礎をつくる』と題
して、致知5月号に寄稿されている文章の内容を紹介しな
がら、我国の問題と礎のつくり方について考えて見たいと
思います。 
**************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »