« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月19日 (水)

『努力は百%報われる 致知9月号より』

『努力は百%報われる 致知9月号より』

 早朝に、このブログを書いていいながら秋の虫たちの
鳴き声が絶えず静かに聞こえてきます。9月16日に開催され
た丹後100kmウルトラマラソンに参加し、お陰様で12回目の
完走をさせて頂きました。涼しいと思いながらも、湿度が
高く少し厳しい条件の様でしたが、何時もの通り、ラスト
スパートでダッシュして元気に走る抜けることができまし
た。

 さて、人間学を学ぶ月刊誌「致知」九月号の連載第九十
回目「二十代をどう生きるか」に寄稿さえておられるのが、
お好み焼きの千房の社長中井正嗣氏です。
中井氏はお母様から「おまえがここまで成功するとは思わ
なかった」と言われてことがあるそうですが、学歴もお金
もないところからスタートして成功されていることについ
て、中井氏は「人間は誰でも無限の可能性を持っている
ことを物語っていると思います。」と謙虚に言われてい
ます。
 そして、「二十代を生きる若い方々が内に秘めた可能性
を開花する一助となることを願って、自分の足跡を振り返
ってみると」と熱い心を込めて文章を寄稿されています。
本日は、その中井氏の熱い思いを、寄稿文らお言葉を抜粋
しながらお伝え致して参ります。
 中井氏は中学卒業と同時に丁稚奉公に出されます。当時
の給与は僅か三千円で、とても独立資金を賄えそうにあり
ませんでしたが、三つ上のお兄さんがお金を貯めるコツを
次の様に諭されます。
「収入の高低は関係ない.お金をためるコツは使わないこと
 だ。ちりめんじゃこを手に入れてもすぐに食べたらあか
 ん。それを餌にしてサバを釣ったら一日食える。けれど
 も食べずに餌にしてマグロを釣れ。マグロを釣ったら
 一か月食えるがもう一回辛抱しろ。マグロを餌にして
 クジラを釣ったら一生食える」
 お金をコツコツ貯め、次のステップに生かすことの大切
さを物語る譬(たと)え話です。
 丁稚奉公先がお店の移転のために暇を出された中井氏は
義兄の営業するレストランへ移り、その義兄から徹底的に
料理や仕事の基礎を仕込まれます。
 義兄が中井氏に課したのは、同時に三つの仕事をするこ
とでした。例えばコンロの上で湯を沸かしながら、冷凍の
海老を水道水で解凍し、キャベツを切る。四方八方に目配
りをし、絶えずできることを探しながら複数の仕事を同時
にこなしていると、心が繊細になって行くというのです。
 このレストランで二年半お世話になり、その義兄から勧
められてお好み焼き屋さんを営んでいた老夫婦が、開業金
ゼロの好条件でお店の経営を引き継ぐ人を募集していたの
に応募し、山のような応募者の中から運よく採用されたと
中井氏は述べておられます。
 そのお店で働いていた六年目に家主さんの都合でお店を
明け渡さねばならなくなり、独立開業のために信用組合へ
相談したところ、その理事長さんが無担保で三千万円を
融資して下さったのです。それは後から知ったことだそう
ですが、中井氏がお兄さんの教えに従い、五円、十円とい
う僅かな金額まで克明に金銭出納帳に記録してきたのを
その理事長さんが見られていたからだということです。
 この話について中井氏は、能力のない自分には、誰でも
できることしかやれないけれど、そんな自分に唯一勝った
ことがあるとするならば、誰でもできるけれども、誰も続
けようとしないことを続けてきたことでしょう。とこの話
は、継続がもたらす大きな力を物語っています。
 能力があっても努力もしているのに伸びない人が沢山い
る中、能力もお金もなかったとご自身で言われる中井氏が
ここまでこられたのは、若き日に教えを請うた中井社長様
や信用組合の理事長さんをはじめ沢山の方に引き立て頂い
たおかげであり、人間、誰かの引き立てがなければ、
どんなに能力があっても、どんなに努力をしても光り輝く
ことはできないと言われています。
 そして、中井氏が多くの方に引き立ててもらえた理由を
四つ上げられています。
一つ目は、年長者を敬うこと。二つ目は年長者から言われ
ることを積極的な謙虚さを以って素直に受け入れること。
三つ目が、言われたことを誠実に実行すること。
そして四つ目が、損得ではなく善悪で判断すること。
そうすれば不思議な力が湧き、神のご加護によって必ず
誰かが引き立ててくださるのということです。
 もともと三日坊主で、飽きっぽい中井氏が継続する習慣
を身に付けることができたのは、「三日の哲学」があるか
らと言われてします。その「三日の哲学」とは、十年前の
ことを反省したり、十年先のことを計画したりするのは
大変ですが、昨日のことを反省し、明日何をするか考え、
今日やるべきことを実行するのは簡単です。
 いっぺんに大きなことを成そうとするのではなく、
昨日の反省、今日の実行、明日の計画、この三日間を確実
に繰り返していけばよいのです。
 なかでも大事なのが、「いま」。
いま目の前のことに精一杯取り組むことです。
 一生懸命ではなく一所懸命、全力投球、その積み重ねに
よって人間は作られていくのです。
 最後に中井氏は、この文章の題名である『努力は百%
報われる』ということについて次の言葉で締めくくられ
ています。
『若い方のなかには、せっかく努力しても報われないこと
 のほうが多いと感じている方もいらっしゃるかもしれま
 せん。けれども私は、努力は100パーセント報われると
 断言します。
  ただしそのためには報われるまで努力することです。
 あの松下幸之助先生も、成功する方法は簡単で、成功
 するまでやめないことだと説かれています。報われる
 まで努力すれば必ず報われる。これが今日まで生きて
 きた私の結論です。』
『私が二十代の頃、ブレずに努力を続けることができた
  もう一つの要因は、あんなふうになりたいと憧れる人が
  身近に沢山いたことです。自分の目指していくものさえ
  明確にイメージできていれば、困難に遭ってもびくとも
  せずに前へ進むことができます。明確な目標を持ち、
 そこへ向かって精一杯汗をかいてほしい。
 それが、今二十代を生きる若い方々私が期待すること
 です。』
 今回も、人間学を学ぶ『致知』から今を実際に一所懸命
に生きておられる中井正嗣氏から、簡単で分かりやすい
言葉で、その熱い熱い想い人生を生き抜く要諦を学ば
させて頂きました。
 まだ致知を購読されていない方はどうぞ購読をお勧め
致します。次のサイトから申し込めます。
最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

『二十代をどう生きるか 青年塾 代表 上甲晃氏』

『二十代をどう生きるか 青年塾 代表 上甲晃氏』
志の高い人材を育てるべく、「青年塾」という人間教育の
研修の場を主宰している上甲晃氏。新卒で入社した松下電気
に三十一年在籍し、松下政経塾の塾頭も務めた経験的の持ち
主である。経営の神様と称される松下幸之助翁からどんな
薫陶を受け、その教えをいかに実践してきたのか。
 今日は、人間学を学ぶ致知8月号の連載・第八九回目の
「二十代をどう生きるか」に登場され、『挑戦的であれ
主人公意識を持て』と題して上甲晃氏が寄稿されている
文章から、上甲晃氏が熱い熱い思いを込めて特に若い方々
にお伝えされようとしているお話を紹介させて頂きます。
 私は、これまで上甲晃氏の書籍を読み、また講演会でも
二度直接お話を伺っていますが、今回はこれまでのお話し
以上に上甲氏の思いの熱さが伝わってくると感じ、本日
そのお話を紹介したいと思いました。
 上甲氏は、子供のころとても病弱で三度死にかけたこと
があり、お父さんから「お前みたいな弱い人間でも強く
なれる方法がある。それはペンは剣より強いということだ」
と言われ、新聞記者になろうと思い、京都大学に行くと決
められたそうです。しかし、就職したのは日本で真っ先に
週休二日制を導入していた松下電器だったのです。他の
会社より「二倍休める、これや」と!!という低次元の
理由からだったそうです。
 ちなみに松下電器の創業者松下幸之助がアメリカを旅し
た際、どこの企業に行っても社員が一人三役をこなしてる
光景を目の当たりにし、日本人も週二日休まないと身が持
たないくらい生産性の高い働きをしなければ、競争に勝て
ないと思ったために、完全週休二日制を導入したのだとい
うことです。
 
 上甲氏が人生で最も影響を受けたのは、松下幸之助翁
からに他ならず、大学で様々な専門の知識を勉強したが、
本当の生き方を教えられたのは社会人になってからであり、
もっと言えば、松下幸之助翁と出会ってからであると
上甲氏は言われています。
 とりわけ心に深く刻まれているの新人研修での訓話が
あります。
 その話とは
「君らな、僕がいまから言う二つのことを守り通したら、
 松下電器の重役になれる」といったような前置きを
 した上でこういわれたそうです。
「一つは、いい会社に入ったと思い続けられるかどうか」
 だれでも入社ばかりの時はいい会社に入ったと思う。
しかしいやな上司がいたり、意に沿わない仕事をさせら
れたり、様々な不遇に遭う。それでもなお、いい会社を
選んだと心から思えるかどうかはすごく大事なことだ」と。
「人間、九割は自分ではどうにもならない運命のもとに生
 きて。その運命を呪ってはいけない。喜んで受け入れる。
 すると、運がよくなる」とも教えらた。世に数百万社あ
 るといわれる中で、この会社に入ったというのは、縁や
 運としか言いようがない。その自分の運命を呪わず、
 前向きに喜んで受け止めていくと人生は好転する。」
 
 これは会社のみならず、生まれた国や自分の容姿など、
あらゆる境遇に当てはまると学ばれたのです。
「もう一つは、社会人になってお金が一番大事と思ったら
 あかんぞ。もちろんお金も大事やけどな、お金はなくし
 ても取り戻せるんや。然し、人生にはこれを失うと取り
 戻すのに大変苦労するものがある。それは信用や。信用
 を大事にせなあかん」
 この2つの言葉に強烈な衝撃を受けた。同時に上甲氏の
社会人生活の基本的、考え方の根っこになったと上甲氏は
述懐されています。
 そして、不思議なもので、上甲氏が、後年同期にこの話
をしたところ、皆覚えていないと言うのである。上甲氏は
当時、自分は松下電器に入社したからには、重役になろう
と思って真剣に聞いていたのであろうから、そこだけ鮮明
に記憶していたのだろうと言われています。
 どういう意識で過ごしているのか、すべては受け手の
姿勢次第なのだとつくづく感じるお話です。
 上甲氏は、また別の日の研修で、松下幸之助翁は仕事を
するで二つの心構えを説かれ、その訓話もまた、上甲氏の
社会人生活の基本的な心構えとなったという話です。
「君らの立場は新入社員やな。しかし、意識は社長になれ」
「新入社員とかサラリーマンだと思って働いていると、
 意識まで雇われ人、使われ人になってしまう。だが、
 社長の意識なると、同じものを見ても景色が違ってくる」
・・・とあり、被害者意識でなく、全てを当事者意識と
して受け止める大切なお話です。
 上甲氏は、その日以来、意識はずっと社長だった。と!
経営方針発表会の前日には、誰に言われたわけでもないの
に、もし自分が社長だったらどんな方針を発表するかを
考え、それを書いて当日に臨んだそうです。そうすると、
「社長はいまそんなふうに考えとるんか。そういう見方も
 あったか」と自分との差に気がつく。ただ受け身で社長
 の話を聞き、ノートに写すだけでは得られない学びもあ
 る」と述べられています。
 もう一つの心構えは、「上司は使うもんや」ということ
です。上甲氏が松下電器では三十一年間を心から楽しく
過ごせたのは、徹底して上司を使ってきたからだろうと
いうことなのです。
 自らに強い思いがあると上司を使える。しかし、強い思
いがないと上司に使われてしまう。一年間の研修を終え、
上甲氏は本社報道部に配属されました。そこで毎朝同じ人
ばかり課長に叱られていることに気がつきました。
 
 上甲氏から見たら真面目に仕事をしているあの人がなぜ
いつも叱られるのか。じっと観察して分かったのは、
言われたことだけをやっているから叱られているという
ことだったのです。
 上甲氏はこれまでの経験を通じて、今の若い人たちに
伝えたいことが二つあり、一つは、「挑戦的であれ」と
いうことです。
 
 上甲氏は二十一年前から志ある若者対象に「青年塾」
という勉強会を主宰しておられますが、そこでよく
こんな話をされるそうです。
「川の上流の石は全部角ばっていてごつごつしている。
 上流から丸かったら下流に行くと存在がないよ」。
「川の上流のごつごつした石というのは、二十代の皆さん
 のことであり、いろいろなことに挑戦しては頭を打ち、
 経験を積んでいく中で角がとれていくもの。始めから
 丸くなって、「はい、ごもっともです」とおとなしく
 畏まっていては、存在意義がないし、面白くない。」
 最後に、松下幸之助翁の言葉を噛み締めたい。
「人生もまた経営や。君らは自分の人生を経験している
 経営者という意識をもたなあかん」
私もこの言葉に強い共感を覚えます。
自分の人生の経営者と思えたら、全ての人の人生は素晴ら
しいものになり、この日本という国が、世界からなくては
ならない国家となり、世界の平和の実現のために偉大な力
を発揮するであろうと確信しています。
 最後までお読み頂きありがとうございます。
上甲氏の話の抜粋をさせて頂きました。本来であれば
本文を全部お読み頂かなければ本旨は伝わらないと思います。
 人間学を磨く月刊誌父の購読は、致知出版社のホーム
ページからも簡単に申し込むことができます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

『9月16日の丹後100kmウルトラマラソンにむけて』

『9月16日の丹後100kmウルトラマラソンにむけて』
 9月16日に開催される丹後100kmウルトラマラソンに
参加する予定です。大会に向けて8月に入ってから、久し
ぶりに真面目に、地道に、練習に取り組んでいます。
 それも今年の夏は格別な猛暑で、大会当日も当然30度、
いや、35度を超える可能性も大きく、だったら十分に走り
込んでおかないと完走も危ぶまれるという危機意識が自然
に働いているからです。
 
 8月の総走行距離の目標を300kmとしました。結果は、
約320kmと何とか目標をクリアできました。大会当日迄も
無理せず、ボチボチと走り込みを続けて行きます。
体重も昨日の朝測ったら、61.4kgまで絞れていました。
 さて、ずぼらな私を計画通りに走らせた「危機感」に
ついて面白い話を紹介します。特に会社の経営者や幹部の
方には興味深い内容になるかと思います。
 その題名が『危機だけ社長、夢だけ社長』で、
武沢信行氏が発信されている「がんばれ社長」という
メルマガです。
以下、その内容をコピべします。
●部下管理がうまい社長は、社内に危機感を持たせるのが
 うまいが、時と場合によってはそれがアダになることも
 ある。
 会社説明会などで学生を相手に危機感を訴える社長が
 いる。前途洋々たる若者にはまず夢を語り、自社で働く
 ことの誇りを語るべきであろう。
●新入社員教育でも同様のミスを犯す会社がある。
 社長や役員が延々と危機感を語る。
 その結果、新入社員は「ミスしてはならない」と息苦
 しくなって笑顔が消える。
 その武沢信行氏が、学生相手に危機感を訴える社長に
対してそれを指摘すると、その社長さんは、憤慨した
表情でその社長が次の様に発言しました。
「武沢さん、どうせ会社に入ったら否が応でも危機感を
 持ってもらうことになる。入社してギャップを感じて
 辞めてしまうくらいなら、最初から厳しい現実を
 語っておいたほうがよい」
 その言葉に対して、武沢信行氏は次の様にホワイト
ボードに書いて、合計が100%になる様にと数字を埋める
様にと促しました。
●幹部社員:危機感__%、誇り__%、夢__%
 一般社員:危機感__%、誇り__%、夢__%
 新入社員:危機感__%、誇り__%、夢__%
その社長さんが書き込んだのが、次の数字です。
●幹部社員:危機感 90 %、誇り 10 %、夢 0 %
 一般社員:危機感 60 %、誇り 10 %、夢 30 %
 新入社員:危機感 30 %、誇り 20 %、夢 50 %
武沢信行氏が示したのが、次の数です。
●幹部社員:危機感 70 %、誇り 20 %、夢 10 %
 一般社員:危機感 40 %、誇り 20 %、夢 40 %
 新入社員:危機感 20 %、誇り 20 %、夢 60 %
 社員にもってもらうのは「危機感」だけではない。
「誇り」も「夢」も必要だということですが、貴方なら
どの様な数字を書き込みますか?
 武沢信行氏は更に続けます。
「危機感をもて」「誇りをもて」「夢をもて」と語るだけ
ではなく、具体的に例をあげて語ろう。
●危機感をもってもらうためのトーク、誇りをもってもら
 うためのトーク、夢をもってもらうためのトーク、
 この三つを「幹部用」「一般社員用」「新入社員用」と
 それぞれもてば9パターンのトーク台本ができる。
 
 それをたえずメンテナンスしている社長はいつでも
 どこでも適切なスピーチができるようになる。
●社員用にブログやメルマガを書いている社長は、
 「危機感」「誇り」「夢」というキーワードを
 ローテーションさせるだけでもネタが思いつきやすく
 なるはずだ。
 今、ご紹介したのは、経営者用メールマガジンの正式
名称は、『がんばれ社長!今日のポイント』であり、
改めて、作者は、武沢信行氏で、購読者は、22,077名
おられるとのことです。
とても勉強や刺激になる話が多く、購読をお勧めします。
また、今日は、別のメルマガから面白い話を紹介します。
 発行者は石田健さんという元養鶏家が発行されている
「毎日1分!英字新聞」というメルマガがあります。
8月28日のそのメルマガの英字新聞の内容に驚きました。
どんな血液型もO型にできる酵素があるという内容です。
先ずは、その本文を英語と日本語の両方をお読み下さい。

「Enzymes to Turn Blood into Type-O Found」

 Canadian researchers discovered enzymes
 from human gut bacteria that can
 transform any blood into type-O.
 Type-O blood can be transfused to anyone
 without the risk of a mismatch reaction.

■チェック
・enzyme   酵素 
・turn (=transform) A into B    A を B に変換する
・blood   血液
・type-O   【血液】O型
・human gut bacteria   ヒトの腸内細菌
・transfuse   輸血する
・mismatch reaction   不適合反応

■対訳 「血液をO型に変える酵素を発見」

カナダの研究チームが、人の腸内細菌から、あらゆる血液
をO型に変えてしまう酵素を発見した。O型の血液は、
不適合反応の危険なしで誰にでも輸血することができる。

 記事にある通り、全ての人の血液型をO型に出来れば
誰でも輸血ができる様になり、我国の将来で大変懸念され
ている、少子高齢化と人口減少による、輸血用の血液の
枯渇に対する大きな朗報です。

 今朝は気温も上がらず多分23度位かと思いますが、
とても気持ち良くランニングを楽しむことができました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

**************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »