« 『読書とは「森信三 運命を創る100の金言」②』 | トップページ | 『ランニングで京見山を登る』 »

2019年1月28日 (月)

『運が良くなる為に!!運のいい人と悪い人の違い』

『運が良くなる為に!!運のいい人と悪い人の違い』
 松下幸之助翁は、採用面接の時に「あなたは運が良いか、
もしくは運が良くないか?」という質問をして、運が悪い
と答える人は決して採用しないという話をある本で読んだ
ことがあります。
 今日は人間学を学ぶ月刊誌「致知1月号」連載・第94回目
の「二十代をどう生きるか」に寄稿されておられる、ホリ
プロ創業者の堀威夫(たけお)氏が「若気の至りで突き進め」
というタイトルの文章から「如何にすれば運が良くなるの
か」というお話しを紹介します。
 堀氏は昭和七年生まれで、今紹介した通り、数々の有名
タレントを輩出し、日本のエンターテイメント業界を牽引
してきたホリプロの創業者です。「27歳の若さで同社を立
ち上げ、如何にして熾烈な業界で成功を収めたのか。創業
の苦労を通じて掴んだ人生哲学、運の法則を披露して頂く」
と、致知の編集者がこの堀氏の寄稿文の紹介文として書か
れているの掲載致します。
 先ず、堀氏は「運のいい人と悪い人の違い」について、
次の様に述べておられます。
「世の中には運のいい人と運の悪い人がいる。両者の違い
 について私なりに思うことは、運のいい人は追い風を
 確実にものにしているということである。
 
  せっかくの追い風を生かせなければ、次に吹くまで
 倍の時間を待たなければならなくなる。そこでものに
 できなければさらにその倍。センサーが鈍い人は、風が
 吹いてることにすら気づかない。
 
  たとえ小さくとも、巡ってくる運を一つひとつ確実に
 ものにしていくか否かで、運のいい人と悪い人の差が生
 まれるのではないかと私は考えている。」
 堀氏は、二十七歳の時に子供が生まれたのを機にプレイ
ング・マネージャーをやめて裏方に専念することにし、
ご自分が見出したバンドや歌手をマネジメントする会社を
立ち上げられました。ただ、まだ二十代の若造が社長を
名乗ることに気恥ずかしさもあり、お世話になっていた人
に名目上の社長になってもらいますが、あるトラブルから
会社を乗っ取られるなど、色々な苦難を乗り越えて来られ
ました。
 その苦労の中で学んだことが次の「いい顔をつくる」
ということである。堀氏の言葉を少し長いですが、また
そのまま引用します。
「私がそうした様々な試練を体験して学んだことは、どん
 な時もいい顔をつくれていなければ、人も運も寄ってこ
 ないということである。お通夜の晩のような顔をした
 人間には、勝利の女神が微笑むはずがない。
 
  ホリプロ本社のエレベーターを降りると、大きな姿見
 が掲げてあるが、その端には「いい顔をつくろう」と記
 されている。小さな文字なので見過ごしてしまいがちだ
 が、極めて重要な示唆を与えてくれている。
  社長を務めていた頃は、朝起きて身支度を整える時、
 それから会社に出社した時に、必ず鏡で自分の顔を
 チェックするよう社員に説いていた。前日の嫌な気分を
 引きずっていては、決して良い仕事などできないからで
 ある。
 
  会合に出席すると、談笑の中心で楽しそうにしている
 人がいる一方で、壁の花になって寂しそうにしている人
 もいる。その差も詰まるところは、いい顔をつくれてい
 るかの違いだと私は思う。
  よい運に恵まれるためにも、自分の顔には責任を持た
 なければならない。」
 皆様は堀氏のお話を読み如何感じられたでしょうか?
 私は堀氏の言う所の「いい顔」とは、「満面の笑顔」と
捉えました。
 そして、私は堀氏の話を読み進めれる中で、いくつかの
言葉が浮かんできました。
 先ずは、「幸運の女神は全ての人に平等に前から飛んで
くるが、前髪しか生えておらず、瞬時に掴みにいかなけれ
ば、捕まえることが出来ない。」という言葉です。
 正に幸運の女神を一瞬で掴み取る姿勢とは、強烈な笑顔
を絶えずし続けることなのかもしれません。
 京都大学第十六代総長の平澤興先生の言葉に
「人生はにこにこ顔で命がけ!」という有名な言葉があり
ますが、堀氏のお話を読んでこの言葉の意味することが
より深く身に沁みる様に理解できる気がします。
 我社の経営理念の最初の言葉は、「笑顔と喜びと活気に
溢れ・・・」ですが、笑顔の持つ、人間の運命を切り開く
絶大なる力を改めて学ばせて頂きました。
 教育界の師父と言われる森信三先生の言葉を最後に3つ
紹介させて頂きながら締めくくります。
「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも
 一瞬早すぎず一瞬遅すぎない時に」
 その逢うべき人に逢えたとて、絶えず「いい顔、笑顔」
でなければ、次の言葉の様になってしまうのではないで
しょうか。
「縁は求めざるには生ぜず。内に求める心なくんば、たと
 えその人の面前にありとも、ついに縁を生ずるに到らず
 と知るべし」
正に「笑顔に開く天の花」(森信三先生)である。
 最後までお読み頂きありがとうございます。
***************************
藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
兵庫の社長tv藤橋家 
***************************

|

« 『読書とは「森信三 運命を創る100の金言」②』 | トップページ | 『ランニングで京見山を登る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『読書とは「森信三 運命を創る100の金言」②』 | トップページ | 『ランニングで京見山を登る』 »