« 『2020年の中国経済の展望〜柯隆(カ リュウ)氏の講演より』 | トップページ | 『皇統の断絶をいかに防ぐか』 »

2020年2月25日 (火)

『香港はどこへ向かうのか 致知2月号より』

『香港はどこへ向かうのか 致知2月号より』
 
 香港の市民への弾圧のニュースが急に放送されなくなりま
した。それは、いま大きな問題になっている新型コロナウィ
ルスが発生する以前からです。そうです。香港の11月24日の
選挙で民主派が圧勝してから、特に中国政府の報道への規制
が強化されたのではないかと私は思っています。
 
 現状はどの様になっているのか非常に気になるところです
が、今日は、何故あの様な大きな運動に発展していったのか
などこの混乱についての原因やことの真相、そして、今起き
ている問題をどう捉え、日本が如何に考え行動していくべき
なのかを人間学を学ぶ月刊誌「致知2月号」から標題に掲げ
た『香港はどこへ向かうおか』という演題と「中国の思惑と
日本の進むべき道」という副題のついた、てジャーナリスト
福島香織氏の話を紹介しながら学んでいきたいと思います。
 
 話は長くなりますので、最も重要な日本はどうすべきか
という話は、中盤以降に、次の様に下線を引いた次の箇所
からお読み頂きたいと存じます。
さて、ここからが、この香港の問題に、日本はどう対処す
 べきであるかというお話になります。
 
 福島氏は昭和42年生まれで阪大を卒業後産経新聞社に入社
し、上海復旦大学に業務留学後、香港支局長、中国総局駐在
記者、政治部記者などを経て独立されています。
 
以下、福島香織氏の文章を抜粋し紹介します。
 
 何故、香港で大きな混乱が続いているのかは、皆様も良く
ご存知の通り「逃亡犯条例改正法案」で、この改正案が成立
すれば、中国政府に不都合な民主活動家も次々と引き渡され
るようになり、香港の自治が崩壊するとの懸念から市民が猛
反発を始めたからです。
 
 周知の通り、香港は1997年にイギリスから中国に変換され
ましたが、2047年までは「一国二制度」を維持し、自由や
民主主義に基づく自治が保たれることが協定により決められ
ています。にもかかわらず香港の中国化が急速に進められ、
すでに一国二制度は有名無実化しつつあるのが実情です。
 
 民意調査では、香港の確信的価値は「法治」、つまり法
下の平等が保障された社会であると答えた人が圧倒的多数を
占めています。中国も法治と言う言葉を使う事はありますが、
そこで言う「法」は、共産党が国を思うままに支配するため
の道具に過ぎません。
 
 
 発生からすでに半年が経過した香港の騒動ですが、直近で
最も大きな山場となったのが、11月24日の区議会議員選挙で
した。
 
 中国政府はこの日に向け、選挙工作を強力に推し進めてき
ました。各方面に多額の工作資金をばらまき、メディアを
籠絡(ろうらく)して自分たちに都合の良い報道を繰り返しま
した。膨大な数のSNSアカウントを作らせてネット上で世論
誘導を図ったとの情報もあります。
 
 にもかかわらず結果は民主党の圧勝。投票率は71.2%と過去
最高を記録しました。中国政府がいくら圧力を加えても覆る
事は無い香港市民の民意は国際社会にもハッキリと示された
のです。
 
 同時に、これまでチベット人やウイグル人などに行ってき
弾圧への批判も高まりの、中国政府のネガティブなイメー
ジが一気に世界へ広がりました。
 
 この影響を最も受けたのが総督選挙を1月に行った台湾で、
中国と距離を置く蔡英文総督が圧倒的勝利となりました。
 
 香港における最悪のシナリオとして考えられるのは、中国
が香港の民意を無視して弾圧を強め、完全に中国化してしま
うことです。
 
 しかし、もしそうなれば香港の国際金融都市としての機能
は失われ、これまで世界中から集まっていたヒト、モノ、
カネが潮が引くように去っていくことでしょう。
 
 既に危機感を募らせた富裕層がシンガポールやオーストラ
リア、カナダなどへ移り始めており、中国経済の減速がさら
に加速することは明白です。
 
 深圳(しんせん)が香港の代わりになると言う意見もあり
ますが、それはあり得ません。なぜなら、深圳にはこれまで
の香港のような法治がないからです。
 
 法治のない中国本土では、政府による私有財産の募集も
あり得ます。習近平政権にとっては、民間企業への介入も
増え、経営の自由度ははどんどん狭まっています。
 
 外国人も安心してお金を持って集まってくることができ
ません。香港が中国化して法治を失えば、これまでのように
ヒトも、モノも、カネも集まらなくなり、中国の普通の一
地方都市へと成り下がってしまうでしょう。そのこと一番
損をするのは、これまで香港を自由主義経済への窓口にして
大きな発展を遂げてきた中国です。近年、世界経済における
中国の躍進ぶりは目覚ましいですが、そうした勢いも急速に
失われていくでしょう。香港がダメになれば中国もダメに
なるのです。
 
 
 
  さて、ここからが、この香港の問題に、日本はどう対処す
 べきであるかというお話になります。
 
 
  日本人は自らの値打ちをよく理解していないため自覚が
 ありませんが、追い詰められた習近平氏の頼みの綱は、実は
 日本なのです。
 
  中国は過去にも、天安門事件で国際的に孤立した時に日本
 から手を差し伸べられて窮地を脱しました。
 
  今の中国は、一見アメリカと互角に戦っているようですが、
 その土台は極めて脆弱です。中国としては、最大の同盟国で
 あるアメリカと太いパイプを持ち、世界3位の経済大国であ
 る日本とは仲良くしておきたいのが本音でしょう。
 
  一時期のように、歴史問題で日本をあまり攻撃しなくなっ
 たことからもそれが窺えます。
 
  その一方で中国は、日本の民間人にスパイ容疑をかけて
 人質に取ったり、尖閣諸島の接続水域や領海侵入するなど
 の挑発行為も平気で繰り返し、飴と鞭を織り交ぜて日本から
 少しでも大きな実利を得ようと目論んでいます。
 
  これに対してほとんど怒りを示すこともなく、この春に
 は習近平氏を国賓として招く計画まで進めている日本政府の
 態度は、全くもって理解不能です。中国が香港の問題をはじ
 めとする様々な人権問題で世界中から非難を浴びている今、
 そこのトップを歓待するとは、日本にとってデメリットに
 しかなりません。
 
  逆に大きなメリットを得られる中国は、国賓招待に固執
 しています。中国という国は天命を受けた皇帝が支配する国
 であり、相応しくない人物が皇位に就けば、天帝に滅ぼされ
 るという天命思想をいまも無意識に根底に持っています。
 現実には何度も王朝が入れ替わった挙げ句に、現在は皇帝
 不在の共産国家になっています。
 
  そういう中国から見た日本のロイヤルファミリーは、
 2700年近くにわたって、天に認められ続けた至高の存在、
 というわけです。しかも、いま習近平氏が日本に国賓として
 招かれれば、令和の御代に最初に天皇陛下への謁見が叶えら
 れた国家元首となります習氏が、その威光を利用して苦境
 を打開しようと目論んでいることは間違いありません。
 
  日本と言う国や、日本の天皇にそこまでの価値があること
 を、私たち日本人はもっと認識すべきなのです。
 
  その上で中国に対してはもっと交渉力を発揮して日本に
 有利な条件を引き出すとともに、香港の問題を始め、中国の
 人権問題の是正を強く求めていくことで、日本の存在感を
 世界に示してほしいと私は願っています。
 
 
 
  私は、福島香織氏の意見に心より賛成し、習近平を国賓と
 して招くことを断固として阻止しなければならないと訴えて
 いきたいと思います。
 
  福島香織氏がこの文章を寄稿された時には、まだ新型コロ
 ナウィルの問題が発生する前でした。武漢で発生したこの
 病気を中国政府が隠蔽しようとしたがためにここまで世界に
 広がり多くの犠牲者が出ています。テロ国家、テレリストで
 ある中国の国家元首を、国賓として招くことを我等日本国民
 は何としても、断固として、阻止せねんばなりません。
 
  あの天安門事件で信じられない人権弾圧と迫害、そして、
 殺害を行い窮地にあった中国に手を差し伸べた過ちを二度
 繰り返してはならないのです。
 
  日本は現在大きな危機的状況にあるのかもしれません。
 ただ逆に、世界がこれ程までに大きく変動している時である
 からそこ、大東亜戦争で敗れ敗戦国となり、米国により我国
 日本の歴史と誇りを奪われ、日本国民が祖国日本を自分の力
 で守ることを忘れさり、茹でガエル状態にあるからこそ、今、
 自らが、自分の力で国で立ち上がり、精神的にも独立する
 大きなチャンスにあると私は強く感じています。
 立ち上がろう日本、我国の平和の為に、世界の平和の為に!
 
  最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
 ***************************
  藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/
  たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/
  姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”
  放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。
  兵庫の社長tv藤橋家 
 ***************************

|

« 『2020年の中国経済の展望〜柯隆(カ リュウ)氏の講演より』 | トップページ | 『皇統の断絶をいかに防ぐか』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。