« 『「人生の目的は愛すること」致知6月号日野原重明先生の言葉』 | トップページ | 『「学問のすすめ」より「演説の法を勧るの説」』 »

2020年6月15日 (月)

『中村天風先生の教え 心を如何に「積極的精神」にするか』

『中村天風先生の教え 心を如何に「積極的精神」にするか』

 

 私は、五十八歳の誕生日、今年の5月16日からYouTuberになり

これまで週に一度、社員さんに動画の収録と編集をしてもらい発信

しています。

 

 『人間の行う思考は人生の一切を創る』をメインテーマに掲げて

います。この言葉は、中村天風先生の言葉です。YouTubeで話をさせ

て頂きながら自分自身の心を積極的に創りあげていきたいという

目的でこの言葉をテーマに掲げました。

 

 我が師と仰ぐ天風先生は、人間を価値高く位置付けておられます。

それは人は、心を所有するからです。

当たり前の話のようですが、本当にこの心を所有するということを

正しく気付き、理解している人が少ないのではないでしょうか。

心は、人間と人生を決める働きがあるという重大なことに気付いて

いないということです。

 

 具体的に言うと、その心のあり方や使い方などを考えることも

しないため、その結果、貴重な人生を、苦難の人生へと落とし込ん

でいるということです。

 

 私は、心を積極的にする為に、そして、天風先生の教えを学ぶた

めに毎日天風先生の一冊の本を少しずつ読んでいます。

その書の題名が『真理のひびき(天風哲人新箴言注釈)』です。

 

箴言(しんげん)とは、戒(いまし)めの言葉という意味で、天風先生

の悟りと哲学が力強くうち込まれているとこの書の紹介にあります。

 

 この書は、天風先生の三十一の箴言とその注釈からなる三十一章

の本で、一日一章読めば、一ヶ月で一冊を読み通すことができます。

ちなみに31日目の第三十一章は、注釈なしの箴言のみです。

 

 この書の解説を紹介します。

 

 人々がより所としている世間の常識誤りや甘さやを、驚きを

もって気づかせてくれる。哲人の言葉は、世間にある説教の一片で

はない。宇宙、生命を貫く原理に立ち、人間や人生の活き方を示し

ているのである。

 

 現代人は、多くの知識を持ちながら、人生に惑う。それは知識

(knowledge)のみで、叡智(wisdom)に欠けるからである。

 叡智は、宇宙や生命や人生の真実に触れたときに、ひらめき出て

くるものである。この書は、真実が響き合う叡智の書である。

 

 という素晴らしい書であります。

「習慣は第二の天性」という言葉がある通り、私は、この書を意味

が解らなくても、先ずは愚直にでも読み続けていこうと思いながら、

時には他の天風先生の本に変えたこともありますが、令和二年六月

で110回目の読書を進めています。

 

 そんなに読んだんだったら全てを理解して、覚えていると思われ

てしまうかもしれませんが、なかなか理解も実践も出来ているとは、

正直自ら思えません。

 

 今日は、この「真理のひびき」の第一日目の箴言と注釈を紹介

し、心を積極的に持つことの大切さを改めて学び直してみようと

思います。

 

 

天風1箴言

『人生の 出来事に 対応する 其の精神態度が 積極か 消極かと

  いう事で その結論の 正否が 決定する』

 

 この箴言を簡単に言い換えると、人間が生きる上で、その精神

態度、所謂 心の持ち方が積極的であるか、若しくは、消極的にで

あるかとう事で、人生の結果が決定していますというになります。

 

 天風先生は人生に対する精神態度が、絶対的に積極化すると、

いかなる場合にも、また、いかなることに直面しても、真人とし

ての体面を冒涜(ぼうとく)することなく、あたかも熟練した技師が

精巧な機械を、まるで自己の手足を使うこのように「心」の操縦が

大変上手くゆき、すなわち使うべきものは使い、使うべからざるは

使わないという、取捨分別を、適宜にすることができるからである

と説いておられます。

 

 これは要するに「心」の操縦の根本的原動力ともいうべき意志の

力というものが、あえて求めなくても、自然的に実在意識領に煥発

されて来るためであるということです。

 

 改めて読み直すと、この「真理のひびき」という書を理解しよう

とすると、天風先生の教えや独特の言葉をある程度学んで理解して

おく必要があるということに気づきます。

 

 あと、この箴言注釈と私の補足により、積極的精神というものが

如何なるものか、とても大切なことなのでここで説明をしておきま

す。

 

 積極的精神とは、いかなる場合にも明るく朗らかに活き活きと

勇ましい積極的な精神態度で人生の運命を好転させてということで

ありますが、ここで間違えてはいけないのが、ガムシャラに強がっ

たり、何時も必ず元気に健康でいるという意味ではありません。

 

 人生には色々な出来事や病気にかかったりすることがります。

しかし、そんな時にこそ、所謂、健康や運命が意のままにならない

時ほど、「心」の態度をより一層積極的にするのが最も大切で忘れ

てはならないことなので、そうすればいわゆる生命の内在力(潜在

勢力)が期せずして湧然(ゆうぜん)として現れて、健康も運命も、

自然と好転してくるというのが、尊厳なる宇宙真理であるという

ことです。こういう心の態度を積極的と天風先生は説いておられま

す。

 

 この書の第一日目には、心を積極的にするための日々の実践方法

が書かれていませんので、一つだけここで「命令暗示法」というも

のを紹介します。ああなんだそんなことなら知っているという方も

多いかもしれません。

 

 これは、毎日寝る前に鏡に映る自分の顔(瞳を見て)に、自分の

なりたい状態を命令的な言葉で声を出していうということです。

 

 例えが、「お前は、信念が強くなる!」とか、

または、これも例えばですが、

 

「お前は、大富豪になる!!」でも良いと思います。

ただ、大富豪になる目的が、人の世の為に役立つ事でなくては

ならないということです。

 

 この命令暗示ほうを行う際に注意することは、

1.真剣であるkと。

2.声はつぶやきの様な小さな声でも良いこと。

3.一日中、何度やっても良いが、寝る前に行うの一番効果的。

などです。

 

 実は、コロナに負けるな!免疫力高めるという私のYouTubeの

話の中で紹介した、丹田式複式呼吸や瞑想も、積極的精神を創り

あげるとても大切な実践でもあります。

 

 今日、天風先生の教えを復讐しながらブログを書いてきましたが、

「人間の心で行う思考は人生の一切を創る」ということは簡単に

言えるかもしれませんが、それでは、実際にどの様にすれば、心を

積極的にして、日々の思考を、そして、心から発せられる言葉を

積極的な精神で満ち溢れさせ、心を意のままに操縦できる様になる

ことができるのかを、これから具体的な実践方法を学び、このブロ

グで示し、確認しながら進めて行きたいと思います。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

***************************

Youtube 藤橋家チャンネル↓ チャンネル登録をお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCFb3dRM9qr_Tq8ZcySG55Ug

 藤橋家homepage http://www.fujihashiya.com/

  たまごや通心(こだわりの通販)http://www.tamagoya.org/

  姫路ケーブルテレビ WINK“たまごや”

  放映番組~いま、輝いてます~のYou Tubeです。

  http://www.youtube.com/watch?v=GJ15H13ZaRw

  兵庫の社長tv藤橋家 

****************************

|

« 『「人生の目的は愛すること」致知6月号日野原重明先生の言葉』 | トップページ | 『「学問のすすめ」より「演説の法を勧るの説」』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『「人生の目的は愛すること」致知6月号日野原重明先生の言葉』 | トップページ | 『「学問のすすめ」より「演説の法を勧るの説」』 »